« 国際原子力機関の定例理事会終了 | トップページ | 米国で3例目のBSE感染牛か »

2006.03.12

ロスタイム

今日はJ1リーグ第2節大分戦が、九州石油ドーム(元のビッグ・アイ)でありました。
結果は1−1の引き分け。
昨年は「シャムスカ・マジック」と言う言葉まで出来たシャムスカ監督。
今年はマグノ・アウベスがG大阪へ、
精神的支柱の吉田も横浜FMへ移籍。
と、かなり苦しい台所事情。
開幕戦もFC東京に敗けました。
そう言った大分対戦にやはり前節は鹿島にオシイ形で敗れた広島。
お互いに黒星発進。
今日は負けられない両チーム(これはBSの解説者の言葉です)
広島は佐藤とウェズレイのツートップ。
期待できます!!!
ただ鹿島戦は中盤の弱点が浮かび上がったので、
その弱点をどのように修正してくるかが見どころでした、、、

さてさて、いよいよキックオフ。
全然関係ないけれど屋根付きスタジアムっていいですね〜〜〜〜
テレビを見ながら、窓を打つ雨の音に耳をたて、
スタジアムで応援の方々のご苦労を思っていたのですが、
テレビに映るサポーター、ファンは雨具もつけず元気そのもの。
あーーーそう言えばここは屋根付きかぁ、、、


とかとか思いながら前半はそこそこの試合。
リが効いている気がしました。
戸田もいいところにいる。
攻めるんですが、惜しい===
ゴールに繋がらない。
尤も大分の方同じように攻めていました。
前半は0−0。

ところで解説は金田さん小倉さんでした。
私は小倉さんのファンなので、解説者として頑張ってもらいたいと思いながら聞いていました、、、

変えず変えず後半の始まり。
大分の方が優勢に試合運びをしているような感がしてなりません。
解説も広島の中盤に対してはかなり厳しく言及。
もっと層を厚くして攻守に関わらないといけないと苦言。
まさにその通りです。
そんななか、
31分の出来事。
オズマール→松橋
西山→内村となり、あれよあれよといううちに、
34分 内村のクロスに松橋が飛び込み、触らずそのままゴールへ。
広島0-1大分
やられました。
ガック。
あと10分。
サンフレッチェ   頑張れ!!!!
解説は「開幕から二つ落とすと痛いですね、、、広島」という。
エエエイイイイ。
まだ負けていない。
負けにするなぁあ。
とブツブツ。
しっかし時間は経つので、なんだか気分はブルー。
そして、
そして、
ロスタイム。
右からの放り込みをウェズレイが落とし、寿人がゴール前で粘って
粘って、ねばって、
手以外の体中つかって、ボールを中央へ。
これにウェズレイが右足で軽く
合わせてゴール!広島1-1大分。
やった!!!
やった!
凄いよ。ウェズレイ。
勿論 寿人も。

と、いうことで試合は終了。
1−1の引き分けでした。

まだまだ、
まだまだ課題はあるが、選手を信じて、力いっぱい応援。
サンフレッチェ   ちゃちゃちゃ〜〜〜〜ちゃ。

|

« 国際原子力機関の定例理事会終了 | トップページ | 米国で3例目のBSE感染牛か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9054674

この記事へのトラックバック一覧です: ロスタイム:

» サンフレッチェ広島 vs 大分 [Junk Foot!]
引き分けですか…勝てなかったことは残念だけど、アウェイでロスタイムに追いついたことを評価するかな。試合内容が全くわからないから、これ以上どうこう言うつもりはないです。ただ [続きを読む]

受信: 2006.03.14 15:36

« 国際原子力機関の定例理事会終了 | トップページ | 米国で3例目のBSE感染牛か »