« プレオネの円盤 | トップページ | ぎゃ〜〜〜ヒ・サ・ト »

2006.02.22

党首討論雑感

今、自民党の小泉さんと民主党の前原さんとの
党首討論がありました。
先日の衆議院予算委員会に引き続き、今日も注目は、「武部さんと堀江被告」の裏金問題。
マスコミは連日、問題のメールの真偽をとやかく言っています。
が、
「全ての怒れる国民」の関心は、
メールの真偽や出所ではない。
実際に裏金が動いたかどうか、
それだけです。
多くの国民が陪審員のように、今日の二人のやり取りを見ていたのではないでしょうか???

そして、
その判定は。
小泉さんの負け。
でした。

いつまでもメール云々から一歩も先に進めない小泉さん。
何故かオドオド、グラグラ、ヒクヒク、
ジトジト、、、
テレビに映し出されるその一つひとつまで、
陪審員である私たちは見ている。

目は口ほどにものを言う。
とか、、、

今日は、
前原さんの方が理がありました。
もう一度言いますが、
メールの真偽が問題ではなく、
その中身です。
民主党が口座を明らかにすると言っているのだから、
国政調査権を行使すればいい。
と、言うかそうしない場合、
いつまでたっても武部さんはグレーから限りなく黒に近い。
残念ながら、小泉さん。
今日はあなたの詭弁は通用しなかった。

事実が知りたい。
と、いう国民の声に自民党は、さぁどうする???

これに関しては、
今度、もっと時間をおいて、じっくりと両党の出方をみて
改めて書きます。
とりあえず、雑感のみにて、、、

それにしても、
それにしても、
こんなことで国民の耳目を奪っていく政治って、
健全ではありませんねぇ〜〜〜


追記。
さっき、夕方のニュースを見て、頭がクラクラしました。
報道を見ると、まるで前原さんが新しい情報を出せなかったように画面を切り取っていました。
しかし、
それは正しくない。
それは全てを映し出してはいない。
テレビを見ていた私は、
前原さんの主張に整合性を感じました。
もう、メールの真偽は争点ではない。
民主党は「口座」を出すと言っているのだから、、、
(尤も本当に出すことを信じているのですが)
そして、口座名を党首討論で明らかにするはずがないのは、メディアが一番承知だと思うのですが。
それこそ「個人情報」です。
後日、秘密会で出すと言う民主党。
それを受けるのは自民党。
構図は出来上がったと私は思うのですが、、、
報道が私たちに伝えることは、
憶測やネタではない。
事実です。
ならば、映像を切り取って報道してはいけない。
と、
私は思いました。

|

« プレオネの円盤 | トップページ | ぎゃ〜〜〜ヒ・サ・ト »

コメント

 確かに前原さんは行政改革や教育改革の話でジャブを出し、後10分という頃に証拠と引き替えに国政調査権を要求しましたね。
 今日のところは、銀行名を提示(事前に)しながらの要求ですから、ボールは小泉さんに投げられたのです。
 あなたの仰る通り、小泉さんの負けでしょう。

投稿: hitoriyogari | 2006.02.22 16:49

すいません。TB2つ、いっちゃいました。
ごめんなさい。

>事実が知りたい。という国民の声
ほんとうにその通りなんですが、あの自民党が応じると思えない。もう、おそらく本当に黒に近いグレーなんでしょうね。国政調査権ですべてがばれてしまうのかもしれません。是が非でも国政調査権に応じないか、応じる場合は、トカゲの尻尾きりを約束させて、武部氏のみに責任をかぶせるか。そんな感じなのかもしれません。

投稿: レッツら | 2006.02.22 21:29

マスコミのニュースを見ていると、おおむね反対の報道をしているようです。これを何と呼べばいいのか。嘘も一万回言えば真実になるとでも形容するのか、弱い一個人なら証拠なしでも犯人にするマスコミが、権力者には何とゴマをすってケツ持ちをするのかと思います。

権力を持たない個人なら、いくら権力が情報を垂れ流しても、疑わしきは容疑者の利益という立場を貫くのがジャーナリズムだろうと思います。かつてのロス疑惑事件にしても、最近のホリエモン事件にしても、権力を持たない個人は、たとえデタラメな記事でも容赦なく叩くという姿に、マスコミの堕落ぶりを今さらながらに感じます。

そして、権力に対してはこの忠犬ぶりを見ると、本当にマスコミはだめになったと繰り返さなければならないと思います。権力にいる人間は、疑いをもたれただけで、それを晴らすためにはプライバシーなどはないのだと認識しなければならないと思います。

世論がこのマスコミに流されるようなら、権力者はいつでも、疑わしいだけなら逃げられるという前例を作ってしまうでしょう。世論がマスコミを見捨ててくれるのを期待します。

投稿: | 2006.02.22 23:20

>メールの真偽が問題ではなく、
>その中身です。

いや、だからメールが偽物だったらその中身だって偽物なわけでしょ?
では、あなたに問います。
瀬戸智子さんが子どもを大量に誘拐して密航船に載せて海外のマフィアに売り飛ばしたという情報が入りました。
この情報は私が今勝手に作ったデマカセですから嘘です。
ですが、あなたの論理からするとこの情報の真偽は別として「瀬戸智子さんが子どもを大量に誘拐して密航船に載せて海外のマフィアに売り飛ばした」かどうかが問題だから調べなくてはいけない、と言うことになるんですよ。

>民主党が口座を明らかにすると言っているのだから、
>国政調査権を行使すればいい。

あなたほどの人がなぜこれが大問題だと分からないのですか?
あなた、後に続いて自分で「口座名を党首討論で明らかにするはずがないのは、メディアが一番承知だと思うのですが。それこそ「個人情報」です。」って言ってますよね?
そもそも、この疑惑自体はあの怪しげなメールをプリントアウトしたもののコピー以外に存在しないわけです。
既に色々と出回っていますが、あんなもの作ろうと思えばちょっとしたパソコンの知識があれば誰だって作れます。
そして口座だって出入金記録を押さえているのではなくて、ただ口座を押さえているだけ。
たかがこれだけの情報しか無いのに国家最高権力が自由に個人のプライバシーを暴くという前例を作ってしまうわけですよ。

投稿: shigezo69 | 2006.02.23 11:50

何度でも言います。
本当によ~く考えて見て下さい。
今は政府与党側に疑惑があるのですから怪しげに見えます。
で、ここでちょっとパソコンの知識がある人なら誰でも捏造できるレベルの文書で国政調査権を発動したらどうなるか。
今は政府与党が圧倒的な議席を確保しているのですよ?
そんな前例を作ったら、少しでも政府に反発する人間は全て怪文書を作って国政調査権を使って与党の圧倒的力を背景に何でも介入することが出来る。
今、ここで国政調査権発動を認めるということは「政府が民間人を社会的に抹殺する自由」を与えることになります。
それでもいいんですか?
瀬戸さん、自分で今まであなたが言ってきたことと完全に矛盾していることに気付かないんですか?

投稿: shigezo69 | 2006.02.23 11:58

だからこそ「国政」調査権なんですよ。
国会が司法よりも行政よりも上の最高権力機関であるということは憲法に書いてあります(これは唯一国会だけが直接選挙によって選ばれるからです)。
そんな最高権力の行使だからこそ、立法と行政に関わること以外の調査は禁止しましょう、と言うことになってるんですよ。
司法に影響を及ぼすような事態については司法権への不当介入に繋がるからやってはいけない、と言う暗黙の了解があるわけです。
武部氏の次男も堀江氏もあくまで民間人です。
政治家の家族、選挙の立候補者とは言えあくまで民間人です。
堀江氏の場合は特別背任の容疑が生じる可能性がありますが、それ以外は公職選挙法にも政治資金規正法にも刑法の贈収賄にも現時点では何も抵触しないはずです。
政治犯罪ではなく民間人同士の金銭やり取りですよ?
問題があるなら司法に任せればいいのです。
司法に国会が安易に介入しようというその姿勢が一番の問題なんです。
一度前例を作ったら「あの時は特別だったから」なんて言い訳は利かないんですよ?
皆さん、余りに「権力犯罪の疑惑」と言うことに囚われ過ぎています。
今ここで国政調査権を発動するのは週刊誌の記事を元に芸能人の恋人を暴くのと同レベルです。

投稿: shigezo69 | 2006.02.23 12:12

hitoriyogariさん。
レッツらさん。
秀さん。
shigezo69さん。
こんばんは。
コメント有り難うございました。

本来ならば、お一人お一人にお返事差し上げるべきと思いますが、
内容が重複する可能性もありますので、
この問題に関する私の見解ということで、
皆さんへのお返事とさせていただきます。

さて、永田メール。
この問題の本質は、
「政治家の潔白」についてではないかと私は考えます。

そもそも、清廉潔白であるべき政治家が、
何かの疑いをかけられたとき、
自らがその潔白を証明すべきでは、と思います。
今回の事柄は、確かに民間人である幹事長のご次男が当事者です。
しかし、そこから幹事長、その人への裏金問題が、焦点でした。
だからこそ、私たち国民は固唾をのんで見守っていました。
それは、
公人である武部さんに関わることだからです。
そして、私たちが期待したのは、
身の潔白を証明する術を、
民主党に任せるのではなく、
あるいは、自民党に任せるのではなく、
自らが「調べてくれ」と参考人にでも、或いは民主党の言う口座を国政調査で調べるという態度ではないでしょうか?

この問題をいきなり民間人である市井の人に置き換えることはいささか乱暴です。
が、そう言った事態が不幸にして起きた場合、
私たちとて、自らの潔白を証明するために、
あらゆる方法をとります。
その方法は、
争点を開陳する以外に潔白は証明されないのではと思うのです。
そう言う意味では、
shigezo69さんの「司法にまかせればいい」と言われる事には、私も賛成です。

いずれにしてもこの問題、
まだまだ流動的です。
とくに、今日の永田さんの動き、ちょっと、ちょっとと言うところもあり、結論を急ぐわけにはいきません。
流れをゆっくり見ていきたいです。

私たちは、
お金の動く政治にはアキアキしている。
そして、権力には、国民はどう対応すればいいのか、いろいろ示唆に富む今回の事件でした。

これからも書いていきますので、
また貴重なご意見お待ちしています。
せとともこ

投稿: せとともこ | 2006.02.23 21:25

丁寧なお返事ありがとうございました。
まずハッキリさせておきたいのが現時点での「実際の事実」です。
今、確実に存在しているのは「堀江氏がある人物に武部氏の次男へ送金するように指示したと物だと言われている電子メールをプリントアウトしたもののコピー」と「武部氏が公開した講座にはそれに該当する入出金の事実は無い」と言う2点です。
「公人である武部さんに関わること」と言うのは本来は一切無いのです。
「公人である武部さんが関わる」と言うのはニセ情報に基づいて私たちが勝手に思い込んでいるというだけのことです。
武部氏が公開した口座に対して民主党は「裏口座があるかも知れないから国政調査権で調べよう」と言ってるわけですが、「無いことの証明」は俗に「悪魔の証明」と言われているものであり、まずは民主党が武部氏が調査した口座以外にも口座が存在することを証明するのが先決でしょう。

投稿: shigezo69 | 2006.02.24 11:20

>この問題をいきなり民間人である市井の人に置き換えることはいささか乱暴です。

乱暴でも何でもありません。
何度も言いますが、武部氏次男と堀江氏は共に民間人であることは厳然たる事実です。
法律上は前例として「民間人同士の金銭授受に関して国政調査権を発動して関係すると思われる全ての情報を開示した」ということだけが残るのです。
以前、ニーメラのお話がありましたが、ここで止めておかないと「気づいた時にはもう遅かった」と言う事態になりかねないのです。
それだけはご賢察願いたいと心から思います。

投稿: shigezo69 | 2006.02.24 11:32

shigezo69 さん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。
拝見しながら、shigezo69 さんの「危惧」がどこに繋がるかを
しっかり理解いたしました。
>今、ここで国政調査権発動を認めるということは「政府が民間人を社会的に抹殺する自由」を与えることになります。
それでもいいんですか?

そうなんです。
実は私も貴方から頂いたコメントを昨夜読んで、
随分、この箇所、考えました。
今も考えています。
仰るように気がついたら
「政府が民間人を社会的に抹殺する自由」への道を譲っていると言う事態は絶対に避けるべきです。
特に御存知のように今「共謀罪」云々が言われている時ですから、
慎重にというご意見、全くです。
ただ、
この問題と「政治と金」の問題への追求は別のことで然るべきと私は思うのです。
またそうでなければと思うのです。
だからこそ、そうだからこそ、
政府自民党には率先垂範して「この問題」が出た当初から参考人招致などで対応して頂きたかった、というのが私の一貫した意見です。
しかし、
貴方のお蔭で、物事の別の側面を考える事ができました。
本当に有り難う。
これからも、ご意見、アドバイスお寄せくださいね。
待っています。

投稿: せとともこ | 2006.02.24 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8784783

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論雑感:

» 今日の民主党堀江メールの動き [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
最大の山場と目された党首討論。動きがあったかもしれないですね。ニュースなどでは新事実はなかったという報道のようです。確かに、新事実の開示はなかったみたいです。 前原代表、新資料提示なし 「堀江メール」で応酬共同通信2月22日18時9分より引... [続きを読む]

受信: 2006.02.22 20:42

» 今日の民主党堀江メールの動き [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
最大の山場と目された党首討論。動きがあったかもしれないですね。ニュースなどでは新事実はなかったという報道のようです。確かに、新事実の開示はなかったみたいです。 前原代表、新資料提示なし 「堀江メール」で応酬共同通信2月22日18時9分より引... [続きを読む]

受信: 2006.02.22 20:50

» 「事実」の解釈について [数学屋のメガネ]
いわゆる「堀江メール」に関して、民主党の前原代表と小泉首相の間で党首討論が行われたらしい。僕はその場面を実際に見ていないのだが、その同じ事実を目にしながらもまったく違う解釈が提出されていると言うことから、「事実」と「解釈」の問題を考えてみたいと思う。そし....... [続きを読む]

受信: 2006.02.23 09:11

» 政治なんぞわからんのよ。(やり方じゃなくて、どういうものなの... [ようちゃん2号の大部屋暮らし]
書いてみないとわからないことなのだけれど、どうもおかしな風潮があると思う。話しの発端は、堀江さん(ホリエモンって呼び名、好きじゃないんだよね)が立候補するとき、党として公認しないのに、武部さんが個人的にけっこう手伝ったってことじゃないのかね?そんで武部...... [続きを読む]

受信: 2006.02.23 11:09

« プレオネの円盤 | トップページ | ぎゃ〜〜〜ヒ・サ・ト »