« 鬼伝説 | トップページ | 改革は名のみの »

2006.02.05

春は名のみの

昨日は立春でした。
各地で真冬並みの寒さ 東京・大手町で5.1度ということでまだまだ寒い日が続きます。
またインフルエンザも流行とのこと。
どうぞご自愛ください。

♪早春賦

春は名のみの風の寒さや。
谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず。
時にあらずと 声も立てず。

氷解(と)け去り葦(あし)は角(つの)ぐむ。
さては時ぞと 思うあやにく
今日もきのうも 雪の空。
今日もきのうも 雪の空。

春と聞かねば知らでありしを。
聞けば急かるる 胸の思(おもい)を
いかにせよとの この頃か。
いかにせよとの この頃か。

(吉丸一昌作詞・中田章作曲)

|

« 鬼伝説 | トップページ | 改革は名のみの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8509980

この記事へのトラックバック一覧です: 春は名のみの:

« 鬼伝説 | トップページ | 改革は名のみの »