« 自分の感受性くらい | トップページ | 国民投票法案公開討論会 »

2006.02.27

グアム移転経費9000億円 

海兵隊司令部:グアム移転経費9000億円 米側が提示と言うニュースを見ました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 在日米軍再編に関する日米審議官級協議が11日、東京都内で行われ、3日間の日程を終えた。米側は沖縄県の第3海兵遠征軍(3MEF)司令部をグアムに移転させる経費を約9000億円(76億〜78億ドル)と提示した。ただ、米側が詳細な積算根拠を示さず、日本側の負担割合は来週以降、再協議することになった。3月にまとめる最終報告には負担額を明記する方向で調整している。
 ◇日本負担は再協議
 中間報告では在沖縄海兵隊約7000人の削減が盛り込まれ、米側はその大半をグアムに移転させる方針。11日の協議では、家族住宅や司令部施設の建設費などの概算見積もりを約9000億円と説明したが、日本側は納得せず、負担割合の協議には入らなかった。政府は12日から、移転先候補地視察のため、外務省の梅本和義北米局審議官、防衛庁の金沢博範防衛局次長らをグアムに派遣する予定。
 協議ではまた、海兵隊普天間飛行場(沖縄県)の空中給油機の移駐先について、米側は中間報告で候補地とした海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)から岩国基地(山口県)に変更するよう改めて要求。岩国基地には米海軍厚木基地の空母艦載機を移駐させる計画であるため、日本側は「空中給油機まで移駐することは地元の理解が得られない」として拒否し、協議を続けることになった。
 このほか、米軍横田基地(東京都)の米軍管制空域削減のため作業部会を設置することで合意した。東京都が求める同基地の軍民共用化には米側が消極姿勢を崩さなかった。
(上記ニュースより、原文まま)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

20日の衆院予算委員会で麻生さんは、
在沖縄米海兵隊七千人のグアム移転関係費の負担について、
「グアム基地が強化されることは日本全体の安全保障上の役に立つという観点も忘れちゃならぬ」との主張。
???
どうして
アメリカ領土内での基地建設の費用を日本が負担するんだろう?
私は日米安保条約をもう一度読み直しました。
思うに関係の条項は第六条ではと考えます。
=======
第六条(基地の許与)

 日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持の寄与するため、アメリカ合州国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。

 前記の施設及び区域の使用並びに日本国における合州国軍隊の地位は、千九百五十二年二月二十八日に東京で署名された日本国とアメリカ合州国との間の安全保障条約第三条に基づく行政協定(改正を含む。)に代わる別個の協定及び合意される他の取極により規律される。
=======
さらに日米地位協定もザット目を通しましたが、やはり書いて在りません。
どんなに読んでもアメリカ本国の基地について、日本が資金提供するなんて一言も書いていない。
はて、麻生さんの根拠はなんなのだろうか?
私たち国民を説得、納得させる法的根拠は??

さすがに、これに対しては、
外務省も「承知していない」とのこと。
が、上記ニュースでは、
==米側が詳細な積算根拠を示さず、日本側の負担割合は来週以降、再協議することになった。3月にまとめる最終報告には負担額を明記する方向で調整している==
と、いうことだから、やはり負担の方向で動くのかなぁ?

米政府が示しているグアム基地建設費は、約76億ドル(約8千130億円)。
このうち日本の負担は5〜9千億円とも言うことです。

麻生さんは「沖縄の負担軽減」を理由にし、「7千人減るのは大きなこと」などと新たな理由をもちだしています。
しかし、本当にそうだろうか?

仮に7千人がグアムに移るとしても、
残るのは海兵隊地上部隊であり航空部隊。さらに空軍。
つまり航空機の騒音、墜落の危険は何も変わりません。
さらに海兵隊新鋭基地の建設で、県民の負担は大きくなることが予想されます。
沖縄県民の「安全」に対する願いを逆手に、自分の都合の善し悪しで、
理由にするのはやめていただきたい。
米軍がグアムに移転するのは、
日本のため、沖縄のためでは決してありません。
アメリカの都合だけです。
米軍再編のための「中間報告」は、
「太平洋における兵力構成の強化」のために「海兵隊の緊急事態へ対応能力の強化や、それらの能力のハワイ、グアム及び沖縄の間での再分配」をすると明記。
つまりアメリカにとっては、グアムはすでに空軍や海軍の基地となっています。
しかし、「中間報告」にもあるように、海兵隊の再編成はこれからです。
米軍サイドにしてみれば、
沖縄から移転する司令部組織と支援部隊の七千人をグアム新基地運営のため必要なのです。

このグアム新基地建設が政府の言うように、
「日本の安全に役立つ」のだろうか?
むしろ、この基地の役割は、「イスラム教の過激な原理主義と戦うことが対テロ戦争」とアメリカが位置づけていることを考えると、
そうたやすく、「純粋に防衛的」という政府見解を信じていいのだろうか?
そもそも、このグアム基地。
防衛的だろか?
むしろ対テロ戦争など先制攻撃戦争と銘うっていることからして、
先制攻撃ではないだろうか?
と危惧します。

アメリカが行う先制攻撃のために、
日本が5〜9千億円もの税金を導入することに、
本当に国民は納得するだろうか?
少なくとも、私は、
「ちょっと、待った」と声を出します。
もっと税金の使い途、国民のために使ってください。
と、思うのです。

|

« 自分の感受性くらい | トップページ | 国民投票法案公開討論会 »

コメント

マル激トーク・オン・デマンド第256回
「日米偽装同盟はここから始まった」
ゲスト:西山太吉氏
http://www.videonews.com/marugeki/256newmarugeki.html

9000億の発端(のヒント?)がわかると思います。僕にとっては衝撃的な内容でした。

投稿: クッキー | 2006.02.27 14:51

クッキー さんがコメントしているように、マル激で語っていた「沖縄密約事件」の時と同じ構造ではないかなと思います。

このときも、アメリカはベトナム戦争の経費がかさんで国家予算の赤字に苦しんでいたそうです。それで密約によって、米軍の経費を日本が負担するようなことが行われたと西山さんが語っていました。

今度は密約ではなくあからさまに経費負担を表明しているのだなと感じます。日本だって政府の借金はふくらんでいるはずなのですが、そのような負担が将来的にどうなるかは、アメリカとの関係では思考停止なのかも知れません。

これまで国民が耐えてきた痛みの代償が全部吹っ飛んでしまうような政策をしても、それでも小泉政権の支持率が変わらないとしたら、国民の大部分も思考停止なのだろうなと感じます。西山さんが指摘していたように、外交においては小泉政権というのは、まったく成果を上げていないどころか、害悪だけを残しているのだと思います。

投稿: | 2006.02.28 08:28

クッキーさん。
秀さん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。


クッキーさん。
情報、有り難うございました。
早速読みました。
本当に、言葉を失うくらい腐っていますね。
政治は。
知らない、知らせられていない人がなんと多いか(私ももちろん知らなかった)と痛感。
知らせなければと切実に思いました。
これかも情報、いろいろお教えくださいね。
では、、、また。

秀さん。
本当におっしゃる通りですね。
特に小泉さんになってから、もうあからさまですね。
国民を馬鹿にしきっているのでしょうか?
なにしろB級だから。
思考停止なのでしょうか?
論理的にものを考える機会が失われていっているのでしょうね。
なにしろテレビをつけたら、どの局も同じゲストが同じ場面で同じコメントをしゃべる。
次にはお笑い番組が延々と続く。
これじゃ国民は考える力を失っていきます。
一方学校でも、偏差値で輪切りにされている子たちは、
脊髄反射で答えを出します。
秀さんのいつも書かれている「論理」とは対極の日常をよぎなくされているのでしょうか???
本当に根は深い。
しかし、
あきらめずに書いていきます。
これからもよろしくお願いいたします。
なお、論理パズル、我が子といっしょにしていますよ〜〜〜〜
では、また。

投稿: せとともこ | 2006.03.01 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8858094

この記事へのトラックバック一覧です: グアム移転経費9000億円 :

» おかしい・・・ [共通テーマ]
社会を見て感じた疑問や矛盾へのオブジェクションなど。 いろんな「?」「!」をどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2006.03.01 22:11

« 自分の感受性くらい | トップページ | 国民投票法案公開討論会 »