« 沖縄基地問題 | トップページ | 今日の味の素スタジアム »

2005.10.14

だます心 だまされる心

だます心 だまされる心と言う本を読みました。
筆者は安斎育郎さん。今は立命館大学国際平和ミュージアム館長。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は、元来、「だまし」の専門家ではありません。手品を趣味とする科学者が、人生折々に経験したことをやぶにらみしているうちに、諸事実に通底している漠然とした「だましの論理」とでもいうべきものに気づきはじめたということでしょうか。そう気づいてから意識的にもろもろの自然現象・社会現象を見直してみると、「だまし」という負のイメージとは裏腹に、じつに豊かな生きる知恵や悪巧みが渦巻いていて興味津々なのです。どうぞ「だまし」の世界をたっぷりとご堪能ください。
 (上記サイトより抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私も何回か安西先生の手品を拝見したことがあります。
手品もさることながら、その巧みな話術に引き込まれ、アッと言う間に時間は過ぎ楽しい一時を過しました。
家に帰ってから、早速ハンカチを取り出したりと手品にトライ。
でも根気がないので、いつのまにやら忘れてしまいます。
ところが先日、友人が「だます心 だまされる心」という面白い本があるよ、、と紹介してくれたので早速読んでみました。
筆力がある上に、「だまし」というとても魅力的なテーマなので、すぐに読むことができました。
感想は、
「だまし」を美学とするためには騙される方も騙す方もユーモアが必要なんだな〜〜〜というものです。
騙すと言う言葉から人はマイナス、負のイメージを持つが、実は騙すということは、実生活のなかでも私たちは積極的に、かつふんだんに使っている。
騙される方もその騙しのテクニックに拍手喝采を贈りながら、騙すという高度なテクニックを育てあげ、
人は心の余裕や文化や、はたまた科学さえ作り上げてきた。
勿論、マイナス、負の騙しも日々テクニックを磨き、人の心の隙に分け入ってくる。
では、
文化としての騙しは楽しみながら、
悪としての騙しにはかからないにはどうするか。
それには、
客観的事実と主観的事実を混同しないように日頃から訓練すること。
心にゆとりをもつこと。
また詐欺等に対しては、近隣とネットワークを作っておく。
など、日頃の心構えも書いてあります。

この本を読みながら、
私も思い当たることばかり。
私はケチだから「お金を払え」と言うものは「ちょっと待て!」と警戒するのですが、タダには滅法よわい。
以前、「なんでも景品」がもらえる集まりに行きました。
これ欲しい人 手を挙げて、と主催者が言います。
ケチな私はバンバン手をあげて景品をゲット。
しかしその集まりが「布団」販売と知って、慌てて逃げてきた事があります^^;
結局2時間も景品につられて、その場にいたのですが、家に帰って景品をみれば、
ティッシュとか町でも配っているものばかり。
一人で、己の欲に笑い転げていました^^;^^;^^;
ただ、すごく疲れました。
勿論、欲でケチな私が2時間も時間をかけていたのだから、疲れるのですが、
もう一つは、やはり相手の騙そうという思いの強さが疲れになりました。
もうもう、
エンガチョでした(自分で自分の心に言い聞かせる私のおまじない)。
また、勧誘電話が多い。
おくさん、良いマンションありますよ、、、という記事を書いたことがありますが、電話もひっきりなしにかかります。

政治でも真実を国民に伝えないという、ある種の騙しがあります。
小泉さんにも騙されたくないなぁ〜〜〜^^;

しかし、安西先生の本にもあるように、騙す事はマイナスばかりではありません。
自己開発、啓発のためにプラス思考でいくことは、必要です。
私は、わが麗しのヘップバーンという文で紹介しましたが、その涙ぐましい努力をした事もあったのですが、、、
いまだに、私の中にはヘップバーンはいない^^;

また、科学関連でも騙しは多いです。
利口な馬、ハンス
アダムとイブとそしてヘソ
などの記事も以前書きましたので、お時間がありましたらご覧ください。
いずれにしても、
だまされる、、、という事を承知でケラケラと笑いながら楽しく騙されるような、
お洒落で華麗でスマートで、
粋な生き方がしてみたいものです。

〜〜心あてに 折らばや折らむ 初霜の
置きまどはせる 白菊の花〜〜凡河内躬恒

当てずっぽうで折るとしたら、折ってみようか。あたり一面に初霜が
降りて、霜の白さと区別がつかずに紛らわしい白菊の花を。

|

« 沖縄基地問題 | トップページ | 今日の味の素スタジアム »

コメント

 騙すより騙された方がまだましです。人を騙すということは精神上良くないことです。
 凡河内躬恒の歌を持ってきたのは良かったですね。

投稿: hitoriyogari | 2005.10.14 17:26

hitoriyogari さん。
こんばんは。
コメント有り難うございました。

>凡河内躬恒の歌を持ってきたのは良かったですね。

はい。
この歌大好きなのです。
どこかで、いつか書こうと思っていたのですが、
まさか「騙される」で書くとは思いませんでしたが、、、

今の私の心境は、
「永らえばまたこの頃やしのばれむ  憂しとみし世ぞ今は恋しき」です。
はてはて、どうなることでしょうか?

また、コメント待っています。
では。

投稿: せとともこ | 2005.10.15 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6395662

この記事へのトラックバック一覧です: だます心 だまされる心:

» だます心 だまされる心 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
http://ts.way-nifty.com/makura/2005/10/post_e393.htmlへのTBです。  「イラクには核がある」といいはじめたのは、だれなのか、いまだにはっきりしない。ブッシュはだましたのか、だまされていたのかは、わからない。そのブッシュのイラク進攻を非難しつつ、フセインの人道犯罪には関心をもたない。瀬戸先生の反戦平和のレトリックも、これも立派なだましのテクニックだと思う。... [続きを読む]

受信: 2005.10.15 16:36

» 自己開発は右脳を活性化する [自己啓発 速読法 記憶術]
自己開発では、様々な能力を発揮することができるようになります。 自己開発とは、... [続きを読む]

受信: 2005.10.18 10:20

« 沖縄基地問題 | トップページ | 今日の味の素スタジアム »