« レイプ被害でも中絶禁止 | トップページ | 沖縄密約 その1 »

2006.03.07

レイチェル・ワイズ

レイチェル・ワイズさんがアカデミー賞の助演女優賞に輝きました。
おめでとうございます!!!
レイチェル・ワイズさんの出演作品で私が今までに観たのはハムナプトラシリーズ
ニューオリンズ・トライアルの三つです。
知的な役も元気な役もセクシーな女性も演じることができる幅の広い女優さん。
これからの活躍が楽しみです。
さて「ハムナプ」の方は、いわゆるB級というのだろうかアクションでドンドンバタバタ。
「失われた砂漠の都」は最初の作品で、これはなかなか面白かった。
古代エジプトの神秘がなんとも怪しげでいつの間にか作品の中に引き込まれました。
二作目は、うううう????でした。
とくにスコーピオンキングには参ってしまった〜〜〜〜
ハリウッドらしい大味な結末でした。

一方ニューオリンズ・トライアル。
これはよかった!!!
映画の内容を余り書くとネタバレになるので、
感想に留めておきます。
息もつかないスリリングな展開にアッという間に時間が過ぎました。
最後のシーンもとても素敵。
良い映画を観たという満足感とお得感でいっぱいになりました。
日本には馴染みがない陪審員制度。
しかし、今後日本にもやってくるというその制度。
いまだその問題について想像もできないのだが、映画を観て、
なるほど、そう言うことが起こりうるのか?と、
新しい問題が浮かび上がってきた気がします。
陪審員制度を扱った映画は、
おもしろい!
そこには生の人間が描かれているから。

と、いうことで、また新たな感動で数々の映画を思い出しました。

|

« レイプ被害でも中絶禁止 | トップページ | 沖縄密約 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8984586

この記事へのトラックバック一覧です: レイチェル・ワイズ:

« レイプ被害でも中絶禁止 | トップページ | 沖縄密約 その1 »