« 政党評価基準 | トップページ | 今年のインフルエンザは? »

2005.11.10

フランス暴動

10月末からのフランス暴動がついに死者を出しました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
〜〜〜〜〜〜〜
こうした中、ドビルパン首相は、各自治体の首長に外出禁止令発令権限を与えるなど、事態打開に向けて自治体の権限を強化する方針を示し、8日に閣議決定した。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜
と、いうことで外出禁止が出たにもかかわらず、
暴動はおさまるどころか、
ベルギーやドイツにも飛び火。
時系列でニュースが掲載されていますが、いずれも問題の深刻さを浮き彫りにするものばかりです。

「文化の多様性」を謳っているフランスにあって、
今回の暴動のきっかけ、その後の対応が移民社会への差別や偏見であることが明るみに出ると、
なんとも哀しい気持ちになります。

フランス人は明るくてお洒落で親切というのが、
私の印象です。
初めてのフランスは、パリ郊外のジフという小さな町。
そこでは、フランス語の話せない私に、辞書とペンを持っていろいろ意思の疎通をしてくれた田舎の陽気なフランス人の方々。
幼い我が子に声をかけてくれたメトロの中。
二度目のフランスは、冬季オリンピック開催地であったグルノーブル。
そこでも、親切で優しいフランスがありました。

しかし、一方で、多くの移民を抱えている
社会がもつ悩み、問題も以前からあったのでしょう。
観光客である私には見えなかった「影の部分」に光が当たられて来ているのでしょか?
失業の問題が一番大きいと思います。
これは何もフランスだけの問題ではありません。
この問題は「力での制圧」では、無理だと私は思うのです。
不満を増大させるだけで溝は深くなり解決の糸口さえ見えなくなります。
本当は、社会に適応して、溶け込み、働きたいと思っている若者たちの真の言葉を聞き、受け入れる体制が、早急にできることを願ってやみません。
拡大しつつあるこの流れの中で、
事態を収束させる知恵は、対話と理解です。
はやく、
この暴動が収まり、
良い方向に解決しますように!

〜〜〜〜〜〜
18日に追加記事として
フランス暴動 同化と統合を書きました。

|

« 政党評価基準 | トップページ | 今年のインフルエンザは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7014909

この記事へのトラックバック一覧です: フランス暴動:

» フランス国内の暴動激化 [星空を眺めて]
最近になって、移民問題や国内の景気悪化などでフランスで暴動が起きたのはニュースで [続きを読む]

受信: 2005.11.14 03:17

» フランスの暴動 [社会のこと]
この暴動が、アフリカを主とする移民問題の差別だと言うことがわかってきた。 就職や [続きを読む]

受信: 2005.11.15 07:40

» フランス暴動 [社会のこと]
フランスの影の部分が、出てきました。 どこの国でも、悪いところは、隠したがるのが [続きを読む]

受信: 2005.11.19 07:10

» 日韓首脳会談 [社会のこと]
日韓首脳会談で、ノムヒョン大統領は、靖国参拝を拒否した。 やはり、韓国は、許さな [続きを読む]

受信: 2005.11.19 08:46

« 政党評価基準 | トップページ | 今年のインフルエンザは? »