« 京都議定書 初の締約国会合 | トップページ | どうなる サッカーくじ »

2005.11.29

参考人招致・耐震偽造問題

衆院国交委で参考人招致・耐震偽造問題ということで、今日1時半からテレビでも放送されました。
私も、しっかりと見ていました。
まぁ、何と言っていいのやら、、、

今回は渦中の姉歯さんが欠席だったので、
質疑の矛先は主には、
民間検査機関のイーホームズと、ディベロッパーの木村建設、ヒューザーに焦点があたりました。
組織的に、耐震偽造がなされていたのか。
圧力はあったか。
住民のかたへの補償はどうなるか。
などなど。
山ほどの罪から真実を見つけなけれならないので、
追求する方も大変です。
見ている方は、
「アメリカンコーヒーのお湯割り」
のように、関係者の心の底がスケスケに透けて見えるのですが、
が、
口では、その場を何とか取り繕うから、、、
質問とは別のトンチンカンな答えやら、
聞かれない前に自己弁護するやら。
そんな中でも、幾つかの事実が見えてきました。
しかし、
住民の方にとっては、早急の補償が一番の問題です。
今のままでは、結局、空中分解しそうな補償の行方。
明日も開催されるという委員会で、なんとか見通しが立てばいいのですが、、、
これから、年末。
忙しく、かつ寒い季節を迎えます。
せめて、次の生活の基盤だけでも早く補償していただきたいものです。
この問題、まだまだ広がりを見せていますが、
今後もしっかり注目です。

|

« 京都議定書 初の締約国会合 | トップページ | どうなる サッカーくじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7378626

この記事へのトラックバック一覧です: 参考人招致・耐震偽造問題:

» ■[耐震強度偽装]「木村建設」「ヒューザー」「できなければ他に発注する」民営化?? [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
11月30日付・読売社説 [耐震強度偽装]「根深い背景も見えた参考人質疑」  とってつけたように謝罪するだけで、責任のなすり合いに終始した。しかし、問題の根深い背景も垣間見えた。  耐震強度が偽装されていた問題で、衆院国土交通委員会で参考人質疑が行われ、強度不足のマンションやホテルを施工した「木村建設」、建築主の「ヒューザー」、偽造を見抜けなかった民間の建築確認機関「イーホームズ」らの責任者が出席した。  渦中にある姉歯秀次・1級建築士は、国交省が行った事前の聴聞で、木村建設など3社の実名を挙げ、... [続きを読む]

受信: 2005.12.02 06:39

» ■[耐震強度偽装]利益第一 検査機関は1年半前に報告を受けていた なぜ民営化? [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
11月30日付・読売社説 [耐震強度偽装]「根深い背景も見えた参考人質疑」2  参考人質疑では、イーホームズが10月28日、国交省に偽造の詳細を知らせていたことも明らかになった。国交省が公表したのは、それから20日もたった11月17日のことだ。建築確認制度の要はどこにあるか。国交省は、その認識や緊張感を欠いていたと見られても仕方がない。  阪神大震災で建物の倒壊が相次いだこともあって、確認事務が民間にも開放された。民間の検査員には自治体からの天下りも多い。国交省には、指導や監督の権限まで放棄したか... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 21:27

« 京都議定書 初の締約国会合 | トップページ | どうなる サッカーくじ »