« 男脳と女脳 | トップページ | いちじくの葉 »

2005.10.21

本当の言葉

本当の言葉
 
私は国会には言葉が無いと思ふ、
ほんとの言葉が聞きたいと思ふ。
私はがっかりしながら国会中継を見る。
ビザンチィン様式の建物の中に在るのは、
言っても言い尽くせない
むかしから伝えられ続けている嘘とごまかし。
どんよりけむにまく答弁のぼかしは、
うすら笑いしながらの口と心のしめりだ。
私は遠くを見ながら思ふ。
山に畑に町にそして海に
毎日出て働いている人々の言葉こそが
私はほんとの言葉だと思ふ。

私のなんのことはない戯言ではあるが、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小泉さんが総理になってから、とりわけ「言葉」が軽くなった感がしてなりません。
「白か黒か」
と、二つの選択肢で畳みかける総理。
その実、国会でご自分が追及されたら、
「人生、いろいろ」
「適切に」
と、答える総理。
「公約なんてねぇ、守らなくてもいいんですよ」
と嘯きながら、
「郵政は公約。靖国は公約。」
と雄弁に話す総理。
総理の論法に振り回されているうちに、
気がついたら私たちは、
言葉を選びながら、
ゆっくりと納得しながら、
考えていくことを放棄してしまったような気がします。

二者択一の論理は真理への到達を阻むものと私は思います。
真理は、いつだって試行錯誤の上にあると私は思うのです。
画一していない系のなかで、
この系では真理でも、こちらでは違う。
と、いうことは自然の中ではよくあることです。
いろんな条件を考量にいれて、
じっくり、ゆっくり論理を構築していくことが大切です。
あれこれを考えること。
その過程を楽しむこと。
そんな「言葉のあや」を総理は暴力的に私たちから取り去ってしまった感がしてなりません。

私たちは、総理から取り戻さなければ、、、
「本当の言葉を」


 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あどけない話
 
智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。

あどけない空の話である。

 (高村光太郎 智恵子抄より抜粋)

|

« 男脳と女脳 | トップページ | いちじくの葉 »

コメント

せとさん、こんにちは。
相変わらず見事な転用ですね。(笑)
高村光太郎、個人的に好きなんですよねぇ。

>二者択一の論理は真理への到達を阻むものと私は思います。
真理は、いつだって試行錯誤の上にあると私は思うのです。
画一していない系のなかで、
この系では真理でも、こちらでは違う。
と、いうことは自然の中ではよくあることです。
いろんな条件を考量にいれて、
じっくり、ゆっくり論理を構築していくことが大切です。

同感です。世の中の大半のものは画一されたものではなく、二者択一では在り得ないのですから。
森羅万象すべてに於いて何が「真理」であるか、それはその時々で変遷していくものであります。
しかしそれは「二者択一」にはなり得ない、多くの試行錯誤の結果として「真理」は導き出されるべきものであり、またそうでなけばならないと痛切に感じます。

投稿: 田舎の神主 | 2005.10.22 16:56

田舎の神主さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。

そうですか、、、光太郎お好きですか。
私も好きです。
夫の生まれ故郷に近いので、
車で帰省する折は、阿武隈川や安達太良を通るときは、光太郎のことを思い出しています。

田舎の神主さんのブログ、拝見いたしましたが、
自民党、相当に混迷しているのではないでしょうか???
先日、自民党支持者の方からメールをいただき、
「あの選挙以降、おかしくなった、、、」
と、書いてあるご自分のホームページをご紹介くださいました。
このさき、
どうなるのか???
このごろ、この言葉が多くなったなぁ、、、と自分でしみじみ思っています。
先が予見できないから、でしょうか。
いずれにしても、
事の成り行き、しっかりと見ていきたいと思います。
では。
またね(^.^)

投稿: せとともこ | 2005.10.24 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6498798

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の言葉:

« 男脳と女脳 | トップページ | いちじくの葉 »