« 消費税の動き | トップページ | 二〇〇五年 税金・社会保険料しらべ »

2006.03.24

永田氏の懲罰委員会

焦点の名前、あっさり公表 永田氏が懲罰委でと言う事で、
ニュースのタイトル通りあっさり情報仲介者の名前が明らかになりました。
西澤孝。
と言うのが渦中の人の名前だそうです。
尤も、この名前は色々なところで見ていましたので、新鮮な驚きではありませんでしたが、、、
さて実名が公表されたと言う以外には、この懲罰委員会では新しい事実が解明されることはありませんでした。
と、いうことで
今後の動きは西澤孝氏の証人喚問という下りになっていくのが順当かと思います。

さてさてここで私の感想。
永田さんは確かにこれまでの経過を見た場合、未熟であったと思います。
菜根譚の言う、
「毋偏信而爲奸所欺。
偏信して奸の欺くところとなることなかれ。」
つまり一部の意見を鵜呑みにして、よからぬ者にだまされるなと言うことを地でいったのでしょう。
よからぬ者の一次情報を鵜呑みにして思い込みで走った永田さんと、
それを支持した民主党幹部の脇の甘さ。
その後の予算委員会での質疑のやり方、党首討論。
さらに偽物とわかっても自浄できない対応
自民党にジリジリと追い詰められていく姿は憐れでありました。
「自己責任」と言えばそうかもしれないが、
ただ、ここではっきりしておかなければならないことは、
「疑惑追求」まで放棄してはいけないということです。
武部メール問題については今後一切追求しないと言質を取られた永田さんと民主党。
しかし、それは違う。
民主党は土俵際で踏ん張るべきだった私は思います。
少なくとも国民は民主党や永田さんのこの態度を「是」とするだろうか???
オール・オア・ナッシングではないと私は思います。
先のニュースのタイトルが「あっさり実名公表」というものでしたが、
永田さんは実名公表と同時に疑惑追求もあっさりとやめました。
疑惑というのは何も金銭のやり取りだけではないと思うのです。
先の選挙で堀江被告を「我が息子」とまで持ち上げた武部さん。
「ホリエモンと小泉総理と私と三人で日本を引っ張る」的にベタホメした竹中さん。
そして、その全ての上に君臨していた小泉さん。
こうした自民党の政策が間違っていたのではないか?
と、言うことを追求していただきたかったのです。
ニヤニヤ笑って、
「全部の候補者の身元確認はできません」とヌケヌケと言う総理の責任をうっちゃっていいのか???
ここにこそ国民は怒りを感じていたのではないでしょうか?
今回のメール事件は、大きな山からたった一つのガセネタを見つけて、
鳴動したのは自分自身というあまりにお粗末なものでしたが、
しかし、
これでいいのだろうか???永田さん???
貴方は今後どの様な活動を国会でするかはわかりませんが、
今回の一連の動きを見ている限り、貴方が国民の代弁者として国会で質疑してくれることは期待できそうにありません。
それは前原民主党に対しても同様です。
むしろ、前原さんの方がその罪の大きさは深く広いものと思います。
今日の懲罰委員会の中継を見ながら、
暗澹たる思いでした。
うやむやにされるであろう「真実」の行方に対してではなく、
新自由主義がこれからも横行していくのか、、、ということへの不安という意味で、
暗澹たる思いでした。
が、
私たち国民は永田さんではないのだから、この先の追求や責任はしっかり手を緩めることなくしていかなければならないと更に思ったものです。

|

« 消費税の動き | トップページ | 二〇〇五年 税金・社会保険料しらべ »

コメント

そうですね。ヘタ打ちましたね。証人喚問も耐震偽造方は逃げられて、自分の方だけですものね。まだまだ、若いということですが、それにしても痛かったですね。この政策がまだまだ
続くなら世知辛くなる一方ですね。困った事です。マスコミも与党寄りですからね。

投稿: のり | 2006.03.26 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9236827

この記事へのトラックバック一覧です: 永田氏の懲罰委員会:

« 消費税の動き | トップページ | 二〇〇五年 税金・社会保険料しらべ »