« 死んだ男の残したものは | トップページ | モーツァルト »

2006.01.26

第二の地球を探して

重力レンズ応用、新手法で惑星発見 第二の地球探し前進というニュース。
〜〜〜〜〜〜〜〜
名古屋大学太陽地球環境研究所やニュージーランドの大学などで作る観測チームは、英米チームと共同で、地球の約5倍の重さの、太陽系外にある惑星を発見した、と発表した。天体の重力によって、遠方の光が曲がり増幅される「重力レンズ」という現象を利用した。太陽系外惑星としては、これまで見つかった中で最も軽く、地球に近い大きさだという。26日付の英科学誌ネイチャーに論文が掲載される。

 発見された系外惑星は地球から2.2万光年離れた位置にあり、地球の5.5倍の重さ。太陽の5分の1の重さの恒星の周りを回っている。恒星との距離は太陽と地球の2.6倍で、公転周期は10.4年。木星のように主にガスからできている惑星ではなく、地球のような岩石か氷でできているとみられる。ただ、表面温度は零下220度で、生命が存在する可能性はなさそうだという。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、いうことで、
生命の存在は期待できないということらしいのですが、
が、
ひょっとしたら、そんな環境でも生命がいるかもしれない。
なにしろ、地球だって、地中深く、生きているバクテリアがいるのだから、、、

重力レンズを使ってさらにさらに、
宇宙の星を探す観測は続く。
そして、本当に「第二の地球」に巡り合うことができたら、
なんと素敵なのだろう!!!

宇宙のことを考えると、
小さな事にはクヨクヨせずに、大きく生きていこうと思います。
すぐに落ち込む私なのですが、、、

明日、天気にしておくれと願いながら、
今晩も夜空をチラッと眺めてみよう、、、

以前の記事も載せておきますので、
お時間がありましたらご覧ください。
〜〜〜〜〜〜〜
もしかして第2の地球が
二十億光年の孤独

|

« 死んだ男の残したものは | トップページ | モーツァルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8349541

この記事へのトラックバック一覧です: 第二の地球を探して:

» 拾ってくれるか!?ボイジャー2号の金盤 [用件を聞こうか・・・]
今日は、これ。昨日は、原子レベルの微少な世界の話でしたが、今日は、非常に大きくて気の長い話です。うーん、こういう記事を見つけると、”俺の出番だな・・・”と勝手に思いこんでしまう・・・{/face_ase2/}。 内容としては、今までの手法と異なる観測方法(重力レンズ)で、太陽系外の惑星を発見した、ということです。今回、発見されたものは、今まで発見された太陽系外の惑星の�... [続きを読む]

受信: 2006.01.26 23:33

« 死んだ男の残したものは | トップページ | モーツァルト »