« ニミッツ級原子力空母ジョージ・ワシントン | トップページ | 医は金なり、、、か? »

2005.12.05

自衛隊派遣延長?

イラク自衛隊派遣の閣議決定が8日、行われます。
これに先立ちイラク南部サマワを視察した額賀福志郎防衛庁長官は、上記のニュースによると次のように答弁。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現地の治安情勢について「総じて安定しているようだ。英豪軍の皆さんから『これまでのサマワ地域、ムサンナ州の治安部隊については教育の成果もあり、段々と当事者能力が付いてきている』と報告を受けた」と説明。学校建設など陸自の支援活動についても「現地の関係者を指導して立派な校舎、6つの教室を造り、地域住民から非常に感謝され、200人の子供たちも目を輝かせていた」と成果を強調した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一方、額賀氏が視察を終え、安全と言ったサマワで、
)陸自車列にデモ隊が投石・サマワ近郊という出来事がありました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現地警察などによると、デモ隊は、イスラム教シーア派の反米指導者サドル師派の民兵組織「マハディ軍」のメンバーら。サドル師派は陸自を「占領軍とみなす」との姿勢で、ハッサン知事とも敵対。デモの参加者は「日本にノー」「州知事にノー」などとスローガンを叫んだ。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すでにアメリカ本国では、ブッシュ大統領のイラク戦争の大義は、
地に堕ち、
米軍撤退の声が日増しに大きくなっています。
また、ロンドンでも3日、環境問題、温暖化問題のデモ行進が行われ、
その中で、
「米、英のイラク戦争による浪費、ならびに環境破壊」の声が上がっています。
一方、
当のイラクが不安定な状態に未だ晒されています。

こんななか、
「イラクはほぼ安定、治安は保たれている」と報告している防衛庁長官。
その先には、
「自衛隊派遣延長」のプログラムが敷かれているのは明らかです。

国内もいろんな意味で騒然としている今、
アメリカ言いなりになって、
足元を大切にしない小泉さんの改革は、
ガタガタと崩れていく予感がしてなりません。
国民、全部を巻き添えにして、、、

あああ〜〜〜
えんがちょ。
です。
こんな政治は。

小泉さん。
やれ、オペラだ。
それ歌舞伎だ。
と、うち興じているそのお金は、
私たちの涙と汗なのでしょうか?
そして、
次に決められるであろう自衛隊延長。
命を張って、イラクの地に赴かれる自衛隊の皆さん。
昼夜、緊張が敷かれている勤務。
自衛隊の方々が、戦闘地で活動しているその時、
総理はどこにいらっしゃるのだろうか?

あああ〜〜〜
こんな冷たい政治。
えんがちょです。

|

« ニミッツ級原子力空母ジョージ・ワシントン | トップページ | 医は金なり、、、か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7477164

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊派遣延長?:

» 自衛隊サマワ派遣延長(額賀防衛庁長官が視察、投石も) [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「自衛隊サマワ派遣延長(額賀福志郎防衛庁長官が現地視察、投石も)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 23:38

» ■「東アジア共同体」東南アジア諸国連合と日中韓で安全保障など連携すべきではないか [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
12月4日付・読売社説 [東アジア外交]「変化を見据えた戦略が大事だ」  マレーシアで14日に開かれる東アジア首脳会議(サミット)を巡り、各国の駆け引きが激しさを増している。、、、、  サミットには、東南アジア諸国連合と日中韓の「ASEANプラス3」に加え、インド、オーストラリア、ニュージーランドの計16か国が参加する。  サミットを「東アジア共同体」を目指す第一歩と位置づけ、実現に最も熱心だったのは中国だ。昨年初めには北京での開催も求めていた。  東アジアは、朝鮮半島や台湾海峡など安全保障上の不... [続きを読む]

受信: 2005.12.07 00:21

« ニミッツ級原子力空母ジョージ・ワシントン | トップページ | 医は金なり、、、か? »