« 核軍縮決議とミリタリーバランス | トップページ | 銭湯 »

2005.10.27

中教審答申

中央教育審議会は二十六日の総会で決定した義務教育にかんする答申を発表。
ザッ〜〜と目を通しただけで、頭がクラクラしました。

「義務教育の構造改革」が必要だと強調。
地方分権の推進とあわせて、
国が教育の目標を設定し、
その結果を検証する教育システムに転換するとしました。
ううわっ〜〜〜〜
やめてぇ!!!
そもそも教育基本法が設定されたとき、
国は教育には口ださないことを前提に、
今の学校教育はなされてきました。
その理由は、
先の戦争に当たり、教育が果たした責任を踏まえてのものでした。

では具体的な中身をみましょう。
学習指導要領に各教科の到達目標を明示し、
到達度を全国的学力テストで調査することが適当であるとしています。

が・がくりょくテスト
うわっ〜〜〜〜
これまた問題。
問題。
全国学力テストがもたらすものは、
子どもたちの学力向上を目指すものから遠く外れて、
各自治体の名誉と威信をかける(?)競争になっていることは、今年の春、問題になりました。

さらに、
「教員の資質能力の保持」のため免許更新制の導入を検討するとしています。

ちょっと、
ちょっと、
教員の免許のまえに国会議員の資質審査をしてくれ〜〜〜
というのは、私の独り言ですが、
しかし、
この制度。
よくありませんね。
こんなことしたら、教師は子どもたちより教育委員会を見てしまう。

このほか、習熟度別指導の推進、
小学校での英語教育、
人事や学級編成、
予算、
教育内容に関する学校・校長の裁量権の拡大、
学校に対する全国的な外部評価制度、
小・中一貫教育をおこなう九年制義務教育学校の設置を盛り込んでいます。
興味のある方は是非、答申そのものをご覧ください。


教育は、時間がかかります。
すぐには結果が出ません。
だからこそ、
丁寧に、豊かに子どもたちを教え、伝えていかなければならないと思います。
息のながい仕事です。
テストの評価だけで、
子どもは測れません。
しかし、
子どもは確実に大人になっていくと思います。
成長していきます。
もう一度、書きます。
全国共通学力テストは、たんに子どもたちを競争原理の中に叩き込むだけです。
私は反対です。
子どもたちの力を信じる教育が現場に戻ることを
私は願いながら、、、この記事を書いています。

教育問題について、以前書いた記事を載せておきますので、
興味のある方はよろしければご覧下さい。

日本の公教育
ゆとり教育 その1
ゆとり教育 その2
教育基本法
学力低下問題
教育環境の低下
総合学習見直しを検討
関心、意欲、態度ってナ〜〜ニ?
関心 意欲を算数で測る?

|

« 核軍縮決議とミリタリーバランス | トップページ | 銭湯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6670141

この記事へのトラックバック一覧です: 中教審答申:

« 核軍縮決議とミリタリーバランス | トップページ | 銭湯 »