« 小泉さんの責任は? | トップページ | 二月の花 »

2006.01.31

イラク状況

1月29日、陸自第1師団を中心に編成された陸自の第9次派遣部隊がイラクへ出国しました。
イラクは混迷のさなか。
シーア派やキリスト教徒標的、テロで16人死亡 
米ABCキャスター、イラクで従軍取材中攻撃され重傷などのニュースが伝えられてきている中の派遣。
自衛隊の皆さんの安全を心からお祈りしています。

イラクの国民議会選挙に関する結果発表
第一党となったのは、移行政府で与党のイスラム教シーア派政党連合「統一イラク同盟」で128議席(昨年1月の暫定国民議会選挙獲得議席140)。
同じく与党のクルド人政党連合「クルド同盟」は53議席(同75議席)。
暫定国民議会選挙では大部分がボイコットして17議席に終わったスンニ派勢力は、「イラク合意戦線」が44議席、「イラク国民対話戦線」が11議席と合わせて55議席を獲得。
アラウィ前首相率いる世俗派の「イラク国民リスト」は25議席(前回40議席)
 
新政府の構成は移行政府と同様、「統一イラク同盟」が軸となるのは確実。
政治プロセスは一定の成果をみせ、進んだに見えます。
しかし、実態は
相変わらずの米軍の掃討作戦の中、
日々の生活は改善を見ていないようです。
「フセイン時代よりも生活は苦しくなったという声もあるようです。

そんな中、イギリスの新聞メール・オン・サンデー紙が、フィリップ・サンズ・ロンドン大学教授の著書『無法な世界』(新版)の内容を基にニュースを報じました。

2003年1月31日(ちょうど三年前)のホワイトハウスでブッシュ大統領とブレア英首相がイラク武力行使のための安保理決議採択を目指すことで合意。
「ブッシュ氏は(安保理決議採択を目指す)ふりをしただけだ。ブレアはそのことを知っていただけでなく、支持していた」と指摘。
同紙はさらに、フランスのシラク大統領がイラク武力行使容認決議への拒否権行使を明言したとしても決議なしでイラク開戦に踏み込むことを決定。
と、言う内容です。

イラク開戦に大義がなかったことは、
ここでも何回も何回も見てきました。
今回のニュースは、
そんな情報の一つです。

それにしても、
ブッシュさんとブレアさん。
一つの国を、ああまでグジャグジャにして、
その後始末はどうするんだろう?????
えっ
まさか。
日本の自衛隊にさせるとか????
まっさか。
いくら小泉さんでも、そこまではぁ、、、
ねぇ!
小泉さん。


イラク問題に関しては、
かなり拘って書いています。
カテゴリー「イラク問題」でその時々の状況を事実と私の意見とを中心に書いてありますので、
お時間がありましたらご覧ください。
とくに
以下の記事は「イラク戦争の大義」について書きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何故 私がイラク戦争は間違いだったのでは、と思うか
ダウニング街メモ
イラク世界民衆法廷

|

« 小泉さんの責任は? | トップページ | 二月の花 »

コメント

 陸自は3月に撤退だそうで。
 吉報と思いきやさにあらず。
 空自は活動範囲を拡大とか。

 自分としては海外派兵そのものに反対ですが、それでもまだ陸自は小泉さんの言うところの人道復興支援をしているわけで。
 空自と海自は米軍支援ですから。
 陸自だけ引き揚げると言うことは、米軍の支援は継続するがイラクの民間人の支援は打ち切る、と、こういう事になるわけですね。

 本音が丸見えです。はい。

投稿: 八比 | 2006.01.31 20:49

八比 さん。
こんばんは。
お元気でしたか?
先日、メタルギアソリッドというゲームをボッ===と見ていたら、
バイクが出てきて、
なんとなく貴方を思い出していました。
と、いうわけで、コメント戴けてとても嬉しく思っています。

さてさて、
陸自。三月には撤退の予定はない。とも小泉さん、昨日か一昨日に言いました。
どうなんでしょ?
まぁ、いずれにしても、小泉さんは「いいなり」だから。
アメリカに美味しいところだけ食べられて、
日本は後片付けだけです。

本当に本音が透けて見えます。

と、いうことで情けない現状ながら、
私は日本が好きだから、やっぱり今の状況には抵抗しつつ、
書き続けます。
また、バイクのお話などお聞かせくださいね。
では、、、

投稿: せとともこ | 2006.02.01 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8434860

この記事へのトラックバック一覧です: イラク状況:

« 小泉さんの責任は? | トップページ | 二月の花 »