« 日本人得点王御存知ですか? | トップページ | 牛肉輸入再開 »

2005.12.09

イラク特別措置法 基本計画を変更

イラク自衛隊派遣、1年再延長決定ということで、
政府は、イラク特別措置法にもとづく基本計画を変更。
期間は12月15日から来年12月14日までです。
〜〜〜〜〜〜〜〜
小泉首相は記者会見で「できるだけ早くイラク人が自らの力で安全面、治安面においても改善する状況を作り出して欲しい」と述べ、基本的には早期撤退が望ましいとの考えを示した。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
基本的には早期撤退が望ましい、、、ねぇ。
基本計画を二度も変更する総理の口から、基本的なぁんて言葉が出ても、
信じられない。」
小泉さん。
貴方、口で言うことは楽だけれど、
実際にイラクに赴かれている自衛隊員の身になったら、
これはなかなか辛いものがあります。
「あと、ちょっと。」「もうちょっと」
と、思っての任務。
やっと終着点が見えたかと思ったら、
あっとと〜〜〜
消えた。
蜃気楼のように消えて、
遠くに、それらしいものが見える。
おい、まだ行くのか
いつまで行くんだ?
砂漠で過す日々は、一体いつまで続くか?

基本的に早期撤退が望ましい、、、と言うことらしいです。
やれやれ。

さて、何回も何回も書いているイラク情勢。
当初イラクに38国が軍隊を送りましたが、相ついで撤退。
大義が崩れたからです。理由は。
派兵継続を表明している国はいまや20国余り。

そして、日本が送っているサマワ。
「非戦闘地域」です?
と、誰が信じているか、、、なぁ。
サマワは今や「非戦闘地域」とは言えないのは政府も認めるところ。
さらに英豪軍が撤収すれ、あるいは軍隊の人数を減らすとかすれば、
イラク特措法が義務付けた「(自衛隊員の)安全の確保」はどこへいくのでしょうか?
大前提の、
自衛隊員の安全確保は??
しかし、
しかし、
出ました、小泉節が。
記者会見で「英豪軍と緊密に連絡をとって治安状況を十分考えて活動する。適切に判断する」と。
適切に、、、です。
また、
航空自衛隊はクウェートを拠点として、イラク南部のタリルなどの空港を往復し、米軍の兵員や軍事物資を空輸しています。空自は2004年3月から233回(日)空輸しました。
物資面での後方支援です。

ありがたいことですね。ブッシュさん。
自国は基地に開放してくれるは、
思いやり予算はガッポリとくれるは、
戦闘地へは、赴いてくれるは、
なんと有り難いことか、日本って。

そんなブッシュさんの米軍。
いまなお激しい空爆をくりかえしイラク民間人の命を多数奪っています。
開戦から今日まで、米英の研究者でつくる「イラク・ボディ・カウント」が犠牲者の数を発表。
日々更新。

イラク攻撃必要なかった ウルフォウィッツ氏が発言と言うニュースさえ伝わってくる今日。
適切に、、、とか、
望ましい、、、
なぁんて曖昧なことを言ってないで、
きっぱりと、
自衛隊撤退。
と、言って欲しい。

小泉さん。

使い捨てのカイロのように、
アメリカにグチャグチャ、シャカシャカに使われて、
ポイ捨てなぁんてことのないように、
しっかりと大局を見て欲しかった。

小泉さん。

|

« 日本人得点王御存知ですか? | トップページ | 牛肉輸入再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7540169

この記事へのトラックバック一覧です: イラク特別措置法 基本計画を変更:

» ■[自衛隊派遣延長]=イラク支援なのか 無法な戦争 反省も謝罪もない7割反対 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
12月7日付・読売社説 [自衛隊派遣延長]「戦略的なイラク支援を継続せよ」  (抜粋)陸上自衛隊の撤収も視野に、イラクへの復興支援を今後、どう継続していくのか。  政府は8日の閣議で、自衛隊イラク派遣の1年間再延長を決定する。現在の計画は、14日で期限が切れる。、、、 小泉首相は、来年1月、イスラエル、パレスチナ、トルコを歴訪する。中東地域の平和と安定に欠かせないパレスチナ問題への関与と、中東重視の姿勢をアピールするものと見られる。  原油輸入の9割近くを中東に依存する日本にとって、地域の安定は極め... [続きを読む]

受信: 2005.12.11 21:09

» 憲法9条は人類史的意義もつ [とほほブログ]
武装抵抗しない、と言う選択肢もありえます。現実問題として武装抵抗そのものが国民の財産生命を守るものではない、と言う事も事実です。守るものではないどころか積極的に国民を攻撃する事実があるもの確かです。結果的には武装抵抗により守られたことなど歴史的にはありません。現代アメリカ・イギリスも同様である事はニュースをご覧の通りです。... [続きを読む]

受信: 2005.12.20 06:45

« 日本人得点王御存知ですか? | トップページ | 牛肉輸入再開 »