« ポストマン | トップページ | 沖縄基地問題 »

2005.10.12

総理とチルドレン

昨日の国会。
郵政法案が採決される様をニュース番組で見ながら、ふとハーメルンの笛吹き男の話を思い出しました。
この話、阿部謹也さんなどにより日本にも伝えられていますが、グリム兄弟を含む複数の作者によって記録された民話で、1284年6月26日に生じたと推定される、ドイツの街ハーメルンの災厄について伝えられたものだそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜
ハーメルンに鼠捕り男を名乗る一人の男がやって来た。ハーメルンの人々は、ネズミの被害で困っていたので、男にネズミ退治の報酬を約束。すると男は笛を取り、笛の音でネズミの群れを惹き付けると、ヴェーザー川におびき寄せ、ネズミを残さず溺れ死にさせた。ネズミ退治が成功したにも関わらず、ハーメルンの人々は約束を破り、ネズミ取りの報酬を支払わなかった。
すると、男は再び笛を吹き鳴らし、ハーメルンの子ども達を街から連れ去った。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この話は後に多くの研究の対象となりました。
ネズミは当初はなかったとか、
二つの別々の話が一緒になったとか、
疫病で子どもたちが死んだ、あるいは
十字軍で子どもたちが連れ去られた、、、
などなど

さてさて本題に入るなら、
今の日本の国会。
小泉さんは勿論、ハーメルンの笛吹き男(個人的にはほら吹き男とか、嘘つき男とか書きたいのですが、それはやめます、、、しっかり書いているかぁ^^;)
そして、自民党の新議員(いわゆるチルドレンと呼ばれている人たち)は、勿論その名の通り、連れ去れた子どもたち。
笛吹く総理の後を喜々と従っていく子どもたちです。
約束を破って(?)慌てふためているのは造反議員。

こうして、今国会は総理が笛きゃ、踊り出す子どもたちでジャックされました。
なぜならば、
なぜならば、
賛成票を投じたチルドレン先生のどれほどが「郵政民営化法案」の是を御存知なのか???
たった一日半の質疑応答で、法案の全てがわかるはずがないと思うのですが、、、

国会議員の一つ、ひとつの票の重さは、国民の代表としての重さだと考えたとき、
私は慄然としました。
「国会はジャック」されたのではないかと不安さえよぎります。
今回、造反議員から賛成に転じた先生方は、
言い訳の中で、
「民意が郵政を認めた」と言いますが、
民意はそうでないことは、選挙後の各分析から明らかです。
民意を楯にして、
民意にすり替えて、
自らの保身にはしった先生方も、今後は借りてきた猫以上の役割は出来ないだろうから、
ネズミはとれない。
ネズミを取り、子どもを踊らすのは、
笛吹き男だけ、、、です。

多分、というか絶対通るであろう郵政法案。
かくなるうえは、
政府与党が「死ぬ気」で力説したように、国民がハッピーになることを祈るばかりです。
絶対に、自民党にヨシヨシと頭を撫でている財界、アメリカだけが得するような世の中にはしてはなりません。

ところで、小泉さん。
wikipediaによれば、(私が言っているのではないのですよ)
〜〜〜〜〜〜〜
1556年に、神学者ヨプス・フィンツェリウスによる De miraculis sui temporis (ラテン語で『不可思議の徴』)が、この伝説に言及している。著者ヨプスは、笛吹き男を悪魔と同一視している。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だそうです。
悪魔かぁ、、、、
怖いことだ。
えんがちょ。(おまじないです^^;)

|

« ポストマン | トップページ | 沖縄基地問題 »

コメント

せとさん、こんにちは。
ハーメルンの笛吹きですか・・・。
このお話には諸説ありますが、笛吹きは本当は優秀な医師であったとか呪い師であったとか・・・。
然しながら小泉さんはこの伝説にピタリと当て嵌まりますね。
このお話で出てくる笛吹きは街の人々を恨み、その結果子供たちを連れ去ります。小泉さんもまさに笛吹きのように多くの新人議員を連れて笛を吹き所謂「造反」議員の先生方も踊らせてまさにやりたい放題ですね。
このハーメルンの伝説には後日談があり、そのお話では連れ去られた子供たちが「痘痕顔(あばたがお)の天使」として笛吹きと共に登場し、当時大流行した天然痘患者を多く助けると言うお話があります。もし、小泉さんがこの伝説の笛吹きであるならば、今、「小泉チルドレン」と呼ばれる新人議員の中にもこういった「天使」が潜んでいるのかもしれません。
希望的観測では在りますが・・・・。

投稿: 田舎の神主 | 2005.10.13 16:23

>絶対に、自民党にヨシヨシと頭を撫でている財界、アメリカだけが得するような世の中にはしてはなりません。
経団連が、自民党に対しての政治献金を増強する動きを見せていますね。
政治資金規正法の改正もやっていただかないといけません。
記憶喪失のふりをした元総理もいる事だしね。

投稿: Chobi | 2005.10.13 18:00

田舎の神主 さん。
Chobi さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。


田舎の神主 さん。
>小泉さんがこの伝説の笛吹きであるならば、今、「小泉チルドレン」と呼ばれる新人議員の中にもこういった「天使」が潜んでいるのかもしれません

そうですか、、、笛吹男は医師で、後に天然痘患者を助けた子どもたち。
良いお話ですね。
日本の国会も、そうならいいのですが、
どうも今の小泉さんは、勝ち組しか助けてくれないような感がしてなりません。
さてさて、、、どうなることやら^^;
今後に目が離せませんね。
目のトレーニングしておかなければ、、、
では、、、また。


Chobiさん。
>資金規正法の改正もやっていただかないといけません。
記憶喪失のふりをした元総理もいる事だしね。

全く同感です。
無駄なお金の使い途や、
財界との癒着。
こっちをもっと徹底的にメスをいれてもらいたいです。
小泉さんがぶっ壊したのは、
庶民の生活。
のような気がしてなりません。
また、ご意見お聞かせくださいね。
では、、、

投稿: せとともこ | 2005.10.14 16:17

せとさん、こんばんは。

>どうも今の小泉さんは、勝ち組しか助けてくれないような感がしてなりません。

確かにそうですね・・・。私自身も希望的な観測でものを言っておりました。よーく目を凝らして見ていかなくてはなりませんね。
最近、私やお祖父ちゃん、お祖母ちゃんがテレビを見ているときに小泉さんが出てくると愚痴のような事を溢しているからでしょうか。お兄ちゃんの方が怖い顔をして「この人、『ドクサイシャ』なんだって」なんて言い出してしまいました。
家族で暗い話題をしているのを子どもは見ているのだなぁ、しっかりしなくては、と少し恥ずかしくなってしまいました。
この子達が大人になった時に、私達は「父さんや母さん、多くの先人の人達が在って現在のこの国があるんだ。有難いな」と感じてもらえるような日本にして行きたいものです。

投稿: 田舎の神主 | 2005.10.14 23:10

田舎の神主 さん。
こんばんは。

>この子達が大人になった時に、私達は「父さんや母さん、多くの先人の人達が在って現在のこの国があるんだ。有難いな」と感じてもらえるような日本にして行きたいものです。

全く同感です。
それにしても利発な坊ちゃんですね。
子どもは、しっかりとわかっているのですよね。
大人が思う以上に。
後世おそるべし。
楽しみです。
心豊かにお育てくださいね。

そして、私たち大人もししっかりしなければ、、、
と、思います。
これからも、お互い頑張っていきましょうね。
よろしくお願いいたします。
では、、、

投稿: せとともこ | 2005.10.15 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6364032

この記事へのトラックバック一覧です: 総理とチルドレン:

» そこまでやるか???? [ニュースにひとこと]
自民党執行部は、造反組選挙区の公認候補から事情聴取? 何だこれ? 誰かが、独裁とか、ヒットラーとか言っていたけど‥‥ そこまでやるか??? これじゃ、どこかの国と一緒だな。 造反組で転向したものは論外だが、しかしそこまでやるか! なんか異常だ??? ... [続きを読む]

受信: 2005.10.12 20:33

« ポストマン | トップページ | 沖縄基地問題 »