« 本当の言葉 | トップページ | 時代祭り »

2005.10.22

いちじくの葉

なにもかも、いはぬこととし、
このゆふべ、ふきすぐる風に頸さらし、
夕空に、くろぐろはためく
いちじくの、木末 みあげて、
なにものか、知らぬものへの
愛情のかぎりをつくす。 (中原中也 「いちじくの葉」より)

〜〜〜〜〜〜〜〜
今日は中良中也忌
広島にいるころ、山口県の湯田温泉にいき、
中也の碑がひっそりとたっている公園を散歩しました。
秋の夕日に照らされて、それはもの悲しい雰囲気を醸し出していたことを覚えています。

|

« 本当の言葉 | トップページ | 時代祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6512909

この記事へのトラックバック一覧です: いちじくの葉:

« 本当の言葉 | トップページ | 時代祭り »