« ブッシュ大統領 一般教書演説 | トップページ | 天下り »

2006.02.02

第10惑星

「第10惑星」、直径は3千キロ 冥王星より巨大ということで、
天文ファンには興味あるニュースが出ました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米科学者らが昨夏に発見を公表した太陽系の「第10惑星」は直径約3000キロで、冥王星(直径約2300キロ)より確実に大きいことがドイツ・ボン大学などの観測で確かめられた。太陽の周りを回っていても小さな天体は惑星とは認められず、「第10」を惑星と認めるかどうかは今夏の国際天文学連合で議論される。研究グループは、「これに惑星の地位を与えなければ、冥王星を惑星と呼ぶ正当な理由がなくなる」としている。2日付の英科学誌ネイチャーに論文が掲載される。
(中略)

 測定誤差は400キロ程度で、最も小さく見積もっても「冥王星より大きいことは、疑いの余地がない」という。観測結果からみると、表面は冥王星と同様に氷で覆われているらしい。

 「第10惑星」は米カリフォルニア工科大のマイケル・ブラウン教授らが03年10月に見つけ、昨年7月に発表した。冥王星よりも遠く、太陽から56億〜145億キロ離れた楕円(だえん)軌道を、約560年の周期で回っている。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そうか太陽系に新たな兄弟が出来た、というか発見されたのか、、、
「スイ、キン、チ、カ、モク、ド、テン、カイ、メイ」
と覚えていた太陽ファミリー。
10番目の兄弟の名はどうなるのだろうか???
遥か彼方の兄弟星は、
氷で覆われていると言う。
その閉ざされた星に、今、人類の注目が集まっている。
静かに眠っていた星の、
そのまた彼方に続く星ぼし。
宇宙は広く、
限りない。
宇宙の小石の一つ、地球で発達した美しい生物、人類。
「世界で一番美しい物語り」では、
進化こそが美しい物語であることを説く。
今、私たちがここにあること。
この形であることの合目的性。
単純から複雑に進化する中で獲得してきたこの形の美しさ。
それは、モチロン人類だけでなく木々や虫や鳥や、すべての仲間たちにとっても例外でなく、
彼らにとっての美しい物語り。
そう思うと、生命の大切さがひしと伝わります。
そして、
そのどれもが永遠でないのだから、
だからこそ、
大切に愛しんでいきたい、、、

命の重みを思いながら、
新しい惑星に、
「ようこそ」と歓迎の意を改めてここに表して。

|

« ブッシュ大統領 一般教書演説 | トップページ | 天下り »

コメント

 「第10番惑星ってエッジワース=カイパー・ベルトのことなので、この惑星は斉藤始のいることになる第11番惑星です」というワタシは『宇宙戦艦ヤマト』ヲタク。

投稿: 評論評論家 | 2006.02.03 22:37

評論評論家さん。
こんにちは。
楽しいコメント有り難うございます。

そうでしたね。
ガミラスと戦ったのは冥王星の付近でしたね、、、
私もしばらくは見ていたのですが、
その後、別の方に興味がいって、
その後あまり見なくなりました。
でも、今もう一度読むと面白いのかもしれませんね。
これを機会に夫の本棚を覗いてみよう。
因みに夫はヲタクまではいきませんが、
かなり詳しい、、、

また読み終えたら(私のことだからいつのことやら)書くかもしれません。
その時は楽しいコメント下さいね。
待っています。
では、、、

投稿: せとともこ | 2006.02.05 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8465028

この記事へのトラックバック一覧です: 第10惑星:

« ブッシュ大統領 一般教書演説 | トップページ | 天下り »