« STOP架空請求 | トップページ | 国際ロボット展 »

2005.12.01

今日から師走

今日から師走です。
Wikipediaによれば、語源は以下のとおりです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
師走」の由来には諸説ある。一般には、12月は年末で皆忙しく、普段は走らない師匠さえも趨走(すうそう)することから「師趨(しすう)」と呼び、これが「師走(しはす)」になったとされている。師は法師(お坊さん)であるとし、法師が各家で経を読むために馳せ走る「師馳月(しはせつき)」であるとする説も一般的である。また、「年果つる月(としはつるつき)」「為果つ月(しはつつき)」が「しはす」となったもので、「師走」は宛字とする説もある。「三冬月(みふゆつき)」などの別名もある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三冬月かぁ、、、きれいな音の響きですね。
陰暦では10月、11月、12月を冬の季としていたため12月は晩冬で三番目の冬月というので“三冬月”
あるいは、
暮古月(くれこづき)という呼び名もあるそうです。これはなんとなく分かります。
さらに探せば、以下の呼び名も見つけました。
梅初月(うめはつづき) 弟子月(おとこづき) 親子月(おやこづき) 限月(かぎりづき) 季冬(きとう) 苦寒(くかん) 極月(ごくげつ) 茶月(さげつ) 大呂(たいりょ) 年積月(としつみづき)果ての月(はてのつき)春待月(はるまちづき) 晩冬(ばんとう)  雪月(ゆきづき)  余月(よげつ) 
また臘月。
臘は猟(りょう)のことで、狩りの獲物の獣肉を供えて先祖百神をまつる“臘祭(ろうさい)”が12月に行われた中国古俗からきている名称。礼記には「歳の12月、万物を合聚して、之(これ)を索饗するなり」と書かれ、12月を“臘月”、大晦日を“臘日(ろうじつ)”と呼ぶのだそうです。

これから冬本番。
自然は鮮やかな色を失い、
白と黒で塗り込められ、
音は雪と共に消えていきます。
そんな季節を迎えるに当たり、
昔の人々の春を待ちこがれている気持ちが、一つひとつの呼び名に刻まれているように思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜
十二月には 泡雪降ると 知らぬかも
梅の花咲く 含めらずして

紀小鹿女郎(きのおじかのいらつめ)作

|

« STOP架空請求 | トップページ | 国際ロボット展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7412340

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から師走:

« STOP架空請求 | トップページ | 国際ロボット展 »