« 儲けているのはダ〜〜レ | トップページ | 道州制 »

2006.02.20

郵政民営化 その後

日本郵政公社が郵便集配1000局で廃止と言うことを堂々と発表しました。 
まぁ、案の定と言うことです。
こうなることは誰だって「想定内」だったとは思いますが、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本郵政公社は07年10月の郵政民営化のスタートまでに、主に過疎地や郡部にある約1000局の「集配郵便局」での郵便物の集荷・配達業務をやめる方針を決めた。集配郵便局は現在、全国に約4700局ある。政府は民営化に際して「原則として過疎地の郵便局は維持される」(竹中郵政民営化担当相)と公約していたが、集配停止で実質的なサービス水準が低下する地域も生じると見られる。

 集配業務をやめる1000局は窓口業務だけをする「無集配局」になる。対象となる集配局は、北海道や東北、中国地方が多くなる見通し。これに伴って規模の大きい約1100局を「統括センター」(仮称)に衣替えして郵便物集荷の中核拠点とし、現在よりも広域で集配をさせる。

 現在の郵便局の集配拠点の配置は「民間の宅配便業者などに比べて複雑で地域的な重複が多い」と指摘されてきた。郵政公社は民営化を機にこれを見直すことで、輸送にかかる費用や人件費などを「大幅に削減できる」と見ている。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
では詳しく見ていきましょう。

全国で再編の対象となるのは約2万4670の郵便局のうち、郵便局独自の集配業務を行っている普通局と特定局合わせて4705局。
このうち1818局を地域の拠点局となる「統括センター」に、
2651局を統括センターのもとに設置される「前送施設」とし、
残り966局の集配業務を近隣局に集約するという。

また集配業務がなくなる局を地方別に見ると、
最も多いのが中国地方で165局。
北海道141、
東北108、
九州98、
近畿95、
信越95など。

では公社の言い分を検討していきましょう。
「分社化に伴い効率的に集配業務を行うための対応であり、郵便局の廃止を前提にしたものではない。サービスの低下にならないように、職員、地方の声を聞いて納得も得ながら計画を進めていく」と言うこと。
はぁ????
郵便局の廃止を前提にしていない?
分社化に伴い効率的に集配業務を行うための対応??
サービスの低下にならないように、職員、地方の声を聞いて納得も得ながら計画を進めていく???

サービスの低下。
なります。
郵便の集配業務だけでなく、貯金・簡保の外務もあわせて集約されることになり、
これまで非常勤の職員をふくめて十数人でサービスを提供していた集配特定局は、わずか数人で窓口業務をおこなう無集配特定局になってしまうのです。
郵便局に行くといつも笑って対応してくれていた、あの可愛い職員が、
次からは凄まじい形相で仕事をこなしていくようになるのだろうか?
親切にいつも教えてくれていたあの年配職員は、もうケンモホロロになるのだろうか?


竹中総務相は、これまで集配特定局が「地域の中の中心的な役割を担っている」「ネットワーク価値が高い」と主張していました。
ならば何故統廃合、いや廃止するんだろう?
ねぇ、竹中さん。
郵便局の社会的機能は重視するとしながら、「これまでのものと寸分たがわずではない」とも言いましたね。
「必要な統廃合はこれまでも行われた」と統廃合を正当化しましたね。
しっかし、こんなに沢山の統廃合が必要なのでしょうか???
さらに地域格差は厳然とある実態。
いかが説明なさいますか?
竹中さん。

あれは
ウソ
だった、なぁんてことはありませんように。

これからの行方、しっかり見守っていきたいです。

|

« 儲けているのはダ〜〜レ | トップページ | 道州制 »

コメント

正直に申し上げて「地域格差」はあって良いのでは?というのが自分の考えです。

ワタクシの東京の友人は「なんで東京で吸い上げた税金を地方で使わなきゃあかんの?」と常々言っておりまして、地方住まいの私もその意見に賛成です。

田舎には田舎の在り方、発展の仕方があって良いのでは?どこもかしこも同じように存在しようとするから歪みがでるのだし、また衰退するべきものを無理して維持しようとするからムダがでるのだと思います。

ちなみに私の住んでいる地方は産業の在り方から(この辺長くなるんで割愛)将来的に衰退する可能性濃厚だと考えられますが、私はそれでよいのだと思います。働く場など余所に行けばいっぱいあるのですから。

かつてゲルマン民族は森で養いきれなくなるほど人口が増加した為にローマ帝国に進入しました。「食えないところから食えるところ」というのはある意味自然の摂理では無かろうかと考えます。

郵便局に限らず、全ての場所が同じ条件で均等に発展していく必要などないし、ある種それはグロテスクですらあると考えます。

投稿: オレンジな生活 | 2006.02.20 22:03

初めまして。
民営化をすれば当然の事です。国民生活を平等に保障するのは公共事業で政府機関の仕事。
組織の利益を考えた上でのサービスは民間企業の仕事。
利益を重視している民間企業に公共性はありません。銀行に税金を投入することは公共性はなく政府の仕事ではありません。
民営化とは差別化の意味です。
(オレンジの生活)さんも差別賛成のようです。辺鄙なところに住む人が悪い?
隣の(田舎から娘の家に来た)おばあさんも半年もしないでぼけて死んでいきました。悲しいことです。小泉改革は人を差別化する宣言なのかもね。

投稿: 心象仙人 | 2006.02.20 22:56

>(オレンジの生活)さんも差別賛成のようです。辺鄙なところに住む人が悪い?

私の考えでは「辺鄙なところに住む」というのは「辺鄙なところに住むというリスクを承知して住んでいる」ととらえています。

逆の言い方をすると、都会には都会の田舎では考えられないようなリスクだってあって、都会の人間はそのリスクを承知で「都会に住んでいる」ととらえます。

要は生きていくのにどんなリスクを選択するか?これが言葉を換えれば「人生」ではないかと。

>隣の(田舎から娘の家に来た)おばあさんも半年もしないでぼけて死んでいきました。悲しいことです。

そのおばあさんの最後は確かに悲しいものかもしれません。ただ厳しい言い方をすれば、それがそのおばあさんの選んだリスクに対する結果なのではないかと。(逆の言い方をすればそのリスクを取ったことで得られたものもあったはずです。)

で、私の目には「田舎」とか「地方」は「公共」の名の下にあまりにもそのリスクから遠ざけられているのでは?という感覚があるわけです。郵政問題に限らず、ですが。

>小泉改革は人を差別化する宣言なのかもね。

小泉改革に全面賛成というわけではありませんが、小泉改革がなければないで、ごく当然のように日本という国自体が「別のリスク」を抱えることになると思いますよ。

「小泉改革によるリスク」と「別の改革のやり方によるリスク」あるいは「現状を維持する事によるリスク」を比較検討しないで、一方的に政府のやり方を断罪するって言うのもどうかと思います。

補足として私は「地域格差」(別の言い方をすれば「地域による特色」)には賛成ですが、「差別」には反対です。お間違いなきように。


投稿: オレンジな生活 | 2006.02.20 23:20

オレンジな生活さん。
心象仙人さん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。
お二人の書かれている内容、ずっと考えていました。
本来ならば、お一人ずつお返事差し上げるのが筋かと思いますが、
内容が重複致しますので、一緒にさせていただきます。

お二人の書かれている内容、それぞれにとてもよく分かるのですが、
私はこの記事に関してのみ言えば、
厳然としてあった「地域格差」がさらに拡大しつつあるのは公約違反ではないか。
と、言うことです。
格差の中で、
一番、押しつぶされ、犠牲を強いられるのは過疎地帯です。
そこに住む人々は、高齢の方、子どもたちが多い。
私個人の考えは、
国は、一番弱き者を引き上げるためにある。
と、思っています。
若い人や体力のある人は、選択の可能性があるかもしれない。
しかし、
選択の可能性のない人々に手を差し伸べることが行政ではないでしょうか???
また、政府自民党もそのように言って、先の選挙で大勝したことについて言及しました。
この問題、色々のご意見もあろうかと存じますが、
いずれにしても、
どこでも、誰もが、気安く安心して生きる社会になって欲しいものです。
また、アドバイスやご意見を頂けたらとても嬉しく思います。

投稿: せとともこ | 2006.02.22 17:58

 瀬戸さん吸いません。手違いでトラックバックを三つも送ってしまいました。お手数ですが整理なさって下さい。
 民営化に向けて職場では色々な地方切り捨てとサービス低下をもたらす合理化案が出てきているようです。まだ職場復帰できていないので詳しい情報がないのですが、分かる範囲で少しでも現状を訴えていき期待と思います。

投稿: アッテンボロー | 2006.02.22 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8756132

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化 その後:

» 地域破壊ーー郵便局だけでない [田村伊知朗政治学研究室]
 本ブログで、地域社会、とりわけ過疎地の郵便局の削減に関する問題に触れてきた。そ [続きを読む]

受信: 2006.02.20 19:32

» 地域破壊ーー郵便局だけでない [田村伊知朗政治学研究室]
 本ブログで、地域社会、とりわけ過疎地の郵便局の削減に関する問題に触れてきた。そ [続きを読む]

受信: 2006.02.20 19:34

» 構造改革 [共通テーマ]
いろいろといわれている改革ですが、どう思いますか?ご意見をどうぞ。外国での例も歓迎です。 [続きを読む]

受信: 2006.02.20 22:32

» 郵政民営化と局統廃合 [アッテンボロー]
 最近ようやく郵政民営化による郵便局の統廃合問題が話題に上るようになってきた。こ [続きを読む]

受信: 2006.02.22 18:18

» 郵貯銀行って・・・ [BU-BU-☆ぶろぐ]
郵政民営化の準備が着々とすすめられているこの頃、近くの郵便局がすこ~しずつ変わっ [続きを読む]

受信: 2006.03.05 10:26

» 郵貯銀行って・・・ [BU-BU-☆ぶろぐ]
郵政民営化の準備が着々とすすめられているこの頃、近くの郵便局がすこ~しずつ変わっ [続きを読む]

受信: 2006.03.05 10:28

« 儲けているのはダ〜〜レ | トップページ | 道州制 »