« 行政改革推進法案 | トップページ | 灌仏会 »

2006.04.07

小泉さんの五年間

小泉さんの在任日数が昨日の6日で1807日となります。
今日は1808日。
当たり前か、、、
そして、佐藤栄作、吉田茂の両内閣に次ぐ、戦後歴代三位の長期政権。
この26日には発足からまる五年。
小泉さん、お気に入りの4月26日です。
(こうしてみると私も小泉さんの事、詳しいなぁ)
「自分は運がいい」と嬉しそうに語る無邪気な総理。
そりゃ、貴方は「運」がいいでしょうとも。
私たちの「運」を吸い尽くしているのだから。

この五年間、やってくれました小泉さん。
大企業の余剰資金はバブル期を上回る87兆円、
一方、国民の貧困化は拡大。
「格差社会」です。
具体的に数字で見ましょう。
1997年と比較して生活保護世帯は60万から100万世帯に大台にのりました。
教育扶助・就学援助を受けている児童・生徒は6・6%から12・8%。
貯蓄ゼロ世帯は10%から23・8%。
〜〜〜〜〜〜〜〜
2002年
・健保サラリーマン本人の3割負担導入、老人医療費負担増などの医療改悪法
・母子家庭の児童扶養手当削減の法改悪
2003年
・派遣労働を拡大した労働法制改悪
・武力攻撃事態法など有事関連3法
・年金給付を物価スライドで削減する法改悪
2004年
・保険料引き上げと給付切り下げの年金法改悪
2005年
・サラリーマン世帯を直撃する定率減税縮減
・国民向けサービスを切り捨てる郵政民営化法
・施設利用者の居住費・食費を全額自己負担にする介護保険法改悪
・障害者の福祉サービスに1割負担を導入する「自立支援」法

ここまで悪法を通した小泉さん。
それでもまだまだ足りません。
この4月からの数々の悪法に加え、公務員削減を狙っています。
そして、さらに怖いことには憲法の問題や自衛隊の問題、外交の不手際などいろいろ大味外交方針でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2001年
・米国のアフガン戦争支援のため、自衛隊をインド洋に派兵したテロ特措法
2003年
・武力攻撃事態法など有事関連3法
・戦後はじめて戦闘地域に地上部隊を派兵することになったイラク特措法
2004年
・米軍支援法など有事関連7法
 

こうして、こうして改めて見ると、
小泉さんは「○○神」でしたねぇ、、、
秋まで続く小泉政権。
そしてその後に続く総理は、小泉さんの路線をひた走りに走るだけなのか???
日本はどこへ行くのか???
なんだかため息の出るようなこの五年間のおさらいでした。

|

« 行政改革推進法案 | トップページ | 灌仏会 »

コメント

格差社会問題以下で特集しています。
http://yamashika.cocolog-nifty.com/chiki/2006/04/post_c7d1.html

投稿: 山中鹿次 | 2006.04.07 21:38

山中さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。
早速拝見させていただいたのですが、返事が遅くなりごめんなさい。
週末は忙しい、、、のでごめん。
さて、スゴく参考になりました。
「勝ち」「負け組」あらためて考えました。
格差は希望にまで差を付けていると言う山田さんには以前から「そうだ」と思っていましたが、ますます顕著になるようです。
もっと、もっと多くの方に知らせていかなければと思います。
これからもいろいろお教えください。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.04.10 16:03

すみません慣れていないものでTB多く送ってしまいました。消去していただければ幸いです

投稿: のり | 2006.04.13 23:34

慣れていないもので多くTB送ってしまいました
適切に処理してもらえれば幸いです
申し訳ございません

投稿: のり | 2006.04.13 23:36

のりさん。
こんにちは。
お元気ですか???
さて、さて、、、
そうなんです。
ココログの調子が悪いのか、トラックバックが送られなかったり、届かなかったり、はたまた重複したりと。
ご迷惑おかけしました。
こちらで重なった分は削除いたしますね。

まだまだヒヤヒヤと薄ら寒い日が続きますが、
お体ご自愛下さいね。
では、、、、また。

投稿: せとともこ | 2006.04.14 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9473191

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉さんの五年間:

» 医療制度改革法案の審議始まる。 [飯大蔵の言いたい事]
 医療制度改革法案の審議が衆議院本会議で4月6日に始まった。衆議院TVを一日遅れで聞いた。野党の切実な訴え、質問に対する紋きり調の答弁。私の心に悲しさと、怒りが同時に去来した。国民は今の政府に殺されると、私は確信した。  切実に訴えている議員もいるが、複数の若い女性議員が笑顔で質問をしているのを見ると、こいつらに国政をさせるのは間違いだったと誰でも思うだろう。 医療制度改革法案:衆院本会議で趣旨説明、審議入り  医療制度改革関連法案は6日の衆院本会議で趣旨説明が行われ、審議入りした。...... [続きを読む]

受信: 2006.04.07 20:52

» ■最後は靖国問題を扱い2005年版は終了です。引き続き2006年版をよろしく [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
4月1日付・読売社説 [日中友好訪中団]「『ポスト小泉』に内政干渉は迷惑」  中国の対日姿勢に変化の兆しがあるのかどうか、注目された「重要講話」だった。  中国の胡錦濤国家主席は、日中友好7団体の代表と会談し、「A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を日本の指導者たちがこれ以上参拝しなければ、首脳会談をいつでも行う用意がある」と語った。  日中首脳の相互訪問が途絶えている原因は小泉首相にあり、小泉内閣の下で関係改善は困難、と言いたいのだろう。、、、、、  だが、中国が靖国参拝の中止を声高に要求... [続きを読む]

受信: 2006.04.07 23:48

» 失望 [のり市民の世界観]
本日は、たまたま日経の日本を磨く(新しい日本のかたち5)を読んでいて日本の経団連会長奥田氏が出ていたので楽しみにして読んでいました。いうのも日本のあり方や道徳観に口を出してい [続きを読む]

受信: 2006.04.09 21:15

« 行政改革推進法案 | トップページ | 灌仏会 »