« 今日から霜月 | トップページ | 倚りかからず »

2005.11.01

トップダウン内閣

注目の第3次小泉改造内閣が昨日10月31日発足。
事前に多くのマスコミは、サプライズ人事と銘打って予想を立てていました。
結果はあたってもいたり、はずれてもいたと思いますが、、、

私は今回の内閣は今まで以上に「トップダウン内閣」だと思いました。
上意下達。
小泉さんの意のままに動く内閣は、
大臣が誰であっても変わらない気がしてなりません。
選ばれた方々も、そうでなかった方々も、
あるいは官僚も、国民も
みんながすぐに思ったことは一様に
「次は誰が総理になって、どんな風にこの国がなるのか」
だと思います。
一年間の暫定内閣に、
どれほどの熱意を持って大臣方は働くことができるか?
彼等の視線は、すでに来年にあるわけで、
今、ここにあるわけではありません。
しかし、
現実には私たちは「今」を生きているのだから
山積の問題について、
国民の視線にたった、それこそボトムアップの政治をしていただきたいと思っているのですが、
どうも永田町のカレンダーは「来年」のようです。
困ったことです。

こんな間隙をぬって、
昨日「障害者自立支援法案」が成立。
テレビではこのニュースは伝えられたでしょうか?
(私は昨日は忙しくてテレビを見ていなかったので、、、)
そして、報道で知らされないうちに
次々と成立していく法案。

私たち国民は、
本当に、知るべきことは
大臣の椅子に誰が座ったかではなくて、
国会でどんな法律が作られているのか、
ではないかと
私は思います。

|

« 今日から霜月 | トップページ | 倚りかからず »

コメント

せとさん、こんにちは。

>私たち国民は、
本当に、知るべきことは
大臣の椅子に誰が座ったかではなくて、
国会でどんな法律が作られているのか、
ではないかと
私は思います。

全く同感です。小泉さんの手法はどこかのブログで書いてあったのですが、まさに「ロナウジーニョのノールックパス」ですね。
あっち見てたのにこっちかよ!
という具合に国民の目を逸らしその間に別のことを進めている・・・。
私達がしっかりと目を凝らし国会の、そして法案の動向に注意せねばならないと思います・・・。

投稿: 田舎の神主 | 2005.11.01 16:03

田舎の神主 さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。

ロナウジーニョのノールックパスですか???
うわっ====
イヤだな。
ロナウジーニョ、好きなのに。
私は個人的には、
ソレを言うならマラドーナの「神の手」かと。
「おい、お前、ハンドだったろ。」
「いや、あれは神の手だ」
ヌケシャシャのマラドーナ。

「おい、自民党が勝ったのは小選挙区制だったからだろう」
「いや、あれは国民の声である」
シレッとした顔で言う総理。

尤も、マラドーナは英雄ではありましたが、、、
(ただ、その末路はかなり厳しいものがありますが、
ちょっと、私は心痛めています。)

と、いうわけで、
ジャッジの目を盗むようなプレーが国会では行われないように、
しっかり見ていきたいものです。
また、ご意見、アドバイス、楽しみにして待っています。
では、、、

投稿: せとともこ | 2005.11.02 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/6817824

この記事へのトラックバック一覧です: トップダウン内閣:

» ■米国が日本に経済制裁??中国が「日米分断」を狙う 米国産牛肉の輸入再開問題 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
11月1日付・読売社説[小泉改造内閣]「内と外の『危機』に立ち向かえ」  日本は米国との同盟関係を一層強化して対応すべきである。「日米分断」を狙う中国を利する愚は避けることだ。  だが、その日米関係も、米国産牛肉の輸入再開問題で米上院が対日制裁の動きを強めるなど、陰りが見える。日米同盟関係が損なわれることのないよう、国益に立った戦略的な外交を展開しなければならない。 <<<<<コメント  最近のニュースで気になっていることがある。中国敵国論である。少なくても中国は日本に経済制裁をしようとか、狂... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 00:44

« 今日から霜月 | トップページ | 倚りかからず »