« ニューホライズン探査機 | トップページ | Jリーグアウォーズ »

2005.12.20

異常気象

異常気象なのでしょうか?
今回の寒気の南下 。

気象庁の観測によると、19日午後2時までに全国40カ所で十二月の最大積雪量を更新。
十月末の三カ月予報(十二月—二月)では「気温は平年並みか、高め」と発表。
北陸の降雪量が「多い」確率は20%と予測していました。また、十一月末の三カ月予報でも「十二月の気温は平年並みかやや寒いが、一月は高い」としていました。
しかし、
今月17日発表の一カ月予報では「寒さは一月中旬まで続く」と修正。
寒気の南下は今後一カ月はつづく可能性があるそうです。

では記録ずくめの大雪になった理由は何か?
気象庁気候情報課は、
北極で寒気が蓄積と放出をくりかえす「北極振動」という現象と、
気温変化に大きな影響を及ぼす偏西風(北極を中心に西から東へ吹く風)が南側に大きく蛇行した現象とが結びついたことに注目します。
北極振動 (Arctic Oscillation: AO)とは北極圏とそれを取り巻く中緯度帯の間の気圧場の南北の振動のことを言います。
今までは異常気象と言えば、低緯度のエルニーニョが注目されていましたが、
大気変動で卓越する現象は北極振動であり、その物理的実態や力学的成因を解明することは、異常気象の研究において重要な課題と近年はされています。

さて今回の寒気は、
蛇行した偏西風は「北極振動」で流れ出した寒気を日本列島にひきこむかたちになり、北極からの強い寒気が日本列島に南下。
日本海で水蒸気が供給され、積乱雲が大きく発達したところに放出された寒気が南下。水蒸気の供給をうけ湿った重い雪が降ることになったそうです。
気象庁によると、偏西風は南北蛇行型が発達して日本に影響すると、
冬は今回の豪雪、
夏ならば冷夏や長雨などの異常気象をもたらす原因となることがわかっています。
しかし、南北蛇行パターンがどのような形となるのかの予測は難しいそうです。

世界気象機関が最近発表した報告によれば、今年は史上最高の暑さだったとか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界気象機関(WMO、本部・ジュネーブ)は15日、05年の気象に関するまとめを発表した。それによると、世界の年間平均気温は、資料が存在する1861年以降で2番目に高く、北半球に限れば最も暑かった年になりそうだという。特に、6月と10月は世界全体で、史上最高の平均気温を記録したことがわかった。
今年はまだ半月ほど残っており、確定ではないが、世界の陸地の平均気温は、基準とする1961〜90年の平均気温の14度を0.48度上回る見通しで、98年の0.54度に次ぐ2番目。北半球は0.65度で史上最高、南半球では0.32度で史上4番目となると推定している。特に高い地域も、アフリカ、オーストラリア、ブラジル、中国、米国と広範囲にわたる。
米国などで多数の犠牲者を出したハリケーンについても、記録的な年だった。大西洋で発生した26の熱帯性低気圧のうち、最大風速が32.7メートル以上の呼称であるハリケーンの数は14。いずれも史上最多だという。北極の海氷の面積も79年から2004年の間の平均より20%減少し、衛星観測が始まった79年以降で最低レベルとなった。
WMOは「地球温暖化による熱波の発生は、今後も増えるとみられる。一方で、洪水の被害を受ける地域では降水量が増加する危険性もある」と指摘している。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ということで最後に、
温暖化に警鐘を鳴らしています。
異常気象が益々進み、深刻な被害をもたらしていることを、
私たちは毎年のようにニュース知ります。
世界のどこかで、
異常気象が起きている。
何故?
その原因の一つに温暖化があり、
その温暖化の原因が何か、、、
とまで考えが及んだとき、
私たちが「何をなすべきか」は自ずと答えが出てきそうです。

|

« ニューホライズン探査機 | トップページ | Jリーグアウォーズ »

コメント

 猛暑のあとには冷夏が来て、暖冬のあとには寒い冬が来る。それは昔からあるそうです。自然の摂理。それが今も続いてるだけではないかと思いますけどね~。
 ニュースは、暑けりゃ暑い、寒けりゃ寒いで、視聴者の不安を煽ります。だってそのほうが視聴率を取れますからね。
 たとえば、ニュースで「過去10年で最悪」とかよく言いますよね。それを聞くと、ますます悪くなってきていると思ってしまう。だけどそれって、実はそれ以前にはもっと最悪があった、ということがよくあります。
 環境保護は大事ですが、それにヒステリックになることはよくないと思いますね。マスコミは過度に言い過ぎだと思います。オオカミ少年になっちゃいますよ。本当に大変な時がわからなくなってしまう。
 あと余談ですが、コンピュータ・シミュレーションによると、地球温暖化が進めば、台風の規模は大きくなりますが、台風の発生数そのものは減るそうです。

投稿: 評論評論家 | 2005.12.22 01:37

評論評論家さん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。
お元気でいらっしゃいましたか?
今、季節柄お忙しいのではないでしょうか?
先日もブログを拝見しながら、忙しいのだろうなと思っていました。
どうぞ、お体大切になさってくださいね。

さて、
ご指摘のこと、
私もそうだなと思うのです。
確かに環境保護ってお題目を唱えていれば、それでいいような気がしてきます。実際、私もテレビの電源やパソコンは入れっぱなしなので、
日々反省しています。
ただ、本当に大切なときが来ないために、警鐘は鳴らし続けていきたいと私は思っています。
この問題、これからの私たちが真剣に考えていかなければならないことなのでしょうね。
またいっぱいご意見やアドバイス下さいね。
では、、、

投稿: せとともこ | 2005.12.22 15:37

 いやだから、警鐘ってのは、本当に火がついている時にだけしか鳴らしてはいけないものだと思うんです。普段から警鐘が鳴らされてたら、誰も火事には気がつきません。
 火がついていない時は、「火の用心~カチカチ」の拍子木にしましょうよ。

投稿: 評論評論家 | 2005.12.27 01:43

評論評論家さん、瀬戸智子さん
はじめまして。
通りがかりですが、気象予報士を目指している身、黙っていられずコメントします。
異常気象と見える現象は、昔からあります。桜田門外の変の朝の雪など、今同じ日付に降れば異常気象と大騒ぎになること請け合いです。
異常気象は、気象(天候)が異常なのではなく、天候に対するフレキシビリティーを失った生活様式の問題の方が大きいのです。
温暖化にしても、温度変化の幅自体は、歴史時代に(年輪解析などの傍証から)解析されている温度幅とさして変わらないですし、CO2との相関も、因果が逆である疑いも濃いのです。(少なくとも気温が上がれば、海からCO2が放出されます)
ぶっちゃけた話、CO2による温暖化の説明は原発を正当化する切り札になりつつあるのですから……。

無論、化石燃料を燃やし続けることは、よくありません。とくに酸性雨などの問題は深刻ですから、対策を早急に打たねばなりません。

今まさに警鐘を鳴らすべきは、別な現象でないかと私は思う訳です。都市化によるヒートアイランド現象、酸性雨、集中豪雨(これは小さなレンジのでの熱源の集中と蓄熱物の減少、即ち、冷暖房の排熱や水圏を小さくしてしまったことなどが主因と推定できる)への考察と、住環境設計へのフィードバックがまず第一歩でないかと、私は考えます。


投稿: デルタ | 2005.12.29 11:18

評論評論家 さん。
デルタさん。
こんばんは。
コメント有り難うございます。


評論評論家 さん。
確かに仰るように普段から、警鐘を鳴らしすぎると狼少年になって、本当に大切な時には誰も見向きもしないというのは分かるのですが、
私としては、私自身の生き方として、
自戒をこめて、環境問題については書き連ねていこうと思っています。
小さなことでも出来ることからやりたいと言う思い。
また、ここでもいつも書いているように京都議定書の遵守については、
書いていきたいです。
あなたが言われるようにそれが異常気象とすぐに結びつかないのかもしれませんが、一つの可能性として環境破壊があるなら、私は警鐘を鳴らしていくつもりです。

デルタさん。
そうですか、気象予報士を目指していらっしゃるのですか。
どうぞ、頑張ってくださいね。
私は気象については学校で勉強した程度の知識なのですが、
それでもその奥の深さは分かります。
そして、ご指摘いただいたように、
「異常気象」と言われるものの定義も、
>異常気象は、気象(天候)が異常なのではなく、天候に対するフレキシビリティーを失った生活様式

とする方がより正確であり本質を突いていると考えます。
そうなんですよね。
気象が異常なのでなくて、私たちの生活が適応に付いていかないなのかもしれません。
今、考えることは、
二酸化炭素などの化石燃料を今後も使い続ければ、どうなるか、
そして、それに対してどの様に対応して、
適応していくかを、地球規模で討論していくことだと思います。
そのために、
まずは、考える時間を人類が獲得するために、
今の生活をちょっと見直していくことなのでしょうか?
デルタさんのご指摘で、とてもよくわかりました。
有り難うございました。
二つの軸の交差点が何か、、、
考えることができました。
また、いろいろ教えてくださいね。
では、、、

投稿: せとともこ | 2005.12.29 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7716708

この記事へのトラックバック一覧です: 異常気象:

« ニューホライズン探査機 | トップページ | Jリーグアウォーズ »