« ロスタイム | トップページ | WBC アメリカ戦 »

2006.03.12

米国で3例目のBSE感染牛か

米国で3例目のBSE感染牛かというニュース。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 米農務省は11日、牛海綿状脳症(BSE)についての簡易検査の結果、感染の疑いがある「疑似陽性」の牛が米国内で見つかったと発表した。10日夜に報告を受け、現在、免疫組織化学法(IHC)とウエスタンブロットという2種類の方法で確認検査中、4〜7日で結果が分かるという。生まれた年や飼育された場所など、具体的な情報は明らかにしていない。

 米国では03年12月と05年6月にBSE感染牛が見つかっており、今回の牛の感染が確認されれば3例目となる。

 日本は昨年12月に米国産牛肉の輸入を再開したが、今年1月にBSEの病原体がたまりやすい特定危険部位の背骨が混入した肉が成田空港で見つかり、再禁輸措置をとった。米国が2月に発表した調査報告に対し、日本側が質問を提出、これから日米間の協議が本格化するが、新たな感染牛が確認されれば、協議に影響する可能性もある。
(原文まま)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まぁ、こんなもんでしょう、、、というのが正直な感想。
そりゃね、、、
今回のような事は、輸入再開前から言われていたのだから、
また、先に問題になった危険部位の混入。
これも「特異」どろころか常習というのがアメリカの実態ということ。
共産党の紙議員が調査して予算委員会で質疑したもの。
この記事を読むと、
アメリカもさる事ながら、
日本政府や食品安全委員会のずさんさが浮き彫りになってきます。
是非ご覧ください。
いずれにしても、食の安全を守るのは国の責任。
これまでの日本政府の対応のまずさを指摘すると共に、
今後は
消えた全頭検査の再開と徹底を願うばかりです。

いつのまにやら隅に追いやられたBSE問題。
再びしっかりとスポットをあて、
討論、議論をしていく必要を感じています。

|

« ロスタイム | トップページ | WBC アメリカ戦 »

コメント

私も安全委員会に少し疑問があるのです
TBさせて頂きます。
安全を守るのは国家の役目ですから。

投稿: のり | 2006.03.13 00:31

以下のホームページを、ご覧ください。
http://www.anzen-anshin.tv/

私は、思わず失笑してしまいました。

投稿: Felddorf | 2006.03.13 17:24

のりさん。
Felddorfさん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。


のりさん。
「格差、、、」の方にもご丁寧なコメントありがとうございます。
またリンクも嬉しく拝見いたしました。
これからも仲間に入れてくださいね(^.^)
格差にしろ、
BSEにしろはたまた山積の問題にしろ、すべて小泉さんの今までの自民党以上にアメリカべったりの政策からきているのでしょうか?
小泉さんの公約「自民党を壊す」、まえに日本を壊したのかもしれませんね、、、

この先、本当にどうなるのか?
しっかり見ていきたいと思います。
では、またねぇ〜〜〜〜


Felddorfさん。
相変わらず貴方らしいお茶目なコメントありがとう。
ご紹介のサイトを見て笑ってしまいました。
まぁ、あそこまでいくと笑うしかない、、、ですねぇ。
永久保存版ですよ全く。
しっかし、
今後どうなることやら、、、香港の動きに注目という日本政府って頼りない^^;
のですが、国民である私たちの声は堂々と上げていきたいと思っています。
また、いろいろお教え下さいね。
では、、、、、

投稿: せとともこ | 2006.03.14 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9055418

この記事へのトラックバック一覧です: 米国で3例目のBSE感染牛か:

» アメリカ産牛肉輸入再開絶対反対 [アッテンボロー]
米国で3例目のBSE感染牛か 2006年03月12日09時21分 asahi.c [続きを読む]

受信: 2006.03.12 20:06

« ロスタイム | トップページ | WBC アメリカ戦 »