« 基地がもたらす不幸 | トップページ | 高校サッカー »

2006.01.09

成人の日

今日は成人の日
新成人のみなさん。
おめでとうございます。
今年は全国で143万人が、成人の日を迎えます。

私もウ====ンと昔、成人式を行いました。
その頃は1月15日。
雪国の成人式は、前の日から天気を気にしながら晴れ着の用意をします。
母が娘のためにと思って仕立ててくれた振り袖。
そう、何回も着ることはないので、本人は貸衣裳で十分と思うのですが、
そこはそれ、親にしたら娘の晴れ姿を見たいのでしょうね、、、
高校を卒業する頃から、もう準備をしていました。
私は着物のことはサッパリなので、呉服屋さんには付いていくだけ。
嫁いだ姉を呼び出して、着物の模様を相談したり、小物を買い揃えていました。
そして、いよいよ成人式の前の日。
髪を結って、その晩は眠れない(しっかり寝ているのですが^^;)
思いをして、当日を迎えます。
朝早く起きて、着付けをしていもらい、
美容師さんのなるがままにあっち向いたり、こっち向いたり。
そうこうしているうちに、
着物を着た私が鏡の前に
立っています。
おおお〜〜〜可愛い!。
自画自賛。
いえいえ、馬子にも衣装です。
不思議なもので、着物を着ると動作も話し方も笑い方まで上品(?)になります。
私はお茶を習っていたので、
初釜の時は着物を着るのですが、
やはり、成人式に着る振り袖は、
嬉しい。
華やぎがあって、柔らかでそして暖かい。
と、いうことで、
私の中では着物の思い出しかありません。
友人たちも近所だから、いつも顔を会せているし、
その頃は、今のように成人の日が華々しく若者たちがデビュー(?)するような事件もなかったので、
着物を着て写真をとって、
という慌ただしいだけの一日。
この日を境に大人になった、、、
なぁんて、ちっとも思いませんでした。
ましや、この日、
大人の誓いをたて、目標をもち、親から自立した。
なぁんてことはなかったなぁ。
相変わらず、ウダウダ、グダグダとその日を暮らしていたように思います。
しかし、
幾星霜も重ねた(?)この頃、
成人の日に着物姿で歩いているお嬢さんを見ると、
頑張れ!!!
と、心で声援。
彼、彼女に素敵な未来が待っていることを祈りながら、
今日は、
乾杯!!!

|

« 基地がもたらす不幸 | トップページ | 高校サッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8074738

この記事へのトラックバック一覧です: 成人の日:

« 基地がもたらす不幸 | トップページ | 高校サッカー »