« 基地のある町 | トップページ | 秋 »

2005.10.19

イラク イラク イラク

イラクを書かなきゃと思いながら、小泉さんの靖国参拝でイラクが遠くなっていました。
フセイン元大統領の初公判開始されたようです。
24年間の長きにわたり、国民を抑圧、虐待。
その独裁政治を明らかにして、しっかりと法にてらして罪を償うことを望みます。
イラクの国民への、真の自由と安全は未だ遠い感がする昨今。
先頃行われた国民投票結果の各州の途中開票報告。
「国際標準に照らして偏ったものとなっており、再調査、検証が必要だ」
「選管は事実が確認された後で初めて結果を発表する」との声明を出しました。
これにより、20日に見込まれていた投票結果発表が、来週に持ち越される可能性も出てきました。

憲法草案に賛成のイスラム教シーア派が多数の9州と、
クルド人が多数の3
州では、賛成票がいずれも90%を超え、97%、98%のところもあります。
一方、イスラム教スンニ派が多数の地域では、ほぼ宗派、民族構成に比例した票の出方なのですが、選ほとんどの州で賛成が「異常に高い」と疑念を表明。
スンニ派の憲法起草委員を務めたムトラク氏は、ディヤラ州のバクバではスンニ派地域の投票所でイラク兵が投票箱を強奪した例が出ていると主張。イラク軍による大がかりな不正が行われたとしています。
事の真偽は分かりませんが、
混迷は続きそうです。
いずれにしても、
イラクの国民にとって、
一番納得の行く方法で、憲法が作られることを願っています。

|

« 基地のある町 | トップページ | 秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6471681

この記事へのトラックバック一覧です: イラク イラク イラク:

» 北鮮のマスゲームを笑う資格があるのか? [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 美女軍団のつくり笑いにはだまされても、一糸乱れぬあのマスゲームには寒気を感じる。部品にされてしまった、一人一人が、今夜、家庭に帰って夕食になにを食べて、家族となにを話すのかを想像する。寅さん映画のとらやの夕食風景とは、相当異質な風景が想像される。おそらく、このイメージに異論は出ないと思う。  思想や表現や思考法が、制限されて統一されてしまった社会の恐怖は、しかし、ごくあたりまえの常識がはたらけば、一挙にくずれる。客観的に外側からながめれば、悲劇をとおりこして、喜劇に見える。いまどき餓死...... [続きを読む]

受信: 2005.10.20 10:02

« 基地のある町 | トップページ | 秋 »