« 成人の日 | トップページ | 三学期スタート »

2006.01.09

高校サッカー

野洲が鹿児島実を破り初優勝 全国高校サッカーということで、今年の覇者は滋賀県の野洲高校になりました。
おめでとうございます。

それにしても、野洲のサッカー。
魅せました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 一日約2時間半の練習のほとんどをボールを使うことで、技術を磨いてきた。「型にはまらず、『おいおい、どこまでドリブルするんだよ』というような、危なくてもどこか魅力的な選手がいい」と山本監督はいう。この日もその言葉通り、青木が相手DFにマークされながらも、果敢にドリブルを仕掛け、チャンスをつくっていった。

 技術を前面に押し出したサッカーが、初めての決勝で、連覇を狙う鹿児島実にどこまで通じるか。滋賀県勢初の優勝へ。滝川はいう。「ほかにはまねのできないサッカーをしている。日本一になって証明したい」
技術で野州 速いパス観客も歓声というニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
とにかく、全員が上手でした。
意外性がありました。
走りました。
そして、ドリブル、パス。
しつこくボールをまわしながら、
アツと言う間にゴール際まで進みます。

相手にしてみれば、ひたすら翻弄されるばかり。
ボールの影を追うのに必死。
気がついたらもうずっ〜〜と彼方に敵にボールは自陣に向かっている。
そんな感じで全体が進みました。
まぁ、決勝はさすが歴史と実力のある鹿実だから、
野洲も、今までよりは縦横無尽にピッチを走れないものの、
その勢いは決勝でも止まる事なく、
ついに、延長後半、ギリギリでの得点。
すごかった。
面白かった。
(これじゃ、まるで小泉さんのトークのようですが、、、)
本当に楽しい試合でした。
おめでとうございます。

今回、残念ながら負けた鹿実の選手のみなさん。
最後までハラハラする緊張感溢れる試合。
今回はほんのちょっとした差で敗れましたが、
この悔しさを糧にまた頑張ってください。

ちなみに、昨年の記事
を読み直しましたが、
PK戦で迫力ある試合を制覇した鹿実だから、
その実力はなみなみならぬものがあります。
これからの日本サッカーを背負っていく選手がいっぱい育っていくためにも、
これからのご健闘、お祈りしています。

|

« 成人の日 | トップページ | 三学期スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8078426

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー:

» 野洲、高校サッカーの頂点に!! [鴎3矢〜栄光へ・・・〜]
野洲は面白いサッカーを見せてくれました 後半、鹿実の強烈なプレスに苦しみましたが延長後半の瀧川君のゴールは美しかった 登録メンバー25人中、セゾンFCから12人、野洲クラブU−15からもレギュラー2人と中高一貫の育成で頂点を掴んだ野洲高校 県立の小さ....... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 22:15

» 高校サッカー:野洲 [聞きかじり]
今朝、ぼんやりとニュースを見ていたら、滋賀県の野洲が初優勝したのだと。 決勝点は、ドリブルで持ち込んだ奴が、ヒールパスで仲間につなぎ、サイドに振って、低いポールでセンタリング。 二人が駆け込んで、ファ... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 21:03

« 成人の日 | トップページ | 三学期スタート »