« Jユースサハラカップ | トップページ | 米大統領、令状なしの通信傍受を許可認める »

2005.12.19

小泉さんの本音

消費税率上げ「2007年度はない」と、小泉さんが答弁。
しかし、上記ニュースでは、以下のように解釈。
〜〜〜〜〜〜〜〜
2008年度以降になるとの認識を示した。引き上げの判断は「全体の財政状況、歳出削減の進み具合を見てからだ」と語り、当面は歳出削減の徹底を優先させる姿勢を強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
(中略)
首相らが07年度の消費税率引き上げに否定的な考えを示したのは、歳出削減を徹底する狙いに加え、07年春から夏にかけての統一地方選や参院選への悪影響を懸念しているとみられる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なるほど、
なるほど。
選挙ですか。
なるほど。
そりゃ、今のママでは、参議院、ちょっと厳しくなることは予想されます。
国民も先の衆議院での自民党の圧倒的な勝利には危惧を覚え、
そこへ持ってきての、耐震強度偽装問題。
とくに、民主党の長妻さん、馬淵さんが熱い。
小泉さんの七光りも自民党の○○議員にはきかなかった。

このままいけば、
次の参議院は厳しいものになる。
それに、社会保障の切り捨てや所得税の増税は、提案できなくなる。
まずは、赤字、赤字、赤字を言い続け、社会保障をばっさり切り、
所得税をトコトン絞り上げて、そこからさぁ〜〜
消費税は、
と、いう算段をなさったのでしょうか?
また、
一方、国外に目をやれば、
問題は山積。
頼りのブッシュさんも相変わらずの低支持率でいつもながらのパロディーも出る始末。
ニューヨークタイムズにもすっぱ抜かれたブッシュさん。
めぐみさんの問題も、暗礁。
東アジア首脳会議でも、もう一つ。
そんな小泉さん。
こりゃ、ちょっと強気の政策は危ういかな?
とかとか考えて、
一応、07年度の消費税率は上げないよ。
しかし、08年度以降はわからないよ。
と、曖昧に言えばなんとかなるさ〜〜〜〜
と、判断したのでしょうか?
小泉さん。

つまり私たちは猿山のサルよろしく朝三暮四ということなのでしょうか?
小泉さんのシナリオでは私たちは、お猿さんかぁ〜〜〜

「消費税を上げるぞ」
「ブーブー」
「ノーノー」
「ううう〜〜〜んん。じゃ、福祉を切り捨て、税金を上げてからにするよ」
「うんうん」

|

« Jユースサハラカップ | トップページ | 米大統領、令状なしの通信傍受を許可認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7695283

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉さんの本音:

» 利益至上主義 [ 風に吹かれて]
 小泉内閣の政策「官から民へ」といった利益至上主義は、企業のモラルを限りなく低下させ、ルールがない資本主義になってしまっているような気がするのは私だけでしょうか。  最近おこっているホテル・マンション建設の耐震偽造事件、明治安田生命の保険金不払い企業犯罪が多くなっています。 また株式投資重視の規制緩和政策の弊害がでて、ジェイコムをほとんど外資が大量に買っていることがわかったようです。  小泉改革が、以前にも書�... [続きを読む]

受信: 2005.12.20 21:55

» ■[人口減少]「超少子化国」雇用の安定や必要なコストをかけた対策 ジェイコム株 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
12月23日付・読売社説 [人口減少]「予想より早かった転機の訪れ」 (抜粋)内閣府が今月公表した「少子化社会白書」は、日本の現状を「超少子化国」と表現した。  このままでは、労働力の減少や消費の低迷など、経済活動に深刻な影響をもたらしかねない。年金をはじめ、社会保障制度の持続可能性も危うい。  社会を受け継ぐ次世代の減少は、いたるところで活力の低下を招く。人口の減少は、社会全体が危機感を共有して、取り組んでいくべき問題だ。、、、  人口減少は今後さらに加速する、という厳しい前提に立って、社会保障制... [続きを読む]

受信: 2005.12.23 15:57

« Jユースサハラカップ | トップページ | 米大統領、令状なしの通信傍受を許可認める »