« 今日から師走 | トップページ | ASEAN憲章 »

2005.12.01

国際ロボット展

2005国際ロボット展が東京国際展示場で行われています。
日本はロボット王国だから、いろんなロボットが展示されているだろうな、、、
ちょっと覗いてみたい気がします。
さて、
私はロボットと言えばすぐに思いつくのは、
アシモフ
ロボット三原則です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。(A robot may not harm a human being, or, through inaction, allow a human being to come to harm.)
ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。(A robot must obey the orders given to it by the human beings, except where such orders would conflict with the First Law.)
ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。(A robot must protect its own existence, as long as such protection does not conflict the First or Second Law.)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
SFファンの私は、アシモフはかなり初めの頃読みました。
「われはロボット I, Robot」を読みながら、
ほんわかと優しい気持ちになったり、
その健気さに涙したりしていたことを思い出します。

さて、このロボット。
今では私たちの生活の多くの分野で活躍、活動しています。
産業用ロボット、医療ロボット、レスキューロボット、さらに癒し系のロボットまで様々なかたちで、
人との共生を図ろうとしています。
まだまだ、これからの課題も山積です。
しかし、
ヒューマノイド型のロボットの更なる開発により、
ロボットが家庭に入り、
まるでSFのような世界が展開されたら楽しいなぁ〜〜〜とワクワクします。
R・ダニール・オリヴォーがすぐそばにいたら、なんて素敵なんだろう!

しかし、
しかし、
どんなにロボットや人工知能が開発されても、
最終的には、「人」であることは言うまでもありません。
尤も、ドラえもんなんて凄いロボットがいたら別ですが、、、

ロボット展は、
ロボットの開発と共に、
「人間とは何か?」
という問いかけであるのかもしれません。

|

« 今日から師走 | トップページ | ASEAN憲章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7412680

この記事へのトラックバック一覧です: 国際ロボット展:

« 今日から師走 | トップページ | ASEAN憲章 »