« ナルニア国物語 観てきました | トップページ | やった!!!ヒ・サ・ト »

2006.03.30

教科書検定

文部科学省は二十九日、来春から主に高校一年生で使われる教科書の検定を公表しました。
高校教科書、来春から至れり尽くせりと言うことで、教科書が様変わりしつつあるようです。
一方では難関校と言われる学校では難しい内容になっていて、ますます学力の二極化と危惧されています。
さてさて、教科書検定と言えば、やはりこの問題を抜きには考えられないのも事実です。
文科省が難色 靖国訴訟の記述巡り
当然予想されることながら韓国「侵略を美化」と抗議 検定教科書の「竹島」表記でと言うことで、これまた問題解決には程遠い現実です。
では、ちょっと中身を見てみましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年度の検定には306点の申請があり、すべて合格。
生物Iでは12点の申請本に計2348件の検定意見がつき、各科目中最多でした。
また高校一年用としては初めて学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」を入れることが認められ、理科と数学では前回検定(二〇〇一年度)と比べて一割程度ページ数が増えました。
「発展」はこれまで中学まででしたが、これで小・中・高校に学習指導要領の範囲を越える内容が盛りこまれます。
生物では前回削除の「進化」「イオン」が復活。
理科総合1では「物理量」「加速度」。
化学1では「塩の加水分解」が復活しました。
そして、毎回物議を醸す歴史。
今回はどうでしょう。
戦時中の従軍慰安婦について
「日本軍により慰安婦にされた」という記述は、「日本軍の慰安婦にされた」と書き直させられました。
いつもいつも話題になる南京大虐殺の犠牲者数は20万人とした教科書に対して
「諸説を配慮していない」と書き直し。
朝鮮人の強制連行について「拉致」という表現を使った教科書には、「強制連行の実態について誤解する」との検定意見がつき、この部分が削除。
自衛隊のイラク派兵について「戦時中のイラクに自衛隊が派遣された」と書いた教科書は、派遣先は「非戦闘地域」だとする政府の主張に従って「主要な戦闘終結後も武力衝突がつづくイラクに…」と書き直されました。
地理・歴史・現代社会・政経などの各教科書が「北方領土」、竹島、尖閣諸島など領土問題の記述を増やしました。これにかんして検定は「我が国固有の領土」であるとはっきり書くことなどを要求。修正は計29カ所。

さらに注目は「ジェンダー・フリー」と「性教育」。
現代社会では二社の教科書が社会的に形成された性差(ジェンダー)に縛られないという意味で「ジェンダー・フリー」という言葉を使いました。
しかし「ジェンダーをめぐる動きについて誤解するおそれがある」などの検定意見がつき、いずれも削除。
「ジェンダー」という言葉自体は家庭科、現代社会、倫理などの多くの教科書に残りました。しかし、そこにも多くの検定意見がつきました。
ある家庭科教科書は「社会的・文化的性差(ジェンダー)によって『自分らしく』生きる権利が侵害されることもあった」という記述が検定によって書き直され、「ジェンダー」という言葉は注の中に入れられました。
保健体育では「性についてみんなで話し合おう」と言う項目が「不適切」ということで全て削除。
「性意識の男女差」に差し変えられました。
交際中の男性からセックスを求められた女子高校生の悩みをテーマにグループ別討論。歪んだ情報に振り回されず自分で意思決定できる力をつけることが目的ということ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大まかにはこの様な内容です。
さてこの検定。
実際は検定意見の通知はわずか2時間。
意見は文書で出されるのですが、その殆どが
『理解しがたい表現である』
『不適切である』といった内容で、どこが理解しがたいのか、何が不適切な苗加の説明は無し。
教科書作成者は、文書を1時間で目を通し、あと1時間で調査官に質問。
しかし山ほどある不適切箇所(?)詳しく聞く時間や理解納得する時間はないのが実情です。
つまり、一方的に意見の通知を受け、しかもその理由が判然としないまま、
調査官の意図がどこにあるのか推し量り、修正。
客観的に、あるいは論理的に説明されて修正するのでないから、
作成者は、また同じことを書きます。
そしてまた修正。
何故?
不適当だから。
と、押し問答の揚げ句に出来上がる教科書。
現場から遠い立場の調査官が、自分の主観や思いつきで「不適当」とチェックした部分には、
実は現場の教師たちの「ここは子どもたちには理解して欲しい」「知ってもらいたい」という熱い部分が一杯あるのです。

検定が事細かに教科書作成者に立ち入っていくならば、
やがて執筆することの情熱は薄らぎ、「魅力のない教科書」が出来上がってきます。
こんな教科書で子どもたちが学ぶことは不幸です。

執筆者が、教師がイキイキと子どもたちに、
事実を、歴史を、科学を教え伝えるような教科書を保障することが大切と改めて思いました。

|

« ナルニア国物語 観てきました | トップページ | やった!!!ヒ・サ・ト »

コメント

こんばんわぁ
真実を教える歴史であってほしいですね。

佐藤君やりましたね。!

投稿: かぜ | 2006.03.30 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9334640

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書検定:

« ナルニア国物語 観てきました | トップページ | やった!!!ヒ・サ・ト »