« 教育基本法の精神 | トップページ | アメリカの混迷 »

2006.04.14

国民投票制度とメディア規制

教基法の話題の影で、実は忘れてはならない重大な法案の審議に先立つ参考人招致がありました。
衆院憲法調査特別委員会は13日、改憲手続きを定める国民投票制度とメディアとの関係について、日本放送協会理事の石村英二郎氏、社団法人日本民間放送連盟理事・報道委員長の堀鐵藏氏を参考人として招き、質疑を行いました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
委員会のこれまでの議論で、国会が憲法改正案を発議してから国民投票にかけるまでの期間、虚偽報道を罰則付きで禁じたり、放送の公正さを保つためにメディア側が自主規制機関を作ったりすべきだとの意見があり、表現の自由とのかねあいで争点となっていた。

石村氏は「憲法改正問題では、主権者である国民の意見を幅広く反映することが必要」と述べたうえで、放送事業者にかけられている放送法の規制に加えて新たに規制を作ることは「表現の自由、報道の自由の観点から問題だ」と指摘。「自由な報道を通じて国民が活発な議論を行える環境を整えたい」と述べた。

堀氏も「メディアの役割は熟慮・討議の材料となる情報を多角的に提供することで、規制はすべきではない」と発言。罰則付きで虚偽報道を禁止すべきだとする意見について、「憲法改正という重大局面で虚偽報道はありえない。あいまいな規制は民主主義のあるべき姿をゆがめてしまう」と懸念を表明した。
委員から「自主規制をどう行うのか」と問われて、石村氏は「(国民投票では)規制自体行われるべきではない。報道機関の個々の判断に委ねてほしい」と答えた。
(上記ニュースより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
参考人質問に対して、自民党議員は規制すべきだという立場から質問し、公明党議員も与党が設置をねらう「憲法改正案広報協議会」へのメディアの協力を求める質問でした。
これに関しては上記ニュースにもあるように報道姿勢としては、「市民にとっての公共性」を主張。
政府与党の提案している報道規制には難色を示しました。
俗に「大本営発表」と言われた戦前の報道。
戦後、報道、マスコミは権力からの独立を勝ち取り、剣の力からペンの力へと自らの位置を高めてきました。
そのマスコミが今、ことある毎に「権の力」に揺さぶられている実態を垣間見ます。
特に小泉さんになってからその電波処理の素晴らしさはみんなが認めるところです。
が、
が、
が、
今回の国民投票法案に書かれているマスコミの報道規制に関しては、厳然とペンの力で跳ね返してもらいたいと、、、思うのです。
マスコミの良心と誇りにかけて。
事実が伝わらない。
歪曲されて伝わる。
そんな時代は暗い。
もうゴメンです。

この動き、しっかり、しっかり、しっかりと見ていく必要があります。

|

« 教育基本法の精神 | トップページ | アメリカの混迷 »

コメント

こんにちは、アフィリエイトサイトのe-アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e-アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円~・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e-アフィリ http://e-af.net/?an

投稿: e-アフィリ | 2006.04.14 17:38

衆院憲法調査特別委員会が13日、マスコミの代表者を参考人招致したとの貴重な情報を掲載していただいて有難うございます。大変参考になりました。

マスコミにはその命であるジャーナリズム精神を発揮して、平和・民主主義を実現する決意で報道をしてもらいたいものです。

まだまだ日本には、警世の木鐸の任に応えるジャーナリズの活動をしているメディアがありますから、私もそれらを支援しながら、自分自身、草の根から庶民の手による民主的情報形成に頑張りたいです。戦前には無かったインターネットというツールが何よりの有力な味方の一翼です。

それにしても、これまで憲法遵守には不熱心で憲法を蔑ろにして来た政権与党等が、今になって憲法に従って国民投票法をつくるんだなどと強弁していることは、全くお笑い種です。 自分が言っている茶番発言に気が付かないのでしょうか。 

戦前の民主主義の伝統と戦後日本国憲法で育てられた日本の主権者達を舐めてはいかんぜ、の心境です。  

投稿: hamham | 2006.04.14 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9588479

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票制度とメディア規制:

» 徳島弁護士会も九条の会結成  [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
メディア規制に反対 国民投票法案で放送業界 (共同通信) - goo ニュース 徳島新聞によると徳島弁護士会に所属する有志30人が「徳島弁護士9条の会」を結成する。憲法改正への流れが強まる中、戦争放棄をうたった九条の意義や大切さをアピールするのが狙いだ22日に徳島市の県青少年センターで結成集会 を開く 国会では憲法改正手続きを定める国民投票法案の論議が行われている。 憲法改正の動きに注目したい。 憲法九条、いまこそ旬岩波書店このアイテムの詳細�... [続きを読む]

受信: 2006.04.16 09:04

» どこまでやれる? 制定・改正 [ジジィ放談]
国会の会期も残すところ2箇月となったが、まだまだ重要な法案の審議が残っている。行革法制定、国民投票法の制定、教育基本法改正、臓器移植法改正、道路運送法改正、薬事法改正、入管法改正、薬事法改正などなど。 ... [続きを読む]

受信: 2006.04.18 15:40

» 国民投票法案について(3) 民放連の意見書 [時蝿日記の周辺]
憲法改正・国民投票法案について、民放連から意見が発表されました。しかしその内容は、残念ながら問題の核心をついたとは言い難いものでした。 「情報流通促進計画」さんが指摘 [続きを読む]

受信: 2006.05.01 08:09

« 教育基本法の精神 | トップページ | アメリカの混迷 »