« サンフレッチェ広島 | トップページ | SOS教基法 »

2006.04.28

旧安保条約

54年前の4月28日旧日米安保条約が効力を発しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(旧)日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約

昭和27(1952)年4月28日 条約第4号


 日本国は、本日連合国との平和条約に署名した。日本国は武装を解除されているので、平和条約の効力発生の時において固有の自衛権を行使する有効な手段をもたない。
 無責任な軍国主義がまだ世界から駆逐されていないので、前記の状態にある日本国には危険がある。よつて、日本国は、平和条約が日本国とアメリカ合衆国の間に効力を生ずるのと同時に効力を生ずべきアメリカ合衆国との安全保障条約を希望する。
 平和条約は、日本国が主権国として集団的安全保障取極を締結する権利を有することを承認し、さらに、国際連合憲章は、すべての国が個別的及び集団的自衛の固有の権利を有することを承認している。
 これらの権利の行使として、日本国は、その防衛のための暫定措置として、日本国に対する武力攻撃を阻止するため日本国内及びその附近にアメリカ合衆国がその軍隊を維持することを希望する。
 アメリカ合衆国は、平和と安全のために、現在若干の自国軍隊を日本国内及びその附近に維持する意思がある。但し、アメリカ合衆国は、日本国が、攻撃的な脅威となり又は国際連合憲章の目的及び原則に従って平和と安全を増進すること以外に用いられうべき軍備をもつことを常に避けつつ、直接及び間接の侵略に対する自国の防衛のため漸増的に自ら責任を負うことを期待する。
 よって両国は次の通り協定した。

第一条
 平和条約及びこの条約の効力発生と同時に、アメリカ合衆国の陸軍、空軍及び海軍を日本国内及びその附近に配備する権利を、日本国は、許与し、アメリカ合衆国は、これを受諾する。この軍隊は、極東における国際の平和と安全の維持に寄与し、並びに、一又は二以上の外部の国による教唆又は干渉によつて引き起こされた日本国における大規模の内乱及び騒じょうを鎮圧するため日本国政府の明示の要請に応じて与えられる援助を含めて、外部からの武力攻撃に対する日本国の安全に寄与するために使用することができる。

第二条
 第一条に掲げる権利が行使される間は、アメリカ合衆国の事前の同意なくして、基地、基地における若しくは基地に関する権利、権力若しくは権能、駐兵若しくは演習の権利又は陸軍、空軍若しくは海軍の通過の権利を第三国に許与しない。

第三条
 アメリカ合衆国の軍隊の日本国内及びその附近における配備を規律する条件は、両政府間の行政協定で決定する。

第四条
 この条約は、国際連合又はその他による日本区域における国際の平和と安全の維持のため充分な定をする国際連合の措置又はこれに代る個別的若しくは集団的の安全保障措置が効力を生じたと日本国及びアメリカ合衆国の政府が認めた時はいつでも効力を失うものとする。

第五条
 この条約は、日本国及びアメリカ合衆国によつて批准されなければならない。この条約は、批准書が両国によつてワシントンで交換された時に効力を生ずる。
 以上の証拠として、下名の全権委員は、この条約に署名した。

 千九百五十一年九月八日にサンフランシスコ市で、日本語及び英語により、本書二通を作成した。
日本国のために             
吉田茂
アメリカ合衆国のために         
ディーン・アチソン
ジョーン・フォスター・ダレス
アレキサンダー・ワイリー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新安保条約への道を開いたのは言うまでもなく第一条。

「・・・アメリカ合衆国の陸軍、空軍及び海軍を日本国内及びその附近に配備する権利を、日本国は、許与し、アメリカ合衆国は、これを受託する。この軍隊は・・・日本国における大規模の内乱及び騒じょうを鎮圧するため日本国政府の明示の要請に応じて与えられる援助を含めて、外部からの武力攻撃に対する日本国の安全に寄与するために使用することができる」
つまり日本は独立国として認められていなかったということです。
その後国内の機運などからアメリカは新安保締結と進むわけですが、
この締結時の闘争はあまりに有名です。
これに関しては今回は書きませんがいずれ機会があれば書きたいと思います。
いずれにしても、
その後の日米関係は安保体制定着とともに日本に過大な負担が課せられてきたのは紛れもない事実です。
そして今、「米軍再編」に日本の負担が3兆円。
こんな時代になったのです。
「発端に抵抗せよ」「週末を考慮せよ」と述べたマルチィン・ニーメーラーの言葉が今鮮やかに蘇ります。

|

« サンフレッチェ広島 | トップページ | SOS教基法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/9798977

この記事へのトラックバック一覧です: 旧安保条約:

» 【事例研究】パートナーシップと呼ばれる官民談合=国家財政の私物化:アクセンチュア社の場合(3) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
保坂衆院議員のブログ「保坂展人のどこどこ日記」に4月22日付けでアクセンチュア社がバイオメトリックス・スキャン出入国管理システムを10万円で受注しているという告発記事が載るまでは,おそらく日本国民の大多数はアクセンチュアなどと言う名前は聞いたこともなかったに違いない.かく言う筆者も例外ではない.アクセンチュア社の元の名前はアンダーセン・コンサルタント.この名前ならどこかで聞き覚えがあるぞと思われた方はかなり記憶力のよい方である.さよう,アクセンチュアはエンロンの粉飾決算を請け負って2002年に廃業し... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 19:27

» 共謀罪について一本(国際条約関連を)書こうと思ったのだが,時間がなくなってしまった [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
今日は多少早めに退出してきたので(6時少し前)共謀罪について1本書くつも りでいたのだが,あっと言う間に時間が無くなってしまった.やったことは,① 米5kgと調味料・小麦粉・大根など基礎食材の買出し,②味噌汁と麻婆豆腐の調理,③炊飯だけである.これだけで確か9時を回っていた(買出しに出たのも少し遅かったが).(両手に5キロづつ下げて歩いて帰ってくるのは重たかった…) その後はネットを拾い読みして終わり.味噌汁は大根の葉の部分と豆腐半分使ってけんちん風に仕上げた.麻婆豆腐は5食分はあるだろう(材料は一... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 01:31

« サンフレッチェ広島 | トップページ | SOS教基法 »