« 緊急!教基法 | トップページ | ああ皐月 »

2006.04.30

戦術

サンフレッチェ広島と横浜マリノスの第10節。
昨日雨の中、日産スタジアムで行われました。
結果は負け。
広島、どうなったのかね???
昨日の試合。
はっきり言って戦術が悪い。
と、いうか戦術なんてあったんかいな?
と思う私です。
あんなガチガチに固めて、
ボールがきたら、どこでもかまわずポ〜〜〜〜ン。
おい!一体どこに向かってけってんか〜〜〜???
と、毒づいていたのもほんの数分。
その後はもう諦めと言うか達観と言うか、、、
ですよ。
いえね。
負けることは仕方がないとは思うのですよ。
勝負だから。
そりゃ、勝って欲しい。
努力が報われないこともあるから、結果オンリーとは思わない。
しかし、
しかし、
あんなロマンのない試合は見たくない。
あの「戦術」は選手に対してひどく失礼な気がしてなりません。
観客に対しても同様です。
私たちは、勝つサッカーが観たいと思ってはいるが、
それと同時に華麗なプレーも観たいのです。


本当は一杯書きたいのですが、
これから出掛けるので、取りあえず「愚痴」を書きました。
とは言え私はこれからもずっと広島ファンだから、私の愚痴をどうぞ流してください、、、

|

« 緊急!教基法 | トップページ | ああ皐月 »

コメント

今日のエントリーで「兵法の奥義」について考えてみました。自分より強い相手に向かうとき、相手を平常心で戦わせてしまったら、これはほとんど勝ち目が無くなります。相手の平常心を崩して、いかにして疑念を起こさせるかというのが「兵法の奥義」に当たるのかな、なんてことを考えました。

具体的な方法は、同じことを二度繰り返すということです。そして、二度目にそれをしたときに、相手に疑念を持たせるような戦術をとるということです。相手が疑念を持たないようなへぼい戦術では困りますが、疑念を持たせることに成功したら、それは戦術としての効果を生むのではないかと思います。

具体的に、サッカーにおいてどのような戦術が考えられるのかは、僕は専門家ではないので分かりませんが、もし見事な戦術を考えつく人がいたら、そこに、同じことを二度繰り返して相手に疑念を持たせた、という要素があるかどうかを分析してみたいなと思います。

投稿: | 2006.04.30 18:37

秀さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
「兵法の奥義」。
貴方のエントリー、しっかり拝見させいただきました。
広島のサッカーにあてはまるかどうか、、、は別にして
(本当に戦術ないのです^^;)、
とても興味深く読ませていただきました。
私は内田さんの本は読んでいないので、今度書店で買い求めようと思います。
宮本武蔵の五輪書を読んだとき、確か「兵法に勝つには相手のリズムにあわせない」というものがありました。
相手に疑念を抱かせたその時、相手は此方の手の内と言うことなのでしょうね、、、
奥義とは存外簡単で単純。
それゆえ浅き知恵をもってしては太刀打ちいかない深さ、広さを感じます。
思慮深くはありたいが、その思慮が直線として伸びていきたい、、、
同じところをグルグル回り出口が無いのは妄想と言うことでしょうか?
私は以前は考えが自分流で自分の得手勝手でグルグル回っていました。
しかし、
貴方の論理的な考え方の手順とも言えるような丁寧な文、時には問題まで出してくださって、
それらを読んでいくうちに文のシェープアップを自然に試みていました。
それが、いずれ思考のシェープアップに繋がってきている気がしてなりません。
「こんな風に論理を構築すると、秀さんならどの様に言われるかな」と思っています。
本当に感謝しています。
なんだか関係ないこと書きましたが、、、

投稿: せとともこ | 2006.05.01 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9826864

この記事へのトラックバック一覧です: 戦術:

« 緊急!教基法 | トップページ | ああ皐月 »