« 鳴かないように羊の毛をむしる | トップページ | 核軍縮決議とミリタリーバランス »

2005.10.25

プリオン調査会 

プリオン調査会 答申原案を24日に出しました。
当然予想される反対意見が続出。
〜〜〜〜〜〜〜〜
「(異常プリオンが蓄積しやすい脳など)特定危険部位の除去に関しては、米国やカナダ産の牛肉が、国産とリスクが同等とはみなしがたい」
「(輸入対象の)生後二十カ月以下の若い牛の年齢を正確に証明できる割合は少ない」
「(BSEは)二十年以上の潜伏期を経て発病した例もある」
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それに対して、吉川泰弘座長(東大大学院教授)が示した答申案は、
米国産牛肉について、
(1)危険部位除去
(2)生後二十カ月齢以下——などの条件が「順守される場合は」という条件つきならば「リスクの差はきわめて小さい」という評価。
これにたいし、山内氏は昨日の会議は用事で欠席したのですが、
以前から「(米国・カナダ)両国の危険部位除去は、と畜場での監視の実態が不明であり、リスク管理機関による安全担保の実効性に疑問が残る。両国の牛肉・内臓肉が日本と同等とはみなしがたい」と、反対の立場から修正を要求していました。
また同様に昨日欠席した甲斐知恵子専門委員も、
輸入再開は慎重にすべきだとする文書を提出。
同委員は、重ねて次の疑問も提出。
・二十カ月以上の牛も混じる、(米国の)と畜場で大量にベルトコンベヤー方式で処理を行う状況下で、他の年齢の牛のものと混ざることを完全に否定することをどのように担保するのか。
・危険部位の除去は確実であるのか。検査官が一頭一頭確認し、獣医師が確認しているとは考えられない。除去の確実性にも疑問が残る。
として、そのうえで、
「輸入解禁は慎重におこなうべきという提言をおこなうべきでしょう。もしこのような一部規制を許すのであれば、どのような汚染国であっても、部分規制をおこなえば輸出入可能になるという例をつくってしまうことになる」と述べています。

同じく欠席した横山隆委員も文書意見を提出。
答申案の結論部分にたいして
「比較してきたことの一部のみが引用されているのみで、公正さを欠く」と批判。
「BSEの根本的な対策は不十分であることが示されたのに、楽観的材料だけで判断していいのか?」と見解発表。
また出席した金子清俊座長代理は、
「“現時点では(リスクが)同等かどうかは不明である”というほうが適切な表現ではないか」とするコメントを提出。
「ここは今回の評価の核心ですから、おおいに議論すべきところと思います」と主張。
金子座長代理ら複数の委員から
「輸入を前提としている印象を否めない」として、
「管理措置の順守が十分でない場合」のくだりを削除すべきだという意見もでました。

つまり出席議員からも欠席議員からも
「まった!」が
かかっているのです。
が、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
専門調査会の吉川泰弘座長は会合終了後の記者会見で「『リスクの差は極めて小さい』という表現に関しては、重大な疑義は出されなかった」と述べ、「結論」の部分は大筋で了承が得られたとの認識を示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
とのこと。

結局、この日の会合は、反対・異論が続き、出張などで欠席した委員も出席したうえであらためて議論することになりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■輸入枠拡大などさらなる圧力も 米国

 【ワシントン=久留信一】食品安全委員会のプリオン専門調査会が二十四日、米牛肉輸入再開を事実上容認する答申原案を提示したことについて米政府は公式な反応を示していない。十一月の日米首脳会談前に再開のめどが立ったことに農務省など政府関係者からは一定の理解が得られるとみられるが、首脳会談に向けて輸入枠の拡大など米議会や関係業界の対日圧力はさらに強まることが予想される。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり、
つまり、
そういうことです。
アメリカの圧力がグ===ンと押しかぶさっている
と、いうことです。
牛さんには^^;

前の記事
私は国民は鳴かない羊に見立てましたが、
羊さんは、
輸入物の牛を食べろ〜〜〜ということですかねぇ??

こんなことは、
モウ ごメェ〜〜んだね。

|

« 鳴かないように羊の毛をむしる | トップページ | 核軍縮決議とミリタリーバランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6560592

この記事へのトラックバック一覧です: プリオン調査会 :

» 横内正・堀越陽子離婚危機:若貴騒動再来?/米国牛肉輸入再開間近? [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 横内正・堀越陽子離婚危機:若貴騒動再来?日刊スポーツから:格さん浮気か…横内正離婚危機 テレビ時代劇「水戸黄門」の初代格さんで知られる俳優横内正(64)が、24年間連れ添った元女優の妻堀越陽子さん(54)と別居していることが21日、分かった。 ...... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 14:26

» ■[米国産牛肉」「政治の怠慢」 微妙〜〜 疑わしきものは食べたくないでしょう [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
10月25日付・読売社説 [米国産牛肉」「輸入再開を遅らせる政治の怠慢」  過去2年間、禁止されてきた米国産牛肉の輸入が、年内に再開される見通しが強まった。  安全性を審査している食品安全委員会の専門調査会が、「日米の牛肉のリスク差は非常に小さい」とする答申原案を示した。今後、リスク評価について詰めの議論を行い、近く決定する見込みだ。、、、、  だが輸入再開までに、あまりに時間がかかり過ぎているのではないか。この間に日米関係は、米軍基地の移転問題などに牛肉問題も加わり、良好な関係が失われつつある、... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 23:46

» 狂鹿病問題:鹿ハンターからヤコブ病26名発生 そして鹿肉骨粉や油脂・エキスの行方は? [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■狂鹿病問題:鹿ハンターからヤコブ病26名発生 狂鹿病に感染した鹿の写真 http://www.cwd-info.org/index.php/fuseaction/resources.photos 10月24日の食品安全委員会で、北本哲之委員がこう発言しました。 「北米ではCWD(狂鹿病)が大発生、大・大問題となっていて、 WHOが、鹿ハンターから20名のヤコブ病が出ていることを気にしている」 え?そんな話知らなか... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 12:10

» 食安委の事務局が不透明に見える件で寺田委員長に伺ってみた [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
傍聴行ってまいりました。 資料や議事録は下記にUPされます。 http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/index.html 昨日のプリオン専門調査会では、日本獣医畜産大学の木村信熙先生が参考人として招致され、日本の過去20頭のBSE牛の感染源についての表(資料4)が提示されました。 日本の20頭中13頭に共通する代用乳の成分を、感染源として見直すべき、過去のBSE対策チーム報告書の統計手法の誤りは認め、代... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 12:13

» 誰が騙して誰が騙されるのか [サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜]
今日は寒かったですが、朝早めに出て、少し遠出して来ました。 [続きを読む]

受信: 2005.12.12 13:27

« 鳴かないように羊の毛をむしる | トップページ | 核軍縮決議とミリタリーバランス »