« 来年度予算案通過迫る | トップページ | スゴいよナァカァ〜〜〜タ »

2006.02.28

永田会見雑感

野田氏、国対委員長を辞任 永田氏は党員資格停止半年と言うことで、
一連のお騒がせメール事件の幕引きを計っている民主党です。
が、
が、
首相「何のためのおわびか」・永田氏の謝罪会見を批判と言う談話を発表した小泉さん。

私も今日は三時からの永田さんの会見を見ました。
その後、仕事があって、何やかやとしている内に、
ニュースでは自民党、民主党の動きが報じられてきました。

うううう?????

憶測で語ることや推理で書くことは、しないようにと、
自分自身への戒めとしています。
従って、今回の永田会見について、
私自身の感想だけに留まります。
感想。
〜〜結局、何もわからなかった。〜〜
です。

彼は謝っているのか、まだ疑っているのか?
謝ったのなら何を謝ったのか?
当事者への謝罪か?
国民への陳謝か?
あるいは、自分自身への不明を恥じたのか?
一方、疑っているのなら、今後同じ間違いをしないためにどの様にするのか?
そもそもの問題メールの情報元について一切を明かされないままの会見でした。
この会見の中身で、幕を閉じられては困る。
何が困るって?
そりゃ、永田さん。
貴方や、その後の民主党幹部がしたことは、
「野党の存在意義」を危機的状況に追いやったことなのです。
これに関しては前原さんの罪は永田さん以上に重いと私は思います。

自民党は「国会法改正」も言い出す始末。
確かに不確かな情報で国会、国民を撹乱した罪は大きい。
メールと言えば、
ウラ情報の流通事情と言う特集で東京新聞は、
共産党の井上議員の活動を挙げています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今月一日、参院予算委員会で井上哲士議員(共産)が取り上げた米軍再編問題の質疑が、それだ。

井上氏は「昨年十二月に防衛施設庁の地元調整本部事務局総括班長という方が関係者に出したメールのコピーがある」とした上で、こう追及した。

「『米軍再編に関し地元議会が反対意見書を議決しそうな動きがあるか否か常にウオッチし、速やかに本庁担当窓口にお知らせ願いたい』『地元の小さな動きに対しても敏感に対応してほしいとの御指導もございます』と書いてある。御指導というのは防衛庁長官じゃないのか」

質問の端緒について、井上氏は自らのメールマガジンで、「昨年十二月、“本庁地元調整本部総括班長”とされる人物O氏から肩書抜きの十五人あてメールのコピーが、手紙を添えて党に郵送されてきた」と説明。「関係者しか書けない文面だが、謀略の場合もある。偽物を使って質問したら、ひんしゅくを買い、攻撃の口実を与えることになる」と心境をつづった上で、「調査の結果、O氏は現職の本庁の課長で、十五人のうち十二人が現役の防衛庁幹部であることが確認できた」と書いている。

さらに、その後も調査を続け、ようやく質問に立ったことを明かしている。
長年、政官界の疑惑調査に携わっている政党職員の一人も、提供される情報は神経質に精査しないと国会質問できないと話す。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これくらいしないと質問はできないと言うことでしょう。
今回のメール事件で、
教訓を得るとしたら、
この辺りではと考えます。

ともあれ、民主党には、
不確かな情報で国民を「釣った」事への反省、そして今後この様なことのないようにと言う決意・姿勢が、
もっと語られるべきでは、と思いました。

この問題、本当に猫の目のようにクルクル変わるので、
テレビを見た感想で留めておきます。


ただ、
この間にも国会は予算通過をはじめとして、
いろんな法律が作られている事、疑惑はいまだ山積みと考えると、
一つのことだけに目を奪われず、
しっかりと見ていく必要を感じます。
いずれにしても、
金権政治、反対!!!

|

« 来年度予算案通過迫る | トップページ | スゴいよナァカァ〜〜〜タ »

コメント

 結局のところ、話の本質からどんどんはずれている気がするのは僕だけでしょうか。メールメール、責任責任!! ばっかりの声が聞こえます。
 結局、裏金うんぬんはあったことなの?
 それとも無かったことなの?

 つうかそもそも。
 予算の話や大切な決議はドコ行ったのよ……。
 与党も野党も、僕には、話の矛先を変えたいからわざと大騒ぎしているようにしか見えないなぁ。
 ……って僕もちょっと考えすぎかな(笑)。

投稿: ろぷ | 2006.03.01 04:53

ろぷさん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。
本当におっしゃる通りだと思います。
今回の事でウマウマと逃げおおせた政治家がいることは確かだと思うと、
本当に腹立たしく思います。
民主党の幹部は責任の重さを感じているのでしょうか?
いずれにてしても、
ツケは国民が担う物と思うと、本当にイヤになります。
なんとかしてくれ〜〜〜〜
共産党、社民党、しっかりせい====
ですね。

では、また花粉症の事などお教えくださいね。

投稿: せとともこ | 2006.03.01 15:20

 井上議員のメールを資料に用いての質問には政府から「ガセ」との指摘がないですね。これは今のところ本物と言うことになります。防衛施設庁が地方議会に横やりを入れる、本物の憲法違反メールでしょうか。
このはなし、ブログに引用させてもらいます

投稿: kouhei | 2006.03.05 00:40

kouheiさん。
こんにちは。
お元気でいらっしゃいましたか?
先日、ふと貴方のことを思い出していました。
この頃お忙しいのかな?と。
そんな気持ちが通じたのか、
コメント頂けてとても嬉しく思っています。
さて、メール事件。
どうなるんですかね?
なんだか自民党、嵩にかかってきましたね。
一方、
井上さんの方は、かなり『裏」をとっての発言なんだろうなと私もその後の推移をみて思っています。
いずれにしても、
民主党にはがっかり。もっと野党らしくしてもらいたいものです。
秘かに他の小さな野党を応援しています。
小さくてもキラリと光っている存在ですから、、、

また、色々ご意見下さいね。
では、、、

投稿: せとともこ | 2006.03.06 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8881645

この記事へのトラックバック一覧です: 永田会見雑感:

» 永田議員の会見 [くすりぶくろのなかみ]
昨日、メール問題の張本人永田議員が会見しました。 率直な感想を申しますとただの言い訳会見でした。 そして、永田本人は未だにメールがガセネタであるとは 考えて無い [続きを読む]

受信: 2006.03.01 14:16

» 言葉、言葉、言葉 [翻訳blog]
 永田議員の記者会見にはびっくりした。情けなくなった。日本人に絶望した。 永田さ [続きを読む]

受信: 2006.03.01 16:36

» 永田議員メール問題の争点 [JJ0ILZ-blog]
世の中が今この問題で騒がしい。 民主党は責任を取るべきだと世論は言ってはいるが、 [続きを読む]

受信: 2006.03.02 18:55

» ■「送金指示メール」「カネで魂を売った」[永田議員謝罪] 社会的な常識 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
3月1日付・読売社説 [永田議員謝罪]「説明責任は尽くされていない」 (抜粋)永田議員は予算委で、武部自民党幹事長の二男の実名を挙げ、ライブドア前社長の堀江貴文被告から3000万円の金銭提供があったと追及した。「カネで魂を売った」とまで指弾した。  メールを真正と判断したのは、「文章が自然に書かれている」「悪意がまったく感じられなかった」などの理由からだという。極めて根拠が薄弱だ。、、、、  永田議員は、メールを入手した仲介者に対する情報提供者には一度も会っていないとされる。だが、メールの信憑(し... [続きを読む]

受信: 2006.03.05 00:41

» ■メール2「こんな程度の根拠と状況判断、、、判断能力を疑われても仕方あるまい」 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
3月1日付・読売社説 [永田議員謝罪]「説明責任は尽くされていない」2  (抜粋)疑問なのは、前原代表や党声明が「本物ではない」としているのに、永田議員の説明は、メールの真偽という、問題の核心があいまいなことだ。、、、  「いろんな人の知恵を借りて内容を詰めるのが困難なテーマだった」し、「予算委の舞台の流れの中で時間の制約があった」が、それでも「一定の確信を持った」ので質問に踏み切ったとも言う。  こんな程度の根拠と状況判断の下で質問したのでは、議員としての資質、判断能力を疑われても仕方あるまい... [続きを読む]

受信: 2006.03.08 00:01

« 来年度予算案通過迫る | トップページ | スゴいよナァカァ〜〜〜タ »