« 冬の時代到来 その4 | トップページ | 小さい政府のやることは、、、 »

2005.10.06

小さい政府とはこれですか、、、

自立支援法案が参院で審議 と言うニュースを見て憤りを新たにしています。
昨日もこの法案については書きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
障害者が福祉や医療サービスを利用するさいに原則一割負担(応益負担)を求める障害者「自立支援」法案が五日、参院で審議入りし、本会議で趣旨説明、質疑が行われました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この法案は、8月の衆院解散で審議未了・廃案となりました。
しかし、ほんのちょっとの手直し(政府は当初2006年1月1日としていた法の施行の一部を、同4月1日と変更)加えただけで、実際の中身は同じ物を再提出。
 尾辻秀久厚生労働相の趣旨説明を見てみましょう。
「制度をより安定的、効率的かつ持続可能なものにするため、今回の改正を一刻も早く実現する必要がある」として早期成立をめざすものです。
制度を寄り安定的に、効率的に、と言いますが現行のシステムで充分安定的、効率的ではないでしょうか?
持続可能と言いますが、現行では持続可能ではないのでしょうか?
国は改革するべきところ、改革をする必要のあるところを見誤っていると改めて思います。
毎日を精一杯、しかし心は広く明るく持とうと健気に生きている人々。爪に火をともすようにやっとこさっとこ生活なさっている方が多いと思います。
そんな方からさらに自己負担を巻き上げようとする。
なぁんと心根の狭いことか、、、
自立支援?
ならば、寛大に快く手を差し伸べ、予算をドンドンつけて支援するのが本当じゃないでしょうか?
そんな美名を使って、年収200万を基準に法律を作るなんて、あまりにミミッチィ。
「小さい政府」というのは、人間としての器の小さな者たちが取り行なっているということなのでしょうか?
小泉さん。
なぁんか、そう思う近頃の私です。
小泉さん。
もっと、もっと大きくならなきゃ〜〜〜
なお、最後に、今年8月の各党の政策についてアンケートを掲載します。

|

« 冬の時代到来 その4 | トップページ | 小さい政府のやることは、、、 »

コメント

<障害者が福祉や医療サービスを利用するさいに原則一割負担(応益負担)を求める障害者「自立支援」法案

小泉改革はまず障害者とその家族から、からささやかな貯金を奪い取ろうとするものでしょうか。
これではなにもしない方がよほどいいですね。

投稿: kouhei | 2005.10.09 15:23

kouheiさん。
おはようございます。
コメント有り難うございます。

その後、ブロガー同盟は如何ですか?
私は、小泉さんの悪政には断固、断固反対ですが、
ブロガー同盟には入らず、ひたすら細々と書いていきます。
影ながら応援はしていますね。
力になり波になるといいですね、、、

それにしても、出てくるはでてくるはゾンビが、、、
もう小泉さんは廃案という国会の墓から、いろんなものを呼び起こしているようですね。
怖いことです。
そのうち、生きとし生けるものは、この国からいなくなったりして^^;
と、まぁそんなクライことを考えずに前向きに、、、
お互い、手を取り合って書いて行きたいと思いますので、
これからもよろしくお願いいたします。
では、、、またね。

投稿: せとともこ | 2005.10.10 07:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6279016

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい政府とはこれですか、、、:

« 冬の時代到来 その4 | トップページ | 小さい政府のやることは、、、 »