« その後の民主党 | トップページ | 伊藤公介さんの政倫審 »

2006.02.24

荒川選手 おめでとう!!!

荒川静香さん
おめでとう!!!
素敵でした。
魅せました。

その優雅な舞いと大胆な演技。
銀盤を縦横に舞う静香さんの姿は本当に美しく華麗でした。

私は今朝は五時前に起きて、
ミキちゃんの演技から応援。
ちょっと緊張したのか、今回のトリノは残念な結果でしたが、
まだまだ先はある。
頑張れ〜〜〜
ミキちゃん。

そしてしばらく仮眠(?)

その後、いよいよ最終グループ。
見ている私もドキドキ、ハラハラ、ワクワク。
採点方法が大きく変わり、
何回ジャンプが何点とかとか、いろいろ細かくなりました。
静香さんは前半から難なくジャンプをクリア。
いつでる、いつでる。
例のあれ。
イナバウアー。
見ている方も心臓、ドッキンドッキン。
そして、
そして、出ました。
それはもう優雅に。
まるで銀盤に咲いた蓮の花。
艶やかで上品で大きい。
存在感あるイナバウアー。
そしてその後予想通りジャンプを披露。
高く、小さく、軽やかに舞いました。
うわっ〜〜〜〜〜
我が家は朝早い時間も忘れて大声で歓声。

その後も丁寧にしかも楽しく演技を納め、
フィニッシュ。
終わったあと、会場中が総立ち。
やまぬ拍手。
頭を優雅に下げる荒川選手。
迫力と優雅とをバランス良く魅せた女王がそこにいました。
本当に素敵でした。
おめでとう!!!
荒川選手。
そして4位だった村主さんも彼女らしい可愛いやさしい演技でした。

本当に有り難う。
とても素敵な夢をトリノからプレゼントしていただきました。

|

« その後の民主党 | トップページ | 伊藤公介さんの政倫審 »

コメント

うちの一家も5時起きで観戦しました。
本当に今回のオリンピックはなんかもやもやと、じれったい物がありましたが、これですっきり気分が晴れました。
メダルを取るだろうと言われた人が、本当に取るのは凄いことなんですよね。
努力する人には、頭が下がります。

投稿: hitoriyogari | 2006.02.24 16:57

TBありがとうございました。
でも本当に美しかったですね。
背筋がピンとしていて。
長野オリンピックの頃の映像を見るとそのときからピンとしていたけれども、そこにさらにしなやかさが加わって存在感がまるで違ったように見えました。
正直言ってシーズンの前半・中盤は採点方法に合わせるのは難しいのかなと思っていたのですが、オリンピックにピッタリあわせて来るところなどはさすがですね。

投稿: fairness | 2006.02.26 10:38

hitoriyogariさん。
fairnessさん。
コメント有り難うございました。
お二人へのお返事、重複するかと存じますので、
一緒にさせていただきます。
荒川選手素敵でしたね。
日本中が釘づけになりました。
夢と希望と勇気を与えていただきました。
本当におめでとう、、と何回でも言いたい。
ただ、この間の日本選手の不振に対しては、
色々取りざたされているようですが、
やはり日本政府のスポーツ、芸術一般にたいするお寒い政策の反映だと私は思います。
全て企業任せで、結果だけ求めてもやはり底の浅さが露呈したのではなでしょうか???
いずれにしても、次にしっかり活かして欲しいものです。
トリノが終わり淋しくなりましたが、
パラリンピックが次に控えているので楽しみです。また。応援しなきゃ。
では、、、

投稿: せとともこ | 2006.02.27 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8813499

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川選手 おめでとう!!!:

» ■[荒川「金」] 日の丸 君が代は別として、スポーツ振興は大切でしょう [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
2月25日付・読売社説 [荒川「金」]「強い選手をどう育てていくか」 (抜粋)日本中が、待ちに待った瞬間だった。トリノ五輪で初のメダルが最高の「金」。フィギュアスケートで、荒川静香選手がやってくれた。  「おめでとう」。早朝のテレビに、そう語りかけた人も多かったに違いない。「夢をありがとう」とも。  メダルゼロのまま、大会も終盤を迎え、ここで取れなければ、という思いは選手たちにもあったはずだ。重圧の中でも、荒川選手は冷静さを失わなかった。日の丸を仰ぎ、君が代を唇で追う。フィギュアの女王は、本当... [続きを読む]

受信: 2006.02.25 20:22

« その後の民主党 | トップページ | 伊藤公介さんの政倫審 »