« 天体ショー | トップページ | 共謀罪の行方は? »

2005.10.17

適切な時期?

小泉首相、靖国神社を参拝ということで今日は報道は特番を組み、賑々しい朝でした。
私もチャンネルを変えながら、
仕事をしながら見ていました。
「秋季例大祭初日」ということや、その他のことも含め、
総理は予めこの日を考えていたのでしょうか。
大阪高裁が「政教分離を定めた憲法の禁止する宗教的活動に当たる」と憲法違反との判断、
また東京高裁では違う判決が出たりと、高裁判断真っ二つの現状です。
国内でも意見が分かれ、世論でも「参拝しない方が良い」は6割強。
また、一番懸念される近隣諸国の関係を考えて、
今日の総理は、ご自分で参道を歩き、5〜6分の参拝。
記帳も玉串もあげず、
言ってみれば
「まぁ、とにかく行きました。」
というアリバイ的な参拝。
これが、
公的か私的かは、
憲法や、それぞれの人が判断することだから、私は言及はしません。
また、一番関心の高い「戦犯合祀」云々についてもいろいろな意見があります。
私個人は、戦犯かどうかという個別具体的な問題よりも、
先の戦争が、侵略か自衛かという問題への決着というか共通認識、理解が先決と思っていますので、
靖国と戦犯合祀については、言及はしません。
そこで、
私は、ここでは、
総理が参拝する理由「不戦の誓い」に対して(この問題、実は私は秘かにずっと考えてきました。)について、未来との関わりも含め、私なりの考えを述べます。
最初に、
「これはあくまで私の考えです」
この考えに対しては、賛否両論があるとは思いますが、
総理がいつも言われるように「考えもイロイロ」と思ってお読みください。
では、本題。

「戦没者に対する哀悼の誠を捧(ささ)げること、二度とあのような戦争を起こしてはならないという気持ちで参拝している」と言い続けている総理。
靖国は不戦の誓いをするところだとも総理は言う。

そこで私なりに、本も読んで過去の歴史や靖国が果たした役割なども調べてきました。
また、新聞、マスコミ、ネットでの多くの皆さんのご意見も読ませていただきました。
人にはそれぞれの思いと歴史があるから、
靖国に対しても、それぞれの思いで参拝するも、しないもいい
と私は考えています。
ただ、
私が調べた「靖国」。
軍事博物館・遊就館の展示が言うところの日本の侵略戦争を「自存自衛のやむを得ない戦い」「アジア解放の戦争」という箇所。
映画上映をしたり、零戦が展示してあることは紛れもない事実です。
ここが私個人はどうにもひっかかり、
先に進めないのです。
透明な神々が祀られている神社としてのイメージや、
亡くなった方を慰霊するという感覚から、どうも遠く離れている気がしてなりません。
余談ながら、実は私は神道は結構好きなのです。
神話が好きです。
「八雲立つ」に始まり、日本武尊や弟橘比売の恋物語。
また、弟橘比売と竜宮の乙姫との意外な関係とかは物語としての雄大さ、ロマンチックさに、
いつも思いは古代を駆け巡っていました。
物語としての神々の話はロマンがあり、胸が躍るものがあります。
(それはギリシア神話も同じだと思うし、他の国にも必ず神話や伝説はあると思います)
さて、私にとって神社とは、
古代の神々、自然の精霊達なのです。
しかし、靖国の神は、私の感覚からして「神」と言えるのかな?といつも疑問に思っていました。
もっとも、日本人は大らかだから、人は亡くなったら神や仏になれるというから、まぁそれはいいのかぁ、、、

とにかく、
先の戦争で亡くなった方を、文字通り、慰める、追悼するというなら、
「再びあの戦争はしません」
「安らかにお眠りください」
で、いいのじゃないかな?
と、私は思うのです。
神社内に、戦争観の展示があるとしたら、
やはり平和を標榜している(?)総理には、参拝は似つかわしくないと思うのです。
不戦の誓いをするだけなら、
ヒロシマ・ナガサキ、そして沖縄で充分じゃないかなぁ?とも思うのです。

戦後60年経っても、先の戦争で亡くなった方の御霊を総理自らが、周囲の反対や困惑を押しきって、慰めなければならないとしたら、
「戦争犯罪」とは、
亡くなった方々へも、
また未来の人々に対しても、大きな禍根を残すものだなぁ〜〜〜と、
ここに改めて私は思います。

小泉さん。
過去の英霊に不戦を誓うというなら、誓ってください。
そして、国民と近隣諸国に大きな声で話してください。
あの選挙活動の時みたいに。
「私は、不戦の誓いをしているのです。
二度と戦争はしないという、、、」
とこぶしを振り上げて、大きな声で。
そして、忘れていけないことは、
英霊よりも「生きている国民」をもっと豊かに大切にすることだとも大きな声で誓って下さい。

それにしても、この参拝が近隣諸国にどのような影響を与えるか心配です。
お互いの国の溝が深まり、マイナスの影響を及ぼしませんように。
今後の動きが注目されます。

|

« 天体ショー | トップページ | 共謀罪の行方は? »

コメント

 何回も言いますが何故不戦の誓いをするのに、戦争責任者達が合祀されているところへ行って手を合わすのでしょうか?何か恨み言でも言いたいのでしょうか?彼らの犠牲となった人たちに対して失礼極まりないことです。
 犠牲者と責任者を一緒に祀って何が得られるのですか?素朴な質問です。私はすっきりしないのは嫌いです。他国は何等関係ありません。 あー、ぼやいて済みませんでした。

投稿: hitoriyogari | 2005.10.17 17:25

瀬戸さん、ネットの中では靖国参拝にまじめに賛成する方は少ないようですね。

<大阪高裁が「政教分離を定めた憲法の禁止する宗教的活動に当たる」と憲法違反との判断、

 大阪高裁の判決はきわめてわかりやすく明快です。今回の参拝はそれを意識したものになっています。
靖国神社の問題は、靖国神社そのものの現実がたたられないのが特徴だと思います。いまだに小泉首相は「お墓参りに外国の干渉は許さない」など、全く次元の違う発言をしています。

投稿: kouhei | 2005.10.17 23:04

せとさん、こんばんは。
靖国参拝問題については様々な見解と解釈がありますね。
これは私個人の意見と宗教観に基づいて書き込みをさせて頂きたいと思いますので独り言だと思っていただけると幸いです。
まず、靖国神社の在り方について多くの方々は誤解をなさっていたり、勘違いをされていたりと解釈の度合いについて考えねばならないと思います。
そもそも戦争の被害者(主に軍人)の英霊が祀られていると一言に言っても戦犯と呼ばれる方から一兵卒の兵士まで祀られている訳です。 それら全てを「時代の殉難者」と括っている訳ですね。 ですから戦犯であろうが一兵士であろうが合祀されている訳です。
靖国神社の歴史等については恐らく、せとさんはネットでだいぶお調べだと思いますので省かせていただくとして・・・。
アジア諸国の多くが問題にしているのは1978年以降の「戦犯合祀」ということなのでしょうがこの問題については宗教的な観念が強く働いたために合祀に至ったと考えています。
日本に於ける「神仏」の概念では「死者」=「仏様」という式が成り立つと思いますが、これは日本の歴史上育まれて来たある種の「民族信仰」でありましょう。 中国、韓国など儒教の国では死者になっても生前の罪、咎は許されることはありません。これが日本人の宗教観と大きく異なる部分であり、問題の根っこになっているのではないかと考えます。
「神道」というのはこの国独自の信仰であり、ヨーロッパなどでも多く見られる所謂「精霊信仰(アミニズム)」と通ずるものが大きくあります。例えば「大山」は神であり「お天道様」も神であり、「大木」なども神であります。全てのものに神が宿っており、地球上に在る全てのものが神の御恩徳(ミフユ)によって存在たらしめるものなのです。
ですから、戦争が起こることさえも神の力であり、それはこの地球上で生きるものに対して足りないであろう「何か」を気付かせて下さる為に起こり得るものであるという解釈がそこに在るのです。 そうすると戦犯であろうが兵士であろうが、民間人であろうがそこで亡くなった方は「時代の殉難者」である、という考えに行き着くのです。 そして亡くなった方にも勿論、家族や今現在生きている子孫が居るわけですからそういった方々にとっては例え戦犯であっても「祖神(一般に言うご先祖様)」にあたる訳です。 誰だって先祖無しに自分は存在しないのですから「祖神(ご先祖様)」は無条件に有難いものなのです。
そして、戦没者というのは文字通りこの国を死ぬ気で守ろうとした結果亡くなった方達であり、決して侵略の為に犬死して行った訳ではないと思うのです。
確かに戦争はいけないものです。
しかし、そうやって多くの方々の屍の上に今日の平和で豊かな日本がある、これも間違いない事実だと思います。
そして私達の祖先はむやみやたらな侵略行為を行ったのではなく、その「時」の流れによって国益や国民を守る為に戦争へと進んで行ってしまった・・・。
私はそう信じています。
だからこそ、もう二度と戦争を起こさない為に・・・。
小泉首相の参拝がそこまでの思慮を含んでいるのかは分かりませんが・・・。
長々と節度の無い文章で失礼いたしました。

投稿: 田舎の神主 | 2005.10.18 02:40

hitoriyogariさん。
kouhei さん。
田舎の神主 さん。
コメント有り難うございました。

hitoriyogariさん。
> 何回も言いますが何故不戦の誓いをするのに、戦争責任者達が合祀されているところへ行って手を合わすのでしょうか?

私もそう思います。
結局、不戦の誓いは口先だけという感がしてなりません。
総理の「心の問題」に振り回される国民、近隣諸国は良い面の皮なのでしょうか?
総理、自らの説明がもっと欲しいところですね。
いくら私人と言っても、周りは誰もそうは思わない。
そんなに私人で行きたければ、総理をおやめになってから行けばいいのに、、、と単純に私は思いますが、、、ねぇ。
また一つ火種が増えましたが、総理ってマッチポンプ型なのでしょうか?
それとも点け逃げ???
うわっ〜〜〜〜
総理。それはご勘弁。
いずれにしても今後の動きが注目です。
では、、、またねぇ。

kouhei さん。
トラックバック有り難うございます。
靖国神社、そのものが、物言う神社になった今、伊勢神宮や明治神宮や出雲大社とは全く違いますよね、、、
総理は、靖国の奥に潜んでいる強い意思を御存知のはずだから、だからこそ何度も「不戦の誓い」と仰います。
言うことの聞かない頑固な人には、その人の言葉を、引用するのが一番の決め手。
と、いうわけで、この記事では総理の言葉を、何度も引用させていただきました。
尤も、言葉や約束なんて全然気にしない人だから^^;
勿論、憲法なんてへのかっぱ^^;^^;^^;
です。
ともかく、きな臭い世の中。
いつも丁寧に、優しく、そして果敢に現実を見ることの大切さを思う今回の参拝でした。
また、いろいろお教え下さいね。
では、、、また。

田舎の神主 さん。
>「神道」というのはこの国独自の信仰であり、ヨーロッパなどでも多く見られる所謂「精霊信仰(アミニズム)」と通ずるものが大きくあります。例えば「大山」は神であり「お天道様」も神であり、「大木」なども神であります。全てのものに神が宿っており、地球上に在る全てのものが神の御恩徳(ミフユ)によって存在たらしめるものなのです。


私もそう思います。
大自然にあって、その一つ一つの営みを共にしてきた私たちの祖先。
全てに精霊が宿ると言う。そのおおらかな発想は自然を愛し、畏れ敬うところを起源としています。
私は神道は好きです。
勿論、神々の女性に対する扱いはいささか厳しいと不満を持ったりしても^^;^^;^^;


>、そうやって多くの方々の屍の上に今日の平和で豊かな日本がある、これも間違いない事実だと思います。
そして私達の祖先はむやみやたらな侵略行為を行ったのではなく、その「時」の流れによって国益や国民を守る為に戦争へと進んで行ってしまった・・・。
私はそう信じています。

私は残念ながらそうは思いません。
戦争をしなかったという選択がなされても、
平和な社会や豊かな世界になっていたかもしれないから、、、
「屍のうえに今の平和がある」とは思いません。
できれば屍がなくても平和であって欲しかった、、、
私は先の戦争を「いたしかたなくやった」という立場には立っていません。
ただ、誤解のないように言いますが、
亡くなった方々への感謝と敬意は、勿論しています。
無言館に展示されている若者たちの熱くせつない思いにはいつも涙しています。

そして、彼等の本当に求めていた平和で自由な世界を、私たちは作り、次代に引き渡す責任を感じています。
未来への思いは、田舎の神主 さんと同じであろうと考えていますので、、、

いずれにしても、
過去は過去として、総括することと未来を作ることの責任は、今の私たちにあることを実感します。
そんなわけで、これからもよろしくお願いいたします。
では、、、また。


投稿: せとともこ | 2005.10.18 18:23

せとさん、こんにちは。
お返事有難うございます。
少し御幣があったようなので補足させてください。

>「屍のうえに今の平和がある」とは思いません。
できれば屍がなくても平和であって欲しかった、、、
私は先の戦争を「いたしかたなくやった」という立場には立っていません。

そうですね。私も勿論、戦争は無い方が良い、平和な世界を心から日々、祈念しております。 しかし、先の大戦が在ったことは語り継がねばならない事実であり、その戦争により亡くなった方の御苦労を偲び、御霊を慰め続けていかなければならないと考えています。 私も「致し方なく」とは考えておりませんで、その一つ一つの事実が「時」の流れにより「神様」が「何か」を気付かせる為にそういった方向にそういった方向に向けてくださった、そう考えております。
「戦争を起こすのが神様のやることなの?」
と言われることも多いのですが、歴史の中で戦争や革命があったからこそ今の豊かな国が在ると思うのです。「戦犯」と呼ばれる方々は決してその時々で正しい行動をしてきたとは言えませんし、素晴らしい人物であった訳でもありません。 その時この国が間違った方向に進もうとした、その先陣を切っていた、そして戦争へと進んでいった・・・。 こういう解釈をしています。 それを踏まえた上で、「神」がその時の日本人に足りなかった「何か」を気付かせ、後に現在のような平和で豊かな国を創り上げていく足掛かりを与えてくださった、と考えております。 「屍の上に今の平和がある」という端的な表現を使ってしまいましたが、「戦争があり、多くの方が亡くなった。そういった先人達の御苦労があって今の平和がある」という意味で申し上げたかったのです。言葉が足らず申し訳ありません。

>そして、彼等の本当に求めていた平和で自由な世界を、私たちは作り、次代に引き渡す責任を感じています。
未来への思いは、田舎の神主 さんと同じであろうと考えていますので、、、
>過去は過去として、総括することと未来を作ることの責任は、今の私たちにあることを実感します。

私も同感です。未来への思い、この国をもっと良い国として次代に引き渡さねばならない。
この思いはせとさんと同じであろうと感じています。
度々、長文で失礼致しました。
こちらこそこれからもよろしくお願い致します。
では、また。

投稿: 田舎の神主 | 2005.10.19 11:14

田舎の神主 さん。
こんばんは。
コメント有り難うございます。

お考えよくわかりました。
そういう意味では私も理解します。
そうなんですよね、、、
悲しい、哀しい現実。
どうもこうも避けられなかった現実。
神は人間に試練をお与えか???
とも思います。

時代の殉難者と言う言葉があまりに似つかわしくて、哀しい。
やはり涙が出ますね、、、
そして、再びそのような悲劇が起きないようにと、、、
改めて誓うことになんの怖れもあるかとも思います。
お互い、これからも頑張っていきましょうね。
よろしくお願いいたします。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.10.19 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6438448

この記事へのトラックバック一覧です: 適切な時期?:

» ■[靖国参拝判決]『違憲』判断 首をかしげざるを得ないのは読売社説 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
10月1日付・読売社説[靖国参拝判決]「きわめて疑問の多い『違憲』判断」  (抜粋)きわめて疑問の多い「違憲」判断である。  小泉首相の靖国神社参拝について大阪高裁は、内閣総理大臣の職務行為と認定し、憲法が禁止する「宗教的活動に当たる」として、違憲との判断を示した。  台湾人や日本人の戦没者遺族らが、国と首相、靖国神社を相手取り「信教の自由などを侵害され、精神的苦痛を受けた」として損害賠償を求めていた。 近隣諸国の批判などを理由に首相の靖国神社参拝を違憲だとするなら、この判決こそ政治的なものでは... [続きを読む]

受信: 2005.10.17 23:07

» 吐き気がした [缶コーヒーブレイク]
私は以前の『のまネコ問題』の記事でマスコミを批判し、若干2ちゃんねるを庇った形になりましたが、それはあくまでネット=悪とでも言いたそうなマスコミの偏向報道に腹が立ったからです。 でも、2ちゃんねるを棲家とするガラの悪い連中を肯定しているわけでは決してありません。... [続きを読む]

受信: 2005.10.18 00:48

» 小泉首相の靖国参拝、偏狭な歴史認識があるかぎり、 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 小泉首相の靖国参拝は人気取り、選挙対策であって、宗教的信念や英霊の慰霊ではない。代議士の盆踊りや秋祭りへの参加とおなじだ。もしも、真剣に国の尊厳を守るのなら、正々堂々と閣僚を引きつれて、政府と国民を代表して、正殿に昇殿し、その後、境内で記者会見をして、その信念を世界に向かって開陳するべきだと思う。『アヘン戦争以来の日本の近代史は、西欧の侵略主義との戦い、すなわち聖戦の歴史だった。自国の独立保全の戦いからはじまり、最後には植民地支配に苦しむ近隣友好民族の解放戦争だった。いくさに敗れて、理不...... [続きを読む]

受信: 2005.10.18 03:51

« 天体ショー | トップページ | 共謀罪の行方は? »