« 小泉さんの本音 | トップページ | ニューホライズン探査機 »

2005.12.19

米大統領、令状なしの通信傍受を許可認める

米大統領、令状なしの通信傍受を許可認める 30回以上と言うニュース。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ワシントン(CNN) ブッシュ米大統領は17日、恒例のラジオ演説を異例の映像付き生中継で行い、国家安全保障局(NSA)が裁判所による令状なしに、大統領令のみにもとづいて通信傍受を繰り返していた問題について、米国の安全保障のために同時多発テロ以降30回以上も許可してきたと認め、その必要性を強調した。

NSAが01年の同時多発テロ以降、米国内と海外の国際電話や電子メールなどを大統領令のみにもとづいて通信傍受してきた問題については、ニューヨーク・タイムズ紙が16日に報道。CNNもこれを確認した。

ブッシュ大統領は演説で、NSAによる通信傍受を許可することは、大統領としての自分の「憲法上の責任と権限」に「十分に合致する」ものだと強調。「アルカイダや関連テロ組織につながりがあると分かっている人々の海外との通信を傍受するよう」NSAに認めていたのは「テロ攻撃を察知し防止するためだ」として、同時多発テロ以降、「30回以上、この計画を許可してきた。この国がアルカイダや関連組織の脅威にさらされている限り、許可し続ける」と言明した。

その上で大統領は、一連の報道が、米国の国家利益と安全保障を損なうものだと批判。「この秘密作戦の存在がマスコミによって明らかにされた。その結果、敵にわたるべきでなかったこの情報が敵のものになってしまった。この作戦を政府の承認なしに公表したことで、米国の安全保障が損なわれ、市民が危険にさらされることになった」と述べた。

大統領の演説を聞いた野党・民主党のファインゴールド上院議員は、大統領の行動は違法だとして、「悲しい日だ」と話した。またテロリスト監視のために通信傍受が必要な場合には、既存の外国諜報活動監視法に基づき裁判所に令状請求すれば済むことだと批判した。

人権侵害と批判の強い愛国法の延長を審議している上院では、新たに発覚したこの通信傍受の問題で多くの民主党議員が政府批判を強めている。

一方で大統領は、「審議引き延ばしはやめ、上院は延長を可決すべきだ」と述べ、愛国法の延長を早期可決するよう呼びかけた。

(上記ニュース全文掲載)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブッシュさん。
どこどこまでも行きますね、、、
堕ちていくのかな?
ブッシュさん。

ブッシュさん。
大好きな自由を守るため、平和を守るためと、
何回も何回も演説で言われる。
しかし、ブッシュさん。
あなたの自由とは、
平和とは一体何なのか?

今、あなたは
あなたが利用、駆使したその情報で、
ご自分がからめ取られていくその恐怖を覚えていらっしゃる者と思います。
他人の言動を盗聴をして、監視。
偽の情報を流してイラク戦争突入。
そして3万人の無辜の命が犠牲になりました。
罪深いことです。
あなたの神は、それでもあなたを赦すのだろうか?
あなたの神の求めるものは、
多くの血と涙と恨みからしか得られないのだろうか???
あなたの神はそうかもしれない。
しかし、
それはアメリカ人のそれとは違う。

アメリカの多くの
多くの国民は善良で明るくて、陽気でそして闊達。
何よりも自由を愛し、
自由を誇りにしている。
そんなアメリカ人の威信をあなたは今回傷つけたことを
お気づきでしょうか?
ブッシュさん。

ブッシュさん。
日本のお経にはこんな言葉があります。
「多欲の人は利を求むることが多き故に苦悩もまた多し」(遺教経より)
あなたの聖書はなんと書かれているのだろう?

ブッシュさん。
人はいつまでも騙し通せはしない。

|

« 小泉さんの本音 | トップページ | ニューホライズン探査機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/7695960

この記事へのトラックバック一覧です: 米大統領、令状なしの通信傍受を許可認める:

» 【安倍官房長官】イラク戦争、米支持「合理的判断だった」 [楯追人.Blog]
 安倍晋三官房長官は15日午前の記者会見で、イラク戦争を始める判断材料となった 情報の多くが誤っていたとブッシュ米大統領が認めたことについて「イラクには 大量破壊兵器を持っていないと立証する責任があった」と述べた。日本が国連安保理 決議に伴って米国などを...... [続きを読む]

受信: 2005.12.20 12:10

« 小泉さんの本音 | トップページ | ニューホライズン探査機 »