« 作品賞に「クラッシュ」  | トップページ | レイプ被害でも中絶禁止 »

2006.03.06

神が審判

“イラク参戦 神が審判”と発言したブレア首相に反発が強まっています。
4日の民放テレビITVのトーク番組での発言。
英軍のイラク参戦の決断について、「信念をもっていれば、他の人々によって審判がなされる。もしも神を信じるのならば、それ(審判)は神によってもなされる」
これは異例ということで、英国紙は一面に掲載したとのこと。
もともと、イギリス国民は「政治への宗教の関与」を嫌うため、ブレア首相はこれまで、イラク参戦と自らの信仰を結びつける発言を控えてきました。
ただ自身は英国教会の熱心な信者で、夫人はカトリック信徒だそうです。
しかし、今回の発言を受け、イラクで死亡した兵士の遺族や野党、メディアが強く反発しました。

野党自由民主党のキャンベル党首は、
「戦争は信仰に基づくものでなく、その合法性、成功の確実性、犠牲者数、長期的な帰結の厳格な分析が求められるものだ」
「軍事行動は誤りだった」と批判。

また、BBCの解説では
首相の発言が、以下の点で問題があると指摘。
(1)西側指導者とキリスト教徒による聖戦のイメージを結びつけイスラム教徒を憤慨させる可能性を強めた
(2)多くの人はキリスト教徒が戦争や民間人の死を容認することに疑問を抱いている
(3)政治への宗教の関与の問題に火をつけた—と指摘。
首相への追及が強まることを予想しています。

さらにインディペンデント紙も、
「彼(ブレア首相)が英国の政治に神を持ち込む風潮をつくり出すことになるのならば、非常に悪質だ」と警戒をしめしました。

神の名において戦争かぁ、、、
やれやれ、です。
神様は、戦争をお望みではない、と私は思いますがねぇ。
愚かな人間の後始末を「神の名」ということでおっかぶされる神様も甚だ迷惑とは思いますが、
政治という極めて現実的なものを、
神、宗教という形而上の概念、観念で片付けようとする邪さがイヤですね、、、
BBCではありませんが、
政治に宗教が介入してくる危険性も大きいこの発言、見逃せません。
そう言えば、
我が国の総理も、
政治に「心」を持ってきますねぇ〜〜〜〜

|

« 作品賞に「クラッシュ」  | トップページ | レイプ被害でも中絶禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/8970000

この記事へのトラックバック一覧です: 神が審判:

« 作品賞に「クラッシュ」  | トップページ | レイプ被害でも中絶禁止 »