« 今日の動き | トップページ | 荒川選手 おめでとう!!! »

2006.02.24

その後の民主党

民主・永田議員の進退先送り 執行部「休養させ判断」と言うニュースが出て、
民主党はてんやわんやの終始がつかない状態です。
さてこの問題、それこそ「がせねた」を掴まされたように表面を素通りしていけないと私は思います。
永田さん一人に罪を着せて、一件落着という幕引きは、誰もが望んでいません。
或いは前原さんの党首討論で「口座を提示」すると言った言葉をどこか他所にホカッテもいけません。
(当の本人も忘れているとは思わないが?)
この一週間、
マスコミではメールの真偽が先行、
自民党と民主党の蝸牛角上の争いを写しだし、
否応なく「自民対民主」の構図に巻こまれました。
そして、「追求する側の場外乱闘・勝手に自爆」に対して、
呆れるばかりです。
が、
が、
ここで大切なことは
決して民主党に石を投じてはならない、と言うことです。
確かに、現民主党の稚拙さが目立つ今回のメール事件でした。
しかし、
追求側が稚拙で腑甲斐ないモノであることと、
疑惑が晴れた事とは同じではありません。
確かに若干の漂白はされたかもしれないが、、、

私たちの多くは、あの「爆弾発言」が出たとき、
「やっぱり」と思ったのではないでしょうか?
その後の当事者の幹事長の対応を見ても、
「いやぁ、まさか、そんなこと」と思うよりは、
「限りなく黒に近い」と言う心証を持ちました。
永田発言は国民の心情の代弁であったからこそ、
この問題がこうまで大きくなったのです。
党首討論で、私は「前原さんの勝ち」と直感で思いました。
それは、証拠こそその場で提示はしませんでしたが、
「国政調査権」を渋る総理の姿をあぶり出したからです。
その姿を見て、
「さらに深い闇」を感じたのです。
つまり、小泉政権の胡散臭さを肌で感じたのです。
また、あの討論の進み方自体は、躱そうとする総理と、
追求する野党でした。
(その後の対応は、さらに裏で何かあるのかと連想、憶測させる前原さんのお粗末さには、
いささかガッカリ、というのが本音です)。
いずれにしても、
私たち国民は、それが理想であっても、空想であっても、
「政治家には不断に正しくあって欲しい。
清廉潔白であって欲しい」と思っているのです。
それが悉く裏切られるようなこの頃の事件の数々。

政権与党として、
今問われているのは、
「こうした国民の感情」なのです。
そこをしっかりと見極め、
私たちが納得する形で説明をしていただきたい。
勿論、民主党もお騒がせメールの件については謝罪の必要を感じます。

そして、願わくば民主党は今回の事でめげずに、
疑惑追求の急先鋒になって欲しい。
まぁ、できれば、スカタンなやり方ではなく、
もっとスマートに。
そして共産党、社民党も、まだまだ解決されていない疑惑を明らかにしていただきたいと願っています。

この問題、あまりに流動的なので、
次から次と出てくる情報に私も翻弄されています。
自民党の平沢さんがテレビで言われていたように、
ネタもとでドロドロなのかもしれません。
したがって、
私の今日の見方と、明日の考えが違うかもしれませんが、
一貫していることは、
「政治と金」はもうゴメン。
と言うことです。

|

« 今日の動き | トップページ | 荒川選手 おめでとう!!! »

コメント

>決して民主党に石を投じてはならない、と言うことです。
残念ながら今の民主党(執行部)に石を投じる価値なんてありません。

>疑惑が晴れた事とは同じではありません。
あのメールは捏造だと複数の民主党幹部がコメントしているなか
いまだ疑惑疑惑と声高におっしゃるあなたの見識には少々驚かされます。

>その後の当事者の幹事長の対応を見ても、
>「いやぁ、まさか、そんなこと」と思うよりは、
>「限りなく黒に近い」と言う心証を持ちました。
それは偏見です。

>永田発言は国民の心情の代弁であったからこそ、
>この問題がこうまで大きくなったのです。
この問題が大きくなったのはひとえに日頃からなにかと稚拙な永田氏を
安易に担いでしまった民主党執行部の不見識です。

>「国政調査権」を渋る総理の姿をあぶり出したからです。
民主党の要求していることは残念ながら戦前の特高警察のそれと同レベル、
法治国家の総理大臣が困惑するのは当然です。

>その姿を見て、「さらに深い闇」を感じたのです。
>つまり、小泉政権の胡散臭さを肌で感じたのです。
それは妄想です。

>また、あの討論の進み方自体は、躱そうとする総理と、追求する野党でした。
振り上げた拳の置き所を失い勝手に転んで失笑されていたのは野党第一党の方です。

>政権与党として、今問われているのは、「こうした国民の感情」なのです。
野党第一党として、今問われているのは、「こうした国民の感情」なのです。

ちなみに、私は自民党支持者でも小泉信者でもありません。あしからず。

投稿: opoti | 2006.02.24 16:03

あなたと同様、私も一本やられました。
しかしですね、うちの女性共に言わせると、銀行振り込みは足がつくから可笑しいが、現生ならあり得るとのこと。従って、民主党は今後も「政治と金」については徹底的に追及する事です。

投稿: hitoriyogari | 2006.02.24 16:45

opotiさん。
hitoriyogariさん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。

いやぁ〜〜〜
それにしても、その後の行方を見ていると、
ただただ呆れるばかりで、
コメントの出しようもありません。
信じられない、、、
と言うのが本音です。
いやはや、、、参ったな。
前原さん。
です。
やられたな〜〜〜

まぁ、いずれにしても、
今後の民主党の動き、しっかり見ていきたいです。
しかし、それはそれとして、
野党はしっかりと疑惑追求はしていただきたいです。
そのためにも、今回の総括。民主党はうやむやにせず正々堂々としなければならない。
と、思っています。
今後に注目。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.02.27 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8812367

この記事へのトラックバック一覧です: その後の民主党:

» もし私が永田議員ならば死ぬ。 [熱帯魚とこころの風景]
民主「永田進退」先送り…「休養」扱いで入院 (読売新聞) - goo ニュース 「永田騒動」で自滅の民主党、抗議電話も殺到 なんだかな。本ブログで政治についてはコメントしたくなかったけど 今回はあえて一言。 ようやく日本にも2大政党による政党政治が実現。 選挙毎に政権政党を選択できる準備が整い始めた。 しかし今回その一翼を担う民主党がこういう状態。 2大政党制を推進してきた小沢氏も泣くに泣けないだろう。 小沢氏に同... [続きを読む]

受信: 2006.02.25 16:47

» 永田議員の謝罪会見。そして [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
本日28日午後、国会内で一連の送金メール問題における永田議員の謝罪の記者会見がありました。 「誠に申し訳ございませんでした」と深々と一礼されたそうです。 申し訳ございませんでした…永田議員が謝罪会見2006年2月28日15時22分 読売新聞... [続きを読む]

受信: 2006.02.28 20:19

« 今日の動き | トップページ | 荒川選手 おめでとう!!! »