« 最下位 | トップページ | 民主主義とは何か? »

2006.04.17

道路交通法の一部改正

道路交通法の一部改正により放置駐車違反に関する制度が変わります。
これ自体は良い事です。
違反駐車、迷惑駐車にはほとほと困っている私としては「有り難い法律」なのです。
私の住んでいる所は昔からの狭い小路があちこちにあって、
どこから車、自転車、人が飛び出すか分からない緊張ゾーンです。
その上、あっちこっちにあるある。
違反駐車が。
3ナンバーの大きいのから軽自動車まで。
これじゃ緊急の病人、火事や災害には対応できないと思い、
私はいつもそのマナーの悪さには少々怒っていました。
違反車両に対して厳罰することは「むべなるかな」と思うのです。
が、
が、
今回の道交法改正の中身をみるとチョットキツい。
更に世の中、殺伐としそうな予感がします。
と言うのも民間人が駐車違反取り締まりの一翼を担うというのです。
「駐車監視員」という肩書きだそうです。
そして今、方々の所轄警察署で講習を行っています。
これっていいのだろうか???
と、私は思いました。
民間人が民間人を監視する。
そりゃ、確かに駐車違反は悪い。迷惑です。
しかし、宅配便や引っ越しや、あるいはちょっと自販機でジュースをと思って、停めたが最後。
「かむろ監視員」に見つかり、お裁きとなるのです。
特に宅配便や引っ越しは、なんらかの手だてを打つと思うのですが、その分、利用者に料金アップとして跳ね返ります。
また、町にある小さなお店やさんはさらに廃れていくことが予想されます。
郊外の駐車場がある大きなスーパーに行く事でしょう。
民間人が民間人を監視する、、、
それは、かなりお互いにマイナスの思いが募ることではないでしょうか?
なんだか淋しい世の中になりそうです。
法律が厳しくなれば、そこには腐敗が生じる。
なんだか住みにくい社会になりそうです。
取り締まりを厳しくする事だけが、ルールを守ることではありません。
一人、ひとり、ひとりが、交通ルールを守ることを粘り強く、粘り強く、、、、
訴えていくことが最良の方法ではと思います。

今回の改正、まだ実施していないので何とも言えませんが、
プラスの側面、マイナスの事柄を考量して、
今後の道交法に活かしてもらいたいものです。
今後の動きに注目しながら、、、

|

« 最下位 | トップページ | 民主主義とは何か? »

コメント

何でもかんでも民間で、と言うことになるとホント、世の中殺伐となる。
あちこちで、小競り合いが起きてそこら中喧嘩だらけ、てなことにならなきゃあいいが・・・・・。
どうなるんでしょうね。 ではまた。

投稿: hitoriyogari | 2006.04.17 17:10

hitoriyogari さん。
おはようございます。
お加減如何ですか???
心配しておりましたが、コメント頂けてとても嬉しく思っています(^.^)
さて、本当に仰る通りです。
なんでもかんでも民間。
お金を集めることだけは「政府」です。
全く、、、です。
ため息しかもうでませんよ。
乾いた雑巾のような財布からもう何もでない。
そんな心境せす。
とはいえ、お互いに体だけは気をつけていきましょうね。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.04.18 08:32

駐車監視員をもうけて、天下り先をまた新設したとかの話も聞こえてきます。

投稿: hamham | 2006.04.18 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9635106

この記事へのトラックバック一覧です: 道路交通法の一部改正:

» 教育基本法と民主主義  西部邁氏との仮想対話 その① [時事放談22 By半平太]
10年ぐらい前だろうか、西部邁氏の著作を続けて読んだ。ちょうど細川内閣の頃で、「新党日本」が流行った頃だった。「知識人は大衆の典型である」とか「戦後民主主義批判」とか、なかなか興味深いことを書いておられた。ちょっと過激で私には賛同しがたい面もあったが、勉強にはなった。 西部さんの最近の発言を検索したら2005年の「せんき社」のインタビュー記事が手に入った。叱責を覚悟で西部氏との仮想対話をしてみたい。 �... [続きを読む]

受信: 2006.04.17 17:10

» ドウなる コウ変わる 道交法 [ジジィ放談]
6月から、道路交通法の改正で駐車違反の取り締まりが一変するだろう。 違法駐車を確認する業務の民間委託が実施され、取り締まりは、民間委託された駐車監視員がすることになるからだ。 ... [続きを読む]

受信: 2006.04.17 20:01

« 最下位 | トップページ | 民主主義とは何か? »