« 頭の体操 | トップページ | 会議は踊る »

2005.09.04

大質量原始星の星周円盤

すばる、大質量原始星における星周円盤の発見が科学雑誌ネイチャーの9月1日号に掲載されるそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
太陽よりも重い、大質量星がどのように生まれるのか、実はまだよくわかっていません。いくつかの小さな星が合体して大質量星となるという「合体説」や、重力収縮で生まれた円盤状構造から、どんどん中心に物質が降り積もっていく「降着説」などが考えられています。しかし、これまでは観測的な証拠が乏しく、決定打がありませんでした。というのも、大質量星は数が少なく、また太陽から比較的遠くにあるために、星の周辺構造を細かく見分けることが難しかったためです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ところが、このほど
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オリオン星雲の中にあるBN(ビー・エヌ)天体と呼ばれる若い大質量星の観測を行いました。その結果、この星の周りで、円盤の存在を示唆する結果が得られたのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、いうことで
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大質量星も太陽と同じように、物質の降り積もりによって生まれていることが明らかになりました。この結果は、降着説の証拠を示す。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そうです。

いつもいつも、星の記事を読むときはワクワクしていますが、
今日は科学の発達ってすごいなと思いながら、記事を読みました。
秋の夜長。
星がきれいな季節になります。

|

« 頭の体操 | トップページ | 会議は踊る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5776249

この記事へのトラックバック一覧です: 大質量原始星の星周円盤:

« 頭の体操 | トップページ | 会議は踊る »