« フランスの解雇規制デモ | トップページ | 桜満開 »

2006.04.04

日米外交・軍事審議官級協議

在日米軍再編に関する日米外交・軍事審議官級協議が今日から6日まで、ワシントンで行われます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
麻生氏は、また米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市)沿岸部移設案の修正協議に関連して、名護市から滑走路を海側にずらす修正案が政府側に提示されていることを明らかにした。その上で「政府原案を大事にしながら地元の納得、理解を得る最大限の努力は当然。目下いろいろな案が検討されており、地元から出された案も当然入っている」と述べた。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日米両政府は今回の協議で合意に達し、早く「最終報告」を発表したいと考えています。
できれば今月中旬にも発表したいのでしょう。
が、
在沖縄海兵隊のグアム「移転」経費の負担問題をめぐる双方の主張は隔たったままです。
現実には、沖縄のキャンプ・シュワブ沿岸部への新基地建設問題をはじめ、再編計画に反発する地元自治体との協議もまだ解決を見ていません。

では、国民としては承服しかねる「移転経費」問題。
ちょっと見てみましょう。
在沖縄海兵隊のグアム「移転」経費について、
米側は総額を約100億ドル(約1兆2000億円)と見積もり、その75%(約9000億円)の負担を日本側に要求。
そして○○猛々しいとも思うのですが、
「全体の同盟関係を見れば、日本のコストは小さい」と言うです。
これに対し毅然と言えないのが日本政府。
麻生太郎外相は3月29日の衆院沖縄北方特別委員会で「50%を超えないようにしたい」と答弁。
ところが額賀福志郎防衛庁長官は同31日の記者会見で
「今は数字を積み上げている段階。責任ある立場にある者として軽々に数字のことを言える段階にない」と後ろ向きの発言。
ここでも何回か書きましたが、
沖縄からの海兵隊員八千人のグアム移転が沖縄の負担軽減のためであるというのは事実とは違います。

まず見るべきことはアメリカ側の都合だけであるということです。
昨年5月の米議会「海外基地見直し委員会」報告書を見れば明らかです。
米政府が沖縄海兵隊8000人のグアム移転を計画しているとのべ、
そのために29億ドルが必要だと書いています。
グアム移転がグアムの一大拠点化計画の一部であることを示したものです。
実際、ローレス米国防副次官も「グアムは太平洋の米前方展開の最重要拠点になる」といっています。
そしてこのグアム再編の尖兵として、沖縄からの海兵隊司令部など8000人のグアム移転。
海兵隊の基地の新設のためです。
ただただアメリカの都合なのです。
言われているような「沖縄の負担軽減」など頭から考えていません。
日本政府もそのことは先刻承知なのに、
あたかも沖縄県民の願いを実現するような言い方をするのは、
本当にズルイ。

さらにアメリカの凄いところは、
協議を重ねるたびにグアム移転費なるものが釣り上げられて来ることです。
これを見ても日本ってつくづくアメリカには小馬鹿にされていますね、、、
そうでなくても毎年6000億円以上の米軍駐留費。

さらにさらにアメリカの怖いところは遂に日本の内政に土足で乗込んで来ました。
遂にアメリカ政府が日本の軍事費を増やすよう公言。
シーファー駐日米大使は、日本が軍事費をGDP(国内総生産)1%以内にとどめた「1%枠」(一九七六年十一月)について、「米国人には非常に理解しがたい」とのべました(三月十七日)。

そもそもこの「1%枠」は平和原則にもとづくものです。
それを理解できないとして、アメリカの論理を押しつけ、
GDP4%(アメリカの軍事費)まで近づけよという圧力です。

国民にはひたすら、ひたすら痛みを押しつけ、
押しつけ、
押しつけ、
アメリカには、
ひたすら、
もみ手、
もみ手、
もみ手の総理。
この人は一体どこの国の総理???
貴方は一体この国をどうしようと考えているのでしょうか?
総理。

貴方は昨日、オペラを鑑賞なさり、「私には運がまだついている」と言われました。
運、、、ねぇ。
運かぁ、、、
国民の運を全て貪りつくし、
ご自分だけが贅沢三昧、そしてこれを己の運の強さと誇示する総理。
私たちの総理はそんな人なのです。

総理。
ご自分の運より、国民の生活をもっと見てください。
考えてください。

|

« フランスの解雇規制デモ | トップページ | 桜満開 »

コメント

日本は世界から内政干渉と、スネカジリを受けています。要するに国内に、国民を裏切る、似非・平和主義の売国奴・政治家がのさばる限り、どんな論理も無意味でしょう。マア~お互い頑張るしか有りませんナ~~!。

投稿: itukyuuオジー | 2006.04.06 00:39

itukyuuオジー さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当に日本はどうなるのか、、、と暗澹たる思いです。マスコミの報道にはただただ呆れるばかりです。
こんな中で細々とではありますが、ブログの片隅で思いや願いを書いていきたいと思っています。これからも宜しくお願いいたします。
では、また。

投稿: せとともこ | 2006.04.07 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9427014

この記事へのトラックバック一覧です: 日米外交・軍事審議官級協議:

» Re 日米外交・軍事審議官級協議 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
http://ts.way-nifty.com/makura/2006/04/post_37f0.html へのTBです。  駐留外国軍の撤退費用の分担割合に法的根拠なんてあるはずがない。敗戦国の立場とすれば、100%日本が負担するのが当然だろうし、日米軍事同盟の当事国の立場からすれば75%という数字が法外なものとは思えない。あるいは、中共や朝鮮の庇護を希望している政治勢力には、別の考え方があるのも、理解できる。  日ごろ日本の戦後処理を批判して、ドイツのそれに賛意を示すあなたたちにと...... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 05:38

« フランスの解雇規制デモ | トップページ | 桜満開 »