« やった!!!ヒ・サ・ト | トップページ | 教育基本法誕生59年 その2 »

2006.03.31

教育基本法誕生59年

教育基本法が制定されて59年。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
高邁な精神を掲げ高らかに謳ったのが昭和22年3月31日です。
第11条からなり、教育の目的、方針などなどが盛り込まれました。
先の戦争を反省し、再び子どもたちが戦禍でまみれることのないようにという強い意思をもって、
教育基本法は生まれたのです。
その基本法が今、危ない。
教育基本法改正案の国会提出という動きが慌ただしくなっています。
しかし、私たち国民は、教育基本法改正の動きがあることは知っていますが、
どの様な条文でどの様に審議がなされているのか詳しいことは知らされていません。
毎週水曜日に開かれるという改正検討委員会。
何故、国民に知らさないかというとその理由が、「細かい表現をめぐって議論が噴出することを避けたい」と言うものです、、、


「新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について」(答申とりまとめ素案)
などをたたき台にしたちょこっといじるだけで意味が180度転倒!?現在の教育基本法と与党「改正」案対照比較というサイトが参考になります。
ちょっと覗いてみると、、、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
前文では、「改憲」をにらんで、「日本国憲法の精神に則り」が検討課題。
第一条、教育の目的から「平和や個人」などの語彙が削除され、
「人格の完成と心身共に健康な国民の育成」が目的となる。
第二条は教育の目標に「道徳」という言葉がバンバンでてくる。
第三条は「すべて」「等しく」「なければならない」を削除。「社会的身分、経済的地位又は門地」による差別禁止を削除。
第四条は以下のとおり。
「国民としての素養」——国家の定める国民像
「保護する子女に」→→「子に」
「九年の普通教育」→→「別に法律に定める期間」
「国・地方公共団体は、義務教育の実施に共同して責任」(権限問題にすりかえ。)
第五条、男女平等はなんと全廃。
第六条は、教育の公共性が後退して、私学関係が新設。
第七条は「図書館、博物館、公民館等の施設の設置、学校の施設の利用」等予算措置の必要な具体の項目を削除。予算措置義務の解除など地域と切り離される。
第八条は以下のとおり。
「良識ある公民たるに必要な政治的教養」→「政治に関する知識など良識ある公民としての教養」=主権者としての「公民」から、被統治者としての「公民」
「党派的政治教育その他政治的活動」とは、政府や政策を批判する可能性のある教育は、「法の名において断罪する」ということ?
第九条の宗教は今でも自民党と公明党の間で討論議論され統一見解がでていないようです。
そして、そして問題は第十条。
言葉はほんのちょっと変わっただけです。
教育が教育行政になります。
ところが実はこれが大変。曲者です。
特に十条は行政が教育に介入するということを正面きって述べています。
行政、つまり政治が教育に口出す愚を反省して出来上がった教育基本法のそもそもの精神が崩れ去ろうとしているのでしょうか???

|

« やった!!!ヒ・サ・ト | トップページ | 教育基本法誕生59年 その2 »

コメント

国民年金45歳の誕生日に考えたことを、TBさせていただきました。

投稿: harayosi-2 | 2006.04.01 18:51

harayosi-2さん。
コメントありがとうございます。

国民年金の問題も大きいですね、、、
年金未納がクロースアップしてもう二年になりますが、
あの時、議員年金廃止を訴えていた議員さんたちは、結局何をしたのでしょう???
国民だけがツケ、痛みを負わされているようです。
これからも色々お教え下さいね。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.04.03 16:45

TBさせていただいたのですが、うまくいかなかったのでしょうか?再度、TBしてみます。

投稿: harayosi-2 | 2006.04.05 21:21

harayosi-2さん。
こんにちは。
そうなんです。
ココログの具合がおかしいんです。
私も送れないことがよくあるのです、、、
また、これに懲りず、宜しくお願いいたします。

投稿: せとともこ | 2006.04.07 16:29

せとともこさん こんばんわぁ
コメント・TBありがとうございます。
広島ちょっと調子悪ですが、まだこれからですよ。
「教育基本法」改正案、とうとう国会に提出されそうですね。このことを多くの人に知ってもらいたいですね。

投稿: かぜ | 2006.04.12 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9354910

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法誕生59年:

» 教育基本法を守ろう [ 風に吹かれて]
             Web of Peace        「9条守ろう!ブロガーズ・リンク」に賛同してます。  今教育基本法が改定される準備が着々と進められています。  自民・公明党が作った教育基本法改正案には、「日本国憲法の精神に則り、平和的な国家および社会の形成者…、すべての国民は、ひとしく、男女共学」など、憲法の理念と深くかかわる言葉が次々と削り取られ、かわりに「国を愛する心、日... [続きを読む]

受信: 2006.04.12 23:51

» 教育の憲法に「愛国心」は必要なのか?(1)~自民党のこだわり~ [日本がアブナイ!]
<今週は多忙&疲れ気味で、なかなかゆっくり記事が書く時間がとれません。(涙) アクセスして下さった方、すみません。m(__)m>  教育基本法の改正に関する動きが、慌しくなっている。  11日~13日の動向について後に記すが、その大きな焦点となっているのが、 主に自民党の一部の議員がこだわっている「愛国心」という言葉をいかに同法に盛り込む かということである。<ちなみに現内閣の中で、このことに最も熱心なのは、おそらく 安倍官房長官である。>  50年前の自民党の結党時、その「立... [続きを読む]

受信: 2006.04.14 05:41

« やった!!!ヒ・サ・ト | トップページ | 教育基本法誕生59年 その2 »