« ライス発言 | トップページ | 小泉さんvs管さん »

2006.04.02

NHKのスクランブル化

31日に政府が閣議決定した「規制改革・民間開放推進三カ年計画」の中で、焦点の一つとなっているのがNHK「改革」。
〜〜〜〜〜〜〜〜
政府は31日、NHKの受信料制の抜本的見直しなど公共放送のあり方について06年度早期に結論を出すことを明記した「規制改革・民間開放推進3カ年計画」を閣議決定した。政府の規制改革・民間開放推進会議(議長・宮内義彦オリックス会長)が昨年12月に出した答申を反映させたもので、今後の規制改革の政府指針となる。
3カ年計画は毎年、改定している。NHK改革のほか、公共サービスの担い手を競争入札で決める市場化テストの本格導入、学校選択の自由の徹底や教員採用選考の拡大などが盛り込まれた。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここでは、
昨年末の規制改革・民間開放推進会議の最終答申を受け、受信料制度など公共放送の根幹にかかわる見直しを早急に行い、2006年度早期に一定の結論を出すことを明記。
さて、ここで大いに問題があるのは「スクランブル化」です。
スクランブル化とは、電波の暗号化で受信料未払い者には映像が見られないシステム。
「三カ年計画」では、BSデジタル放送のスクランブル化について早期に結論を得るとし、地上デジタル放送のスクランブル化の是非を含む受信料制度のあり方などについても、早期の見直しを盛り込んでいます。
「限られた受信者に情報を届けるという限定的な方式は、公共放送の役割になじまない」と、この三月の衆院総務委員会でNHKの橋本元一会長さえ否定しています。
全くその通りです。
我が家も、不本意ながら「受信契約」を結びました。
本当は納得していないのですが、
サッカーファンの我が家にとって、BSデジタルを見ることが出来ないのは、辛い。
「契約したいないかたは受信できません」という文字がNHKのチャンネルから映し出されるのは、本当に悲しい、、、
「どこが公共放送だぁああ」
と、毒づきながら私は契約しました。
勿論、地方のNHK職員にも文句の一つ、二つ、三つ(?)はブータレましたが、、、

ところで、これってやっぱり放送違反ではないだろうか???
放送法第七条には以下のように「日本放送協会」の目的が述べられています。
〜〜〜〜〜〜〜
第7条 協会は、公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内放送を行い又は当該放送番組を委託して放送させるとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い、あわせて国際放送及び委託協会国際放送業務を行うことを目的とする。
(放送法より)
〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり、NHKは「あまねく日本全国において受信できるように…国内放送を行う」と言うこと。
そもそも公共放送って何?
答えは全国どこでも分け隔てなく視聴できるものです。
ここに風穴をあけることは、将来の民営化にもつながりかねないと思われても仕方がないし実際その様な動きがあるのだろうか。

今、マスコミの役割や果たす責任が問題になっています。
言論報道機関であるNHKは、ジャーナリズムの代表でもあります。
ジャーナリズムは公平に中立に事実を伝え、
なおかつ世論のオピニオンリーダーとしての高邁な使命も持ち合わせています。
しか今のNHKの方向が産業の側面だけに偏りつつ視聴者を置き去りにしているような気がしてなりません。
電波は視聴者のもであるという立場に立ち返り、
すべての人に普く見ることが出来る番組作りを願ってやみません。

|

« ライス発言 | トップページ | 小泉さんvs管さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9391614

この記事へのトラックバック一覧です: NHKのスクランブル化:

« ライス発言 | トップページ | 小泉さんvs管さん »