« ホリエモンを生み出した者は誰か その2 | トップページ | 早い輸入に、早い違反発見 »

2006.01.20

2006年 宇宙への旅

冥王星へ探査機打ち上げということで、探査機「ニューホライズンズ」が米東部時間の19日午後2時(日本時間20日午前4時)冥王星にむけて飛び立ちました。
飛行が順調なら、9年後の15年に冥王星に接近するとのこと。
どんな情報が伝わってくるのだろう?
遠い彼方の星から、、、
ワクワクします。
広い、ひろい限りなく広い宇宙に思いを馳せると、
自分までが大きくなった気がします。
小さな事にはクヨクヨするな、と。
さてさて、9年後、この地球はどうなっているだろうか???
青いままで子どもらに伝えていくこと、渡していくことが出来るだろうか???
いや、渡さなきゃ。
今、彼の星に飛び立ったニューホライズンのためにも。


そう言えば、彗星のちりをNASAが公開しました。
写真をみると、まるで「かび」のような小さなものですが、
この中に、宇宙の秘密がいっぱい詰まっているのですね。
宇宙の謎からすれば、それこそ塵のような情報の一つでしょうが、
この積み重ねで塵は山になるのだから、、、
悠久の彼方にある星ぼしの起源を求めて、
人類は今、歩み始めるのでしょう。
楽しみです。

以前書いた関連記事を掲載します。
お時間がありましたらご覧ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ニューホライズン探査機
スターダスト帰還

|

« ホリエモンを生み出した者は誰か その2 | トップページ | 早い輸入に、早い違反発見 »

コメント

TBさせていただきます。お見知りおきを。

投稿: トヨコカ0119 | 2006.01.20 21:51

トヨコカ0119さん。
トラックバック、コメント有り難うございました。
これからも、よろしくお願いいたします。
まだまだ、寒い日が続きますので、お体大切に。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.01.21 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8246595

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 宇宙への旅:

» NASA、冥王星探査機、17日打ち上げ [星空を眺めて]
冥王星と、太陽系の成り立ちの謎を解明する米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニ [続きを読む]

受信: 2006.01.20 14:58

» ニューホライズンが出発していきました [地味ログ東洋硬化.うろつき雑記]
今朝未明にアトラスに乗せられて出発して行ったみたいですね。頑張ってほしいです。 スピードを最大のものとする為に、積載許容値より大幅に軽い状態で打上げられたとのこと。なんとまあ、豪儀なもんです。 月まで9時間で行っちゃうし、スイングバイする予定の木星まで13ヶ月だそうです。 速っ! (大きな貨物室にちびのニューホライズン1台だけ。日本では考えられんです。贅沢) これでまた、冥王星にもアングロサクソン的地名�... [続きを読む]

受信: 2006.01.20 21:51

« ホリエモンを生み出した者は誰か その2 | トップページ | 早い輸入に、早い違反発見 »