« 民主主義とは何か? | トップページ | 新監督 »

2006.04.18

監督辞任

監督辞任との報が入りました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 サッカー・Jリーグ1部(J1)サンフレッチェ広島の小野剛監督(43)が、成績不振を理由に退団することが十七日、分かった。
一九九八年のワールドカップ(W杯)日本代表コーチなどを務めた小野監督は、二〇〇二年九月に広島のヘッドコーチに就任。J2降格が決まった同年十二月に監督に就任した。〇三年、一年でJ1復帰を果たすと、〇五年には、四年ぶりとなる一けた順位(7位)をマークするなど、手腕を発揮した。
しかし、今季はスタートダッシュに失敗。リーグ戦は8試合を終えて、3分け5敗で最下位の18位に沈み、ヤマザキナビスコ・カップも2試合で1分け1敗と、白星に見放されていた。
十六日の磐田戦もいいところなく0—3の完敗を喫し、サポーター席からは小野監督の解任を求める声が上がっていた。
広島の監督が途中退団するのは、〇二年のガジエフ監督以来、二人目。
(上記ニュースより原文まま)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サンフレッチェ広島の小野剛監督。
なんと書いていいのか、、、

淋しいです。
残念です。

小野さんは華麗なサッカー、美しいサッカー、
知的なサッカーを目指して、
広島にやってきました。
J2から昇格させ、
さらにJ1で優勝を狙うスーパーなチームにしようと、
その熱い思いをいつも語ってくれました、、、

一体、どこで、どうしてこうなったんだろう???

目指した中盤フラットが機能しなかったから?
途中から戦略を変えてダイヤモンドにしたから???
一端崩れたチームを立て直すのは、至難の技です。
小野さんは頑張っていた。
選手も頑張っていた、、、
が、
残念ながら結果はついてこなかった。

今回の決断は、厳しいモノとは言え、
私はお互いの膠着状態や現状から見たとき、
監督にとっても選手にとっても良かったと思います。
また、「良かった」という結果にしなければなりません。
次の監督の方は大変だろうと想像に難くありません。
が、
私たち広島サポーター、ファンは応援します!!!
選手の皆さん。
頑張ってください。
いつでも応援しています。

そして、そして、
最後になりましたが、
小野監督。
本当にありがとうございました!!!

|

« 民主主義とは何か? | トップページ | 新監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9648714

この記事へのトラックバック一覧です: 監督辞任:

» 小野監督退団 [鴎3矢〜栄光へ・・・〜]
中国新聞に記事が出たそう 今年は「タイトル奪取」という高い目標を掲げたにも拘らず8試合を終えて勝ち星なしなので仕方がないでしょうが突然のことで驚いています 開幕して1ヵ月半での監督交代となりましたが今のサンフレにとって急務なのはバラバラになってしまったチ....... [続きを読む]

受信: 2006.04.18 16:57

» 望月新監督に望むこと [自記公開書]
望月さんといえば一番印象深いのは J2でのホーム新潟戦でスタンドを盛り上げようと [続きを読む]

受信: 2006.04.18 22:46

« 民主主義とは何か? | トップページ | 新監督 »