« 天下り | トップページ | 鬼伝説 »

2006.02.03

今日は節分

今日は節分
wikipediaによれば、
〜〜〜〜〜〜〜
各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。特に、立春の前日(2月3日ごろ)のことを指す場合が多い。以下、立春の前日の節分について述べる。 節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。
〜〜〜〜〜〜〜
とのこと。
節分と言えば、
豆まき、イワシの頭に柊、恵方巻にお蕎麦。
なかなか忙しい。
その由来は、それぞれに色々あるのでしょうが、
いずれにしても、
寒い冬が過ぎ、やがてやってくる春への思い、そしてそれが幸せなものでありますように、という
願いが込められているものです。
キリスト教の国では、2月2日を「キャンドルマス」と言って、
やはり春をお祝いします。

さてさて、
こんな節分の日。
「鬼は外、福は内」の掛け声で、
それぞれが、それぞれの「心の鬼」を退治、
いえいえ「心の鬼」と対峙する日でもあります。
貴方の「心の鬼」は一体、なんですか?
私のそれは、
「執着」です。
何事にも執着することなく、サラリと生きていきたいと願いながら、
ううう〜〜〜〜んんんと捕らわれている私。
例えば、お金とか、、、
あれこれ、考えると足りないよ、、、絶対足りないよと嘆いている。
それから、
健康とか、人の関係とか、仕事とか、生きがいとか、、、
まぁ、おおよそ誰でもが持っている悩みに押しつぶされています。
ウワッ〜〜〜〜〜。
タスケテ!!!
と、いうわけで、今日はその鬼達との一年に一回のご対面です。
どうぞ、鬼さん、お手柔らかに。


「腹立たば 鏡を出して 顔を見よ 鬼の姿がただで見られる」
昔の人はうまいことを言う。
有り難いことです。
鬼の姿なんて、そうそう本物を拝むことはできない。
しかし、
しかし、
怒った時のあなた、そのものが鬼ですよ。
かぁ、、、
まぁ、それなら任せない。
いつでも出せるよなぁ。
それに、言いたくないけれど、このところの政治を見ていると、
出てきますよ、出てきますよ。
ゾロゾロと怒りの鬼達が、、、
「耐震偽造の鬼はそ〜〜〜と」
「ライブドアの鬼は塀のそ〜〜〜〜と(いえ、中です)」
「BSEの鬼(牛かぁ?)は海のそ〜〜〜〜と」
なぁんて。

ところで、実は私は民話、昔話の鬼達が好きです。
愛くるしい。
そんな鬼の話を次に書きます。 

|

« 天下り | トップページ | 鬼伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8480302

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は節分:

« 天下り | トップページ | 鬼伝説 »