« 監督辞任 | トップページ | 根性を科学する »

2006.04.18

新監督

サンフレッチェ広島の新監督が決まったようです。
望月一頼(もちづき かずより)さん。
代表コーチも務めたことのある現サンフレッチェのコーチ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
厳しい状況を乗り越えるため、自分自身の全力を尽くし、選手・スタッフをはじめ、サポーターのみなさんとともに、チャレンジしていきたいと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、言うコメントを発表しました。
広島の現状をよく御存知の方だから、安心、信頼してお任せできると言うことでしょう。

望月監督。
フレーフレー。
応援しています!!!

以前、私はブログで「監督と言う仕事」について書いたことがあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「サッカー監督とは、ドイツではやじろべえの上に乗る椅子」といわれていると冒頭で述べています。
如何にバランス感覚が必要かということでしょうか?
守る時、攻める時。若い選手とベテラン選手。選手交代のタイミング。時間配分。
そしてメンタル面。
そんな全てを含めてのバランス感覚が要求され、しかもいつもフラフラあっちに傾き、こっちにグラリと「おっかなびっくりの椅子」に座っているのがサッカー監督だそうです。
さらに、あとがきで
「誰でも監督にはなれるが、良い監督は少ない」と書いています。
パーソナリティこそが最大の条件である。
知識、知性、応用力、実行力、批判力、表現力、誠実さ、道徳観、自信、、、、、
そんなもの全てを表し、さらに言葉で表せないものを、持ち合わせていることをパーソナリティというのでしょうか。
そして、優れたパーソナリティの指先からはオーラが出ている。
これを「指先のフィーリング」というそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
得難い能力のある選手一人ひとりを抱えた広島だと私は思います。
これから、本当にしんどいとは思いますが、
どうかモチさんの優れたパーソナリティの指先からオーラが限りなく出ている。
そんな監督になってください。
応援しています。

なお同時に小野監督のコメントも載っていました。
=======
開幕からここまで、皆様の期待に応える結果が出せず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。成績不振の責任は、監督である私に帰するものであり、その責任をとるのは当然のこと。チームには、新しい指揮官のもと、一致団結して苦境を乗り切ってほしいと切に願っております。
この3年間、苦楽をともに闘ってきた選手たち、チームを支えてくれた現場スタッフ、そしてクラブおよび関係者の方々、そして何よりも苦しい船出から支えてくれ、励ましてくれ、ともに闘ってくれたサポーターの方々に深く深く感謝の気持ちを伝えたいと思います。
=======
本当にありがとうございました。
これからのご活躍お祈りしています。

〜〜さまざまの事思ひ出す桜かな  芭蕉〜〜

|

« 監督辞任 | トップページ | 根性を科学する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9651494

この記事へのトラックバック一覧です: 新監督:

» 小野監督 退任 [Foot Days]
今朝、サンフレッチェ広島は小野監督の退任、望月GKコーチの監督就任を発表しました。というか、某掲示板経由で中国新聞の一面に出てるのを見てたんで、そんなに驚きはなかったですが・・・。小野氏の退任(=実質的には解任に限りなく近いと思いますが・・・)については、....... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 01:13

» 小野監督辞任 [たつし’s くま・シネマ倶楽部]
ついにこの日が来た。後任監督は代行を置かず,GKコーチの望月氏が昇格。確かにS級 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 19:32

« 監督辞任 | トップページ | 根性を科学する »